FASHION

ガウンワンピースが超使えるって噂…!〈色別〉マネしたくなるコーデ【23選】

2019/12/25

ガウンとしても、ワンピースとしても着られるうえに、着方によってカジュアルにもきれいめにもクールにも、様々な着こなしが叶うガウンワンピースは、一枚持っておくだけでコーデの幅がグッと広がる超優秀アイテム! 今回はそんなガウンワンピースの柄・色別のお手本コーデから、気になるインナー問題まで、MINEが徹底的にご紹介します。

そもそもガウンワンピースって?

ガウンワンピースとは、前を開けてガウンのように羽織りものとして着ることもできれば、前を全部閉めてワンピースとしても着られるアイテムのこと。その着回し力の高さから、ぐんぐん人気が高まってきているアイテムなんです!

インナーはどうしたらいい?

ガウンワンピースは薄手のものが多いだけに、「透ける……。」とインナー選びに悩む人も多いみたい。ここでは、ガウンワンピースにぴったりなインナー3種類をご紹介。合わせるインナーによってコーデの印象も大きく変わってくるので要チェック!

レースキャミソールorタンクトップなら可愛らしく

ガウンワンピースに一番よく合うのがレースのキャミソールorタンクトップ。ワンピースとして着るときも、羽織りものとして着るときも、胸元からチラッと覗くレースがコーデをより華やかに仕上げてくれます。

シンプルなキャミソールorタンクトップならヘルシーな印象に

飾りや柄のないシンプルなキャミソールorタンクトップなら、ヘルシーで自然体な印象に。サッと風になびくガウンワンピースの雰囲気と相まって、こなれ感たっぷりのかっこいい女性になれること間違いなし!

Tシャツでカジュアルに

シンプルなTシャツを合わせればカジュアルで気負いのない印象に。デコルテや肩周りなどの肌見せに抵抗がある人にオススメ。

《花柄》ガウンワンピースで注目の的

動きのあるガウンワンピースは、「花柄」ならとってもロマンティックで女性らしい着こなしが叶います。ただ、甘くなりすぎないように、カジュアルアイテムとうまく組み合わせて調整するのがお約束。

春夏コーデ

▼デニムをレイヤードしてカジュアルに

ネイビーの花柄ガウンワンピースに薄色デニムをレイヤードしてカジュアルに。下半身にボリュームをもたせても、ワンピースのウエスト部分の切り替えでメリハリがつくので膨張の心配もなく、自然と体型カバーも叶います。足元はストラップサンダルで抜け感たっぷりに。

▼メタリック小物で大人顔に

甘めなイエローの半袖ガウンワンピースは、白のキャミソールやスキニーデニムなど、シンプルなアイテムと合わせて控えめに着こなすのが◎。茶色のフラットサンダルで思いっきり力を抜いたら、シルバーのバッグで輝きを添えてグッと大人っぽく。

秋コーデ

▼くすみピンク×黒のシックな色合わせ

あえて全部ボタンを開けずに、上から2、3コだけを留めてウエスト下からスカートを覗かせるオシャレ上級者な着こなし。レザーのウエストバッグがベルトの役割を果たし、コーデにメリハリをつけてくれてGOOD!

▼リラックス感たっぷりな着こなし

ヴィンテージライクな開襟の花柄ガウンワンピースは、ストンとしたシルエットなので一枚で着たほうがスッキリ見え。陳腐なコーデにならないよう、黒のレザーの巾着バッグでモードなスパイスをひとさじ加えて。

《白》で爽やかな印象に

爽やかさや、清潔感を出したい春夏はもちろん、ついついコーデが暗くなりがちな秋にも大活躍間違いなしの「白」のガウンワンピース。

春夏コーデ

▼アースカラーコーデを爽やかに

涼しげに着られるコットン素材のガウンワンピースなら、コーデに程よい軽さが生まれてGOOD。インナーとボトムスをアースカラーでまとめることでこなれ感たっぷりの着こなしが叶ううえに、ガウンワンピースの爽やかさがグッと引き立ちます。パープルのサンダルで足元に上品な差し色を加える小技も◎。

▼小物づかいで差をつけて

胸元が深く開いたガウンワンピースは、前を閉めて一枚でさらりと着るとヘルシーな印象に。小物はブラウンで統一しつつも、パンチングバッグやアクセントベルト付きのマリンキャップなど、それぞれ個性のあるものをチョイスすることでコーデの陳腐さを回避。

秋コーデ

▼遊び心のあるモノトーンコーデ

パフスリーブが可愛らしさを引き立てる白のガウンワンピースは、黒アイテムと合わせて甘辛く着こなすのが正解。キャットモチーフのパンプスとファーのスヌードでちょっぴりひねりを効かせて個性をアピールして。

▼ブラウンコーデの野暮見えを解消

ブラウンのワントーンコーデは、ともすれば野暮ったく見えてしまうことも......。そんなときは、白のガウンワンピースをサラッと羽織ってコーデを爽やかにトーンアップ! ビットローファーや、レオパード柄のトートバッグなどの辛口アイテムを合わせてメリハリのあるコーデが完成。

《ベージュ・ブラウン》で飾らない女性に

季節問わず、身にまとうだけでナチュラルな印象を後押ししてくれる「ベージュ」や「ブラウン」。巧みなレイヤード術や小物合わせで、コーデを平凡に見せないテクニックに注目!

春夏コーデ

▼白×ベージュでつくる大人カジュアル

ヘルシーなホワイトコーデに、ベージュのガウンワンピースをプラスすればさらにリラックスムードが加速! ぼんやりした色合わせでも野暮ったく見えないのは、デコルテを大胆に肌見せして抜け感をつくったおかげ。

▼デニムの力で着崩して

ほんのりハリ感のあるガウンワンピースは、一枚で着るときちんと感が出すぎて地味な印象に......。そんなときはデニムの力を借りてみて。コーデに奥行き感を出してくれるうえに、カジュアルで親しみやすい印象に仕上がります。

▼濃淡の差をつけて野暮見えを回避!

ベージュのワントーンコーデは、野暮見えしそうなのが心配なところ......。ブラウンのガウンワンピースを羽織って濃淡の差をつけることでメリハリが出てシャープな着こなしが叶います。

秋コーデ

▼小物で秋っぽさをグッと高めて

優しいベージュのガウンワンピースは、アイスブルーのデニムをレイヤードして軽快に着こなして。前を全部閉めずに、ウエスト下からはボタンを開けて着ることで程よい抜け感が出てGOOD。ファーのバッグや大ぶりのタッセルピアスなど秋らしい小物選びも抜かりなく。

▼サテンで大人っぽく

上品なムードを高めてくれるサテンは、大人っぽさで差をつけたい人におすすめ。ボディラインを拾わないガウンワンピースならサテン生地のものでもいやらしさもなく、トライしやすいはず。黒のコンバースや巾着バッグなどカジュアルなアイテムと合わせれば親しみやすい印象へとシフト。

《黒》でちょっぴり大人顔に

大人っぽいコーデがお好みなら断然「黒」がおすすめ。ガウンワンピースがもつ甘さと相まって大人可愛い着こなしが叶います。

春夏コーデ

▼デイリーコーデの引き締め役に

カーキのTシャツ×ワイドデニムの何気ない着こなしも、黒のガウンワンピースをサッと羽織るだけで見違える。くるぶし下までたっぷり丈のあるものなら、縦長効果でスタイルアップも狙えるのが嬉しい。

▼黒でも涼しげに着こなせる

軽い素材のガウンワンピースなら黒でも重たく見えず、夏も爽やかに着こなせる。コンパクトなサークルカゴバッグとビーチサンダルなど、気負いのない夏小物でリラックス感たっぷりに仕上げて。

秋コーデ

▼スニーカーとも相性抜群

黒ならスポーティーなアイテムともMIXしやすいのが嬉しいポイント。白のレギンスをレイヤードして、スニーカーを合わせればアクティブなコーデが完成。

《カーキ・グリーン》で好感度アップ

カジュアルコーデに落とし込みやすい「カーキ」や「グリーン」のガウンワンピースは、着るだけでこなれ感たっぷりな印象に仕上げてくれる優秀アイテム。

春夏コーデ

▼マキシ丈ならラフに着こなせる

ルーズなシルエットで普段使いしやすいマキシ丈のガウンワンピースに、黒のタンクトップ、ワイドパンツを合わせてリラックス感たっぷりな大人の休日スタイルをメイク。夏らしいストローハットで夏気分を盛り上げて。

▼ワイドチノでカジュアルダウン

甘めなグリーンの小花柄ガウンワンピースに、カーキのワイドチノパンツをレイヤード。デニムではなく、あえてワイドチノをもってくることで大人っぽさをキープできて◎。茶色のラウンドバッグを一点投入してコーデの完成度を高めて。

秋コーデ

▼淡いカーキなら上品に

「カーキはちょっとクールすぎかな......」という方は、こんな淡いトーンのものを選んでみて。カーキ特有の大人っぽさは残しつつ、どこか上品に仕上がるのでトライしやすいはず。ガウンワンピースを主役に、他アイテムはシンプルに徹してこなれ感たっぷりに。

《その他カラー》で周りと差をつけて

ベーシックなカラーに飽きたら、他のカラーで着こなしを一新してみて。ガウンワンピースは元々女性らしいデザインになっているので、ビビットなカラーのものでも、どこかマイルドに着こなせるのが魅力。

春夏コーデ

▼くすみピンクで上品に

肌馴染みがよく、コーデを上品に仕上げてくれるくすみピンクのガウンワンピース。トップスとボトムスを白でまとめることで爽やかな抜け感が出て、野暮見えも回避できる。

▼ビビットオレンジで着映えを狙って

元気な印象をアピールするなら、ビビットオレンジのガウンワンピースにトライしてみて。ワンショルのインナーや、ボリューム感たっぷりのベルトサンダルなどモード感たっぷりなアイテムを効かせることで唯一無二の着こなしに。

秋コーデ

▼パープルで都会的に

存在感抜群のビビットなパープルのガウンワンピースは、ワイドデニムと合わせてトレンド感たっぷりに着こなして。ベルトやサンダルを黒で揃えてモード感たっぷりに仕上げたら、カゴバッグでハズしてパープルの“強さ”をセーブ。

▼テラコッタなら秋冬にもぴったり

とろみ感のあるテラコッタのガウンワンピースなら、コーデに温かみが出て秋冬にもぴったり。ほっこり感が出ないよう、黒のインナーとインディゴブルーのデニムでメリハリをつけるのが大人の正解コーデ。キリッとした黒のパンプスで女っぽいスパイスを盛り込んで。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW