FASHION

秋っぽさを出すにはパンプスが優秀!〈色別〉きれいめコーデ22選

2019/12/25

まだまだ温度調節が必要な秋には、パンプスから秋らしさを添えてみれば失敗知らず。あたたかみのある素材を取り入れてみたり、秋ならではのきれいなカラーを使ったりと、楽しみ方は無限大。定番の黒はもちろん、ブラウンやベージュなどの茶系コーデからきれい色、ファーパンプスのコーデもご紹介。秋の訪れを足元から楽しんで。

パンプスを使った秋コーデのポイント

秋のパンプスは生地感やカラーで旬を取り入れやすいのが最大の強み。あたたかみのある素材やキレイ色を入れて秋ムードをプラスして。

1.素材で秋っぽさをプラスして

スエードに頼れば間違いなし!

形やカラーも豊富なスエードパンプス。どんなカラーでも、簡単に秋の雰囲気を醸し出してくれる。旬の形も楽しめる大本命パンプス。

2.寒くなってきたらレギンス・タイツ・靴下で防寒を

2.寒くなってきたらレギンス・タイツ・靴下で防寒を

パンプスだけでは寒くないかな? と心配な人はレッグウェアでの対策がおすすめ。定番の白や黒だけではなく、カラーアイテムで色合わせを楽しめるのも秋の醍醐味。

ヒールあり?なし?使いやすい3パターン 

何千年も前から「背を高く、すらっと見せるため」に履かれていたヒールは、雰囲気づくりに欠かせないアイテム。TPOに合わせて。ヒールの太さを使い分けて。よく歩く日には足が痛くなりづらいヒールなしパンプスもおすすめ。

ピンヒール

秋はとことんレディライクに

ハイヒールの中でもとくにかかとの部分が細長いピンヒールは、女性らしい華奢な足元を演出してくれます。秋らしいきれい色スカートにレディっぽさを更にプラス。歩きづらさが心配な人はストラップつきがおすすめ。

チャンキーヒール

安定感しっかり、デイリー使いにも

最近よく聞くチャンキーヒール。チャンキー(chunky)とは「ずんぐりとした」という意味で、太めのヒールのことを差します。ヒール初心者さんや通勤で歩くけどヒールを合わせたい人は、おしゃれさと歩きやすさを兼ね備えたこちらがベター。

ヒールなし! ぺたんこパンプス

お出かけも多い秋には優秀アイテム

気候の良い秋には、旅行やテーマパークなどお出かけへのお誘いも多いはず。スニーカーもいいけど、可愛さも取り入れたい人にはぺたんこパンプスがぴったり。長時間歩くショッピングや子育てママさん、お天気が気になる日など幅広くカバー。

【黒】パンプスは一足持っておいて損なし!

悩んだら黒パンプスを選べばまず間違いなし。どんな色とも相性良く、コーディネートを引き締める効果も抜群。ちょっとくらいの汚れも目立ちにくいという利点も。

パンツスタイル「黒」

トップスと色を合わせて

統一感のあるコーデにするには、トップスの色と合わせてあげるのが近道。パンツにブラウンカラーをもってくることで即秋コーデの完成。

ボトムスと色を合わせて

こちらは動きやすいガウチョパンツに黒パンプスを。下半身に引締め効果のあるブラックを集めることで、スッキリとした印象に。

スカートスタイル「黒」

タイツ使いで縦につなげて

たっぷりとした秋色ニットには、タイトスカートでバランスを取るのがカギ。同系色のタイツ使いで足元まで色をつなげて、細見え&脚長効果を。

カラースカートを上品に仕上げる

秋はカラーアイテムが欠かせない。浮かないように黒の足元でバランスを取るのが秘訣。

ワンピーススタイル「黒」

ワンピ+ レギンスの足元にも

旬コーデにも黒パンプスは必須。黒のレギンスの足元には黒パンプスを合わせれば失敗知らず。

【ベージュ・ブラウン】はどんな系統とも相性◎

秋に欠かせないベージュやブラウンのパンプス。日本人の肌にも馴染みやすく、柔らかい色合いでさまざまなカラーと好相性。濃淡によって印象も変わる、優れたカラーを楽しんで。

パンツスタイル「ベージュ・ブラウン」

明るめベージュで抜け感を

明るめのベージュパンプスならどんな色ともぶつからない。明るめのデニムコーデも足元まで重たくならず上品な仕上がりに。

ブラウンで秋を満喫

少し光沢のあるブラウンなら秋のムード満点。同系色トップスとのコーデをやわらかくまとめてみて。

カーキとの相性も◎

くせのないブラウンはカーキとの組み合わせにも対応。デニムでまとめれば爽やかな秋コーデが完成。

スカートスタイル「ベージュ・ブラウン」

ハッキリした色味にはベージュで中和を

秋に着たいきれい色のスカートには、ベージュを組み合わせることでこんなに優しい雰囲気に。バッグとパンプスの色をリンクさせて、まとまりのあるコーデを。

セットアップにはヒールでスタイルアップも

重くなりがちな黒のセットアップにはブラウンのパンプスで秋をコーディネート。チェーンバッグとヒールのある上品なパンプスを合わせて、スタイリッシュな装いに。

ワンピーススタイル「ベージュ・ブラウン」

黒とベージュで上品な仕上がりに

黒のワンピースを更に上品にまとめたいときには、ベージュのパンプスがマスト。さらにブラウンのバッグで秋らしさを添えて。

淡色ワンピには濃い目のブラウンを

淡色の分量が多いときには濃いめのカラーで足元を引き締めて。デニムとも相性の良いブラウンで秋ムードをプラス。

【グレー】パンプスで垢抜けたコーデに

シックな雰囲気で秋ムードを高めてくれるグレーは隠れた実力者。モノトーンやカラーコーデにも合わせやすく、おしゃれ感を高める効果を発揮。クールなカラーで大人の余裕を漂わせて。

パンツスタイル「グレー」

きれいめデニムコーデにオン

アウターやバッグもグレーで揃えた、シャープなデニムコーデ。残暑が残り、日中は厚くなりそうな日でも、クールなグレーのパンプスで清涼感をプラス。

スカートスタイル「グレー」

パープルをグレーで格上げ

秋に欠かせないきれいめパープルにはグレーが好相性。黒に近いグレーなら黒感覚で使いやすい。グレーのタイツで足元に一体感を出して、脚長効果を。

ワンピーススタイル「グレー」

フラットパンプスもグレーで脱マンネリ

秋に恋しいニットワンピ& デニムの定番の組み合わせには、グレーのフラットパンプスを合わせてシャープな雰囲気に。濃い色のワンピースにも抜け感をオン。

【その他カラー】でアクセントをプラス


鮮やかな秋のきれい色も、分量の少ない足元から取り入れるならハードル低め。暗めな洋服も多くなってくる寒い時期に、パンプスから華やかさを取り入れてみて。ここでは秋に気になるカラー別にコーデをご紹介。

「オレンジ」パンプス

ビタミンカラーでハッピーな気分に

難しそうなオレンジも、秋冬定番の茶系と同系色。デニムとの相性も良いので、初心者さんはまずはデニムに合わせてみて。

「マスタードイエロー」パンプス

ブラウン系の同系色でまとめて

マスタードイエローは気になっている人も多いはず。こちらもオレンジ同様、ブラウン系と同系色なので秋はとても使いやすいカラー。地味になりがちなブラウンコーデに差し色をオン。

「ボルドー」パンプス

こなれた秋コーデが手に入る

ボルドーはワインレッドよりも濃いめの赤寄りのカラー。茶色味も強いため、より広い組み合わせで秋コーデを楽しめそう。シックなコーデに秋ムードを漂わせて。

「ブルー」パンプス

スエード使いで秋の着こなしに

爽やかコーデが好きな人にはこんなブルーコーデも。寒色のブルーでも、ニットやスエードなどのあったか素材を選べば上品な秋コーデが実現。

「パープル」パンプス

高貴なパープルで上級コーデを

落ち着いた色合わせもレッド系のパープルを差し色にすれば、フェミニンな秋コーデに早変わり。おじ感が出がちなグレンチェックも、華やかで垢抜けたコーデにスタイリング。

【ファーパンプス】で冬っぽさを先取り

温度調節が難しい秋の始まりには、ファーパンプスから季節感を取り入れてみて。ファーのボリューム感やカラーで、ポイントで使ったり主役級にしたりとバランスをとって。見た目もキュートなファーパンプスは秋冬コーデで大活躍。

パンツスタイル

黒は使い勝手バツグン!

目立ちすぎるのが気になる人はオールブラックをチョイス。更にポインテッドトゥに近い形を選べば、甘さをセーブしたきれいめコーデが実現。

ワンピーススタイル

ポンポンファー付きはシンプルに

クールなカーキのワンピースには、ポンポン付きファーパンプスで季節感を取り入れてみて。黒のファーなら甘さが出にくく、大人コーデにも取り入れやすい。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW