FASHION

ベルトの種類は知らなきゃ損!こなれる《巻き方&レディースコーデ》16選

2019/07/01

ボトムスのサイズを調整してくれるだけでなく、コーディネートのアクセントとして活躍するベルト。あなたは、そんなベルトの種類をいくつ知っていますか? それぞれの名称と特徴をチェックして、ぴったりのベルトを見つけてみてくださいね。

ベルトの種類【14種類】徹底解説

早速、ベルトの種類を14選お届け。実際にそのベルトを取り入れたコーディネートと共に紹介しているので、手持ちのアイテムと照らし合わせてみて。

プレーンベルト

レザーやスエード素材など幅広い種類があり、バックルピンが1つのスタンダードな形を総称してプレーンベルトといいます。素材を変えることで、カジュアルからフォーマルまで幅広く使える定番ベルト。

「プレーンベルト」を使ったお手本コーデ

▼コーデになじませさりげなさを光らせて

ホワイトやベージュの柔らかなコーディネートには、華奢なプレーンベルトを添えて上品さアップ。他のアイテムの色と合わせることで、さりげないポイントに。

メッシュベルト

名前の通り、レザーや布が網目状に編まれているのが特徴のメッシュベルト。網目に直接ピンを刺すことができるので、長さ調整に幅を持たせない時におすすめです。カジュアルな印象が強いけれど、細めのものならビジネスシーンでも活躍。

「メッシュベルト」を使ったお手本コーデ

▼柔らかな配色のポイントに

ベージュリブニットに白ボトムスを合わせた女性らしい組み合わせに、ユニセックスなメッシュベルトを添えて甘さを抑えて。ベージュに馴染むダークブラウンが好相性。

次ページ> リングベルト
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW