ジーンズの種類(メインイラスト画像)
FASHION

「ジーンズの種類」これだけは知っておきたい!【保存版 】

2019/06/24

誰でも数本は持っていて、さまざまなシーンで大活躍のジーンズ。カジュアルコーデはもちろん、キレイめにも合わせられる優れものですね。近頃では「デニム」と呼ばれることも多くなりましたね。

そんなジーンズについて、これだけは知っておきたい旬の「ジーンズの種類」と、TPOに合わせて選べる、「保存版【キレイめ〜カジュアル】早見表」をMINEよりお届けいたします!

ジーンズを『形』で分ける

ジーンズの種類のイラスト画像

ジーンズは で様々に種類分けされています。
ここでは「ストレート」「ワイド」「スキニー」など、日頃からヘビロテのアイテムたちを、 ごとにご紹介します。

ストレートジーンズ

ストレートジーンズのコーデ画像

裾をあまり広げたり、すぼめたりしない真っすぐなシルエットのジーンズ。飽きのこない普遍的なデザインです。インディゴブルーのストレートジーンズに鮮やかなパープルのトップスを合わせて、気取らない大人のお出かけスタイルが完成。

デニムワイドパンツ

デニムワイドパンツのコーデ画像

幅広いゆったりとしたシルエットのこと。レディースアイテムに用いられことが多いようです。腰回りや太ももの体系カバーをしてくれて、かっこよくきまるのが愛される理由。ブラックのゆったりしたシャツをINして、上品なかごバッグを添えて。

ブーツカット(ベルボトム)ジーンズ

ブーツカット(ベルボトム)ジーンズのコーデ画像

膝から裾にかけて広がっていくシルエットが特徴。裾の広がり具合で「フレア」「ベルボトム」とも呼ばれたりします。ヒールに合わせて履くことで、脚が細く長く見えるのが嬉しい。大人女子の強い味方です。刺繍がきれいなホワイトブラウスに華奢なヒールサンダルを合わせて上品スタイルに。

スキニージーンズ

スキニージーンズのコーデ画像

英語で「skinny」とは、やせこけた、骨と皮ばかりのという意味。その名のとおり脚にぴったりフィットして、ほっそりと見えるのが特徴です。ストレッチのきいた素材で、動きやすいことも大活躍の理由。ホワイトTシャツにダウンベストを合わせたシンプルコーデもスキニージーンズだからかっこいい。

デニムショートパンツ

デニムショートパンツのコーデ画像

丈の短いパンツのこと。ハーフパンツより短いものを総じてショートパンツと呼びます。夏用のイメージが強かったアイテムですが、最近ではレギンスやタイツに合わせて、一年中活躍しています。ブーツとファーバッグでこなれた秋のショートパンツコーデに。

デニムオーバーオール

デニムオーバーオールのコーデ画像

パンツに胸当てや肩ひもがある形を英語で「オーバーオール」といいます。フランス語では「サロペット」といい、近頃ではデニム素材のものをサロペットと呼んだりします。子供っぽくなりがちのオーバーオールがおしゃれにきまるのは、クラッチバッグとブラウンのファーコートのおかげ。

ジーンズを『色』で分ける

ジーンズの『色』のイメージ画像
次ページ> 『デザイン』ジーンズ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW