FASHION

お墓参りの服装《5つの注意点》 とは?失敗知らずのおすすめコーデ集

2019/06/24

お盆や年末年始にお墓参りにいく、という方も多いのではないでしょうか? 旦那さんの実家のお墓へいくので恥ずかしくない格好をしたい、と考える機会がある人も多いのでは? ここでは、失敗しないお墓参りの服装を季節別のご紹介。また、お墓参りの時に持っていくべきものも紹介しているので、ブックマークして活用してみて。

お墓参りの服装【5つの注意点】

普段のお墓参りの時には、手持ちのダークカラーのアイテムでOK。この時、派手な色と露出(ノースリーブやサンダル)を控えるようにしましょう。その他の注意点もまとめているので、参考にしてみて。

1.ハデ色は避たほうが◎。ダークカラーが失敗知らず

▼シルエットにも注意して

お墓参りにぴったりなのは、やっぱり黒。色を意識すればOK! …… ではなく、そのシルエットにも注意が必要。ジャストサイズのカーディガンと綺麗めテーパードパンツなら、清潔感があり好印象間違いなし。

2.靴は歩きやすいものがベター

▼ヌーディカラーで上品に

お墓のある場所は、砂利道も多いもの。そのためフラットシューズなど歩きやすいシューズがおすすめ。黒ワンピースに合わせて、足元は上品なベージュが場面にマッチ。

▼スニーカーなら黒が無難

カジュアルなスニーカーを選んだ時は、トップスやボトムス同様黒を選ぶのが無難。綺麗めシルエットを意識して、カジュアルすぎない装いを作って。

3.お墓に手を合わせる時は帽子はとって

▼暑い夏の必須品!だけどお参り時には外して

道中にあると便利な帽子、ご先祖様に手を合わせる時は、マナーとして脱ぎましょう。帽子も他のアイテム同様、暗めの色を選ぶのが吉。

4.日差し・虫対策に夏でも羽織りがあると安心

▼羽織りならジャケットできちんと感を

夏場のお墓参りだと、日差しや虫刺されが気になるところ。さっと羽織れるジャケットがあれば、それらの対策になる上にきちんと感もアップ。

5.アクセサリーはシンプルなものをチョイス

▼パールが正解!派手過ぎないものを

お墓参りのときは、華美なアクセサリーは身につけていかないように。冠婚葬祭で使えるパールなら失敗知らず。

▼ファーはNG。秋冬は要注意!

ファー(フェイクも避けるのが良い)を使ったものは、殺生を連想させ縁起が良くないので、お墓参りのときには避けましょう。特にファーを使う秋冬には注意して。

【法事】のときの服装は?

法事の際には、喪服や略喪服を着用します。スカートの時はできるだけ薄手のストッキング、パンツの時にも黒の靴下が合わせるようにしましょう。では、実際のコーディネートを早速チェック。

きちんと感を意識して

▼喪服や略喪服を着用

法事の時には、きちんと感のある喪服や略喪服を着用します。法事では3回忌までが喪服(葬儀で着用する礼装)、7回忌からは平服(黒やグレーなどのワンピースやアンサンブルといった略喪服)といった地域が多いので、参考にしてみて。

脚が出る場合はストッキングを履くのがマナー

▼法事の時は黒ストッキングで

法事の際には、夏でも肌色のストッキングはマナー上失礼にあたるので、黒を選ぶようにしましょう。また、合わせる靴もつま先の出るものだとカジュアル感が強くなるため、パンプスにします。

【春夏】のお墓参りの服装

春夏にお墓参りに行く機会といえば、お盆という方が多いのではないでしょうか。華美ではない地味な配色の服装を意識しつつ、お墓の掃除をすることを考えて動きやすい服装を選んで。

パンツスタイル「春夏」

▼イージーパンツで動きやすく

黒のトップスとベージュのボトムスで落ち着いた配色を意識。イージーパンツなら、動きやすさを備えているのでお墓参りにぴったり。足元は、もちろんフラットシューズで。

▼動きやすさといえばやっぱりデニム

動きやすいボトムスと言って思い浮かべるアイテムといえば、やっぱりデニム。お墓参りの時は、フリンジカットやダメージ入りなどのデザインが施されたものではなく、シンプルな濃いめの色味のものを選ぶのが吉。トップスとシューズには黒を選んで、TPOに合わせて。

▼ベージュ×黒で好印象に

すっきりとしたベージュの五分袖Tに、黒のテーパードパンツを合わせた上品スタイル。身体のラインにあった綺麗めシルエットを選ぶことで、きちんと感も高まります。

スカートスタイル「春夏」

▼タイトロングスカート合わせで過度な露出は控えて

スカートを選ぶ時には、ロング丈のものが無難。過度な露出は控え、TPOに合わせましょう。トップスも白黒のものを選んで、統一感を意識。歩きやすさを備えたスニーカーは、肌色に馴染むベージュを選んで。

▼ベージュ×カーキも好印象

ベージュトップスに、カーキのロングタイトスカートを合わせたスタイル。どちらも落ち着いた色なので、この配色も好印象。Iラインシルエットを作ることで、清楚な印象も叶えて。

ワンピーススタイル「春夏」

▼ベージュワンピースで落ち着かせて

スキンカラーに馴染むベージュなら華美にならないので、お墓参りの時におすすめ。足元には歩きやすい、動きやすいスニーカーをチョイスして。何かと道具のいるお墓参りには、両手の空くボディバッグがおすすめ。

▼黒で統一するのが一番無難

ロング丈の黒ワンピースに、同じカラーのスニーカーを合わせたオールブラックスタイルで失敗知らず。中でもハリ感のあるワンピースなら、きちんと感も高まります。

次ページ> 【秋冬】のお墓参りの服装
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW