FASHION

ジーンズ×ブーツをダサく見せない【3つのコツ】正解コーデ21選

2019/12/25

定番アイテムなのに意外とダサくなりがちなブーツとジーンズの組み合わせ……いまいちキマラナイ! とお悩みの人にもトライしやすいコーデをピックアップ! 誰でも簡単に今っぽさが狙える着こなしをご紹介。

ジーンズに合うブーツ4選

こんなはずじゃなかった……なんかダサい、と後悔しないために、今年らしいシルエットになるブーツ4つを紹介。どれを履こうか迷ったらこの中からチョイスして。

【ショートブーツ】一足持っておけば安心

黒スキニー×ショートブーツ

カジュアルにもレディにも転べるショートブーツ。タイトなシルエットのスキニージーンズにはピンヒールのショートブーツでレディに仕上げて。トップスにボリュームを出せば、メリハリのあるコーデが完成。

【サイドゴアブーツ】とことんカジュアル

▼ストレートジーンズ×サイドゴアブーツ

ストレートジーンズとサイドゴアブーツの旬な組み合わせは、あえてメンズライクにまとめるのもあり。ブーツの存在感をしっかり出すなら、ジーンズをロールアップして足元をしっかり見せて。さらに白いソックスを組み合わせれば、トップスとの統一感がでる着こなしに。

【ロングブーツ】スタイルアップが叶う

▼スキニージーンズ×ロングブーツ

ロングブーツにスキニージーンズの組み合わせは脚長効果が絶大。ブーツと同系色のジーンズをインさせれば気になる足の形もカバーできる。

【ムートンブーツ】寒い日の味方

▼スキニージーンズ×グレームートンブーツ

グレーのムートンブーツならカジュアルすぎない大人コーデが完成。足元にボリュームがでる分、スキニージーンズですっきり感を出すのが正解。

ダサ見えしない合わせ方【3つのコツ】

ブーツ×ジーンズのダサ見えしないカギは、バランス感。一見、難しそうに見える組み合わせもたった3つのコツを抑えれば大丈夫。お手本コーデを参考にしてブーツスタイルを今年顔にアップデートさせて。

(1)【切りっぱなしジーンズ】と合わせる

▼ベストバランスな組み合わせが完成

カジュアル感がでる切りっぱなしのストレートデニムに、ショートブーツを合わせてこなれた印象を与えて。ジーンズは裾がブーツアウトできるくらいのゆとりあるサイズ感がポイント。これだけで差がつくコーデが完成。

(2)【ロールアップ】してバランス調整

▼手持ちのジーンズが今年顔に

足元が野暮ったくなりそうなときは、ジーンズをロールアップさせて抜け感を出して。靴下に差し色をオンすれば程よいアクセントに。

(3)そのまま【ブーツアウト】させる

▼ブーツとジーンズのバランス感が大事!

ストレートでジーンズや、ワイドジーンズでブーツアウトさせる場合は、丈感が重要。フルレングスの長さを選べば失敗しらずに。太めのヒールが相性◎の組み合わせ。

【ストレートジーンズ】にはショートブーツが失敗知らず

履くだけで今年っぽくなれるストレートジーンズは、ショートブーツをクラスアップさせてくれる便利アイテム。迷ったらこの組み合わせでトライして。

ライトブルージーンズできれいめカジュアル

▼ライトブルージーンス×ブラウンショートブーツ

ライトなカラーのジーンズには、ブラウンのショートブーツが好相性。優しげなカラーの組み合わせで親しみやすさを狙って。

▼ハイウエストジーンズ×ブラウンサイドゴアブーツ

ライトブルーのハイウエストジーンズにざっくりニットをタックインすればメリハリのあるコーデが完成。こんな雰囲気には、色味を統一させたブラウンブーツがベストマッチ。

▼ストレートデニム×黒ショートブーツ

使いまわし力ナンバー1同士のストレートデニム×黒ショートブーツの組み合わせ。淡いブルーに黒ブーツでメリハリがつくコーデに。トップスをコンパクトにまとめればスタイルアップも叶う。

▼ニットワンピース×ストレートジーンズ×黒ショートブーツ

ストレートジーンズ×ショートブーツにワンピースをオン。定番同士のアイテムもレイヤードさせることで、今年顔にアップデート。

グレージーンズは黒アイテムと好相性

▼グレーストレートジーンズ×黒ショートブーツ

丈感がツボのグレージーンズは抜け感が際立つアイテム。レディな黒ピンヒールのショートブーツと合わせれば、程よいバランスの大人コーデに。

黒ジーンズ×黒ブーツで脚長効果を狙って

▼コーデュロイシャツ×黒ジーンス×黒ショートブーツ

同色のジーンズと太めのヒールがあるショートブーツで脚長効果を狙って。さらにシャツをウエストマークしてスタイルアップコーデをブラッシュアップ。

【ワイドパンツ】で今っぽさが狙える

ハイウエストタイプなら脚長効果抜群

▼ロールアップワイドジーンズ×サイドゴアブーツ

ローヒールのサイドゴアブーツでもハイウエストのジーンズならルーズにならない着こなしに。上半身にボリュームを出して目線を上にあげれば、スタイルアップも叶う旬なコーデが完成。

▼黒タートル×インディゴブルージーンズ×ベージュショートブーツ

ベージュのショートブーツが足元にあるだけで華やかな印象の組み合わせに。太いヒールがよりブーツの存在感を引き立たせてくれる秘訣。インディゴブルーのワイドストレートジーンズで潔く着こなして。

▼ベージュタートル×ライトブルージーンズ×黒ショートブーツ

甘くなりがちなペールトーンのコーデは黒のショートブーツで引き締めて。ハイウエストのジーンズにトップスをインさせればスタイルアップの要因が満載の組み合わせに。

【スキニージーンズ】はブーツで無難さをセーブ

スキニージーンズは、存在感のあるロング丈ブーツやムートンブーツと好相性なアイテム。ジーンズとブーツの配色にメリハリをつけるのが、今年っぽく仕上げる秘訣。

ニーハイブーツでいつもと違った雰囲気に

▼白ジーンズスキニー×黒ニーハイブーツ

ニーハイブーツならペタンコでも脚長効果が絶大。白スキニーで華やかさを出すのが好印象を狙えるコツ。

ムートンブーツにインして温感プラス

▼スキニージーンズ×ブラウンムートン

寒い日の足元に大活躍のムートンブーツは存在感がある分、一歩間違えるとダサ見えしがち。明るいブラウンのムートンブーツは、すっきり見えるネイビーのスキニージーンズと合わせてコントラストをつけるのが正解。

【春夏】ブーツコーデ

ブーツの魅力は秋冬だけじゃない! 暑苦しく見えないように抜け感を出せば、春夏だって楽しめるブーツとジーンズのコーデが完成。いつもの靴をブーツにチェンジするだけで、こなれた大人のスタイリングに。

シャツと合わせて涼し気に

▼襟抜きシャツ×黒スキニー×ワークブーツ

きれいめなシルエットの黒スキニージーンズをメンズライクなワークブーツにインして、メリハリのある組み合わせに。涼しげなホワイトシャツと合わせれば即春夏コーデが完成。

トップスで腕を出せば暑苦しく見えない

▼ノースリーブ×ワイドジーンズ×ショートブーツ

ノースリーブ×ワイドジーンズにあえてショートブーツを選択することで、こなれ感がアップ。足元に重みを出せばいつもの着こなしが見違える。

白T×ジーンズの定番の組み合わせをブーツでクラスアップ

▼白Tシャツ×ライトブルージーンズ×ワークブーツ

シンプルなスタイリングには、レースアップのワークブーツで差をつけて。ジーンズをロールアップさせて少し肌を見せれば抜け感がでて春夏らしいコーデに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW