FASHION

お墓参りの服装《5つの注意点》 とは?失敗知らずのおすすめコーデ集

2019/06/24

お盆や年末年始にお墓参りにいく、という方も多いのではないでしょうか? 旦那さんの実家のお墓へいくので恥ずかしくない格好をしたい、と考える機会がある人も多いのでは? ここでは、失敗しないお墓参りの服装を季節別のご紹介。また、お墓参りの時に持っていくべきものも紹介しているので、ブックマークして活用してみて。

お墓参りの服装【5つの注意点】

普段のお墓参りの時には、手持ちのダークカラーのアイテムでOK。この時、派手な色と露出(ノースリーブやサンダル)を控えるようにしましょう。その他の注意点もまとめているので、参考にしてみて。

1.ハデ色は避たほうが◎。ダークカラーが失敗知らず

▼シルエットにも注意して

お墓参りにぴったりなのは、やっぱり黒。色を意識すればOK! …… ではなく、そのシルエットにも注意が必要。ジャストサイズのカーディガンと綺麗めテーパードパンツなら、清潔感があり好印象間違いなし。

2.靴は歩きやすいものがベター

▼ヌーディカラーで上品に

お墓のある場所は、砂利道も多いもの。そのためフラットシューズなど歩きやすいシューズがおすすめ。黒ワンピースに合わせて、足元は上品なベージュが場面にマッチ。

▼スニーカーなら黒が無難

カジュアルなスニーカーを選んだ時は、トップスやボトムス同様黒を選ぶのが無難。綺麗めシルエットを意識して、カジュアルすぎない装いを作って。

3.お墓に手を合わせる時は帽子はとって

▼暑い夏の必須品!だけどお参り時には外して

道中にあると便利な帽子、ご先祖様に手を合わせる時は、マナーとして脱ぎましょう。帽子も他のアイテム同様、暗めの色を選ぶのが吉。

4.日差し・虫対策に夏でも羽織りがあると安心

▼羽織りならジャケットできちんと感を

夏場のお墓参りだと、日差しや虫刺されが気になるところ。さっと羽織れるジャケットがあれば、それらの対策になる上にきちんと感もアップ。

5.アクセサリーはシンプルなものをチョイス

▼パールが正解!派手過ぎないものを

次ページ> 【法事】のときの服装は?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW