FASHION

実は年中使える!タイトニットワンピース《季節別》愛されコーデ25選

2019/06/28

保温性抜群のニットは秋冬だけのアイテムじゃないんです! ニットといっても素材はいろいろ。近頃はサマーニットなんてアイテムも登場するくらいメジャーなポジションにまでランクアップしました。そんなニット素材はタイトワンピースで着こなすのがおすすめ。今回はタイトニットワンピースの着こなしポイントをいろいろな角度からレクチャーします。

タイトニットワンピースは丈感で選ぶ

タイトニットワンピースは丈感によって印象がガラッと変わります。ミニからロングまで季節やシーンに合わせてチョイスしてみて。タイトなデザインでもストレッチが効いたニットなら歩きやすいのでいろいろな場面で大活躍するかも。

1.ミニ丈

▼レザー小物でエッジを加えて

ミニ丈のタイトワンピースは若めな印象になりがち。小物や靴にエッジを効かせて大人顔アレンジすれば脱ヤングファッションに。カラーも黒に近いパープルでよりシックなイメージに寄せて。

2.ミディアム丈

▼体型カバーしながらチラッと肌見せ

ミニ丈より長いミディアム丈は気になる太もも周りを全カバーしてくれ、ロング丈より短いのでふくらはぎのチラッと肌見せも忘れません。ヒールのあるブーツをチョイスしたら脚長効果も期待できそう。

3.ロング丈

▼スリットでコンサバ感を回避

最後はロング丈。1枚で雰囲気が出るロング丈ですがコンサバっぽくなってしまうアイテムでもあります。サイドに深めのスリットが入ったワンピースでニュアンスをゲットして。バッグもトーンを合わせるとヌーディなムードが高まります。

【春夏】は半袖・ノースリーブで爽やかに

春夏はノースリーブや半袖のタイトニットワンピースでヘルシーな色気をアピールしちゃいましょう。あえてボディラインが出る服を買うとダイエットのモチベーションもアップすること間違いなし!

「ウエストマーク」でスタイルアップ見せ

▼ピンクベージュは品よく着こなす

ピンクベージュはピンクのかわいらしさと、ベージュの品の良さを両方合わせ持った大人可愛いカラー。大人っぽいウエストマークワンピースにはピンクベージュでフェミニンに仕上げてみて。

▼細ベルトでこなれ感アップ

下にストンと落ちるようなデザインのマスタードカラーのワンピース。重心が下にくるラグジュアリーなデザインにはポイントで細ベルトを投入。切り替えを作ることで目線が上に止まって脚長効果も抜群。

次ページ> 【秋冬】はレイヤードしてこなれスタイル
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW