LIFE STYLE

不倫のきっかけって何?不倫をする心理からリスクまで知っておこう

2019/06/21

ドラマやワイドショーなどでよく不倫は話題に上がりますね。「自分には関係のないことだ」と思いがちですが、実は不倫のきっかけは私たちのすぐ身近に潜んでいます。どのようなきっかけで不倫が始まるのか、その心理や不倫のリスクまで詳しく紹介します。

不倫が始まるきっかけとは?

そもそも不倫が始まるのは、一体どんなことがきっかけなのでしょうか? 「私は大丈夫」と思っていても、実はすぐ身近に不倫に繋がる出会いがあるケースが多いんですよ。まずは不倫が始まるきっかけについて把握しておきましょう。

ご近所付き合いから

不倫=職場での出会いが多いイメージがありますが、案外ご近所付き合いから不倫に発展してしまうパターンもあると言われています。

ご近所だと、町内の行事で一緒になったり、朝や帰りに顔を合わすことが多いですよね。そこで会話をしていくうちに、どんどん仲良くなってしまい、不倫に発展してしまうパターンが多いそうです。

ご近所だと知り合いに見られていないかハラハラしてしまいますが、このドキドキ感がたまらない!というカップルも多いようです。

お互いの配偶者にバレないように、連絡の取り方や会う場所など、ご近所だからこそいろいろ注意して密会しているようですよ。

職場で長く過ごすうちに

続いては職場で長く過ごしているうちに、不倫関係に発展してしまうケースです。やはり職場は不倫が始まるきっかけになることが多いです。

最初は何も感じなくても、長く仕事をしていると、お互いのことがよくわかり信頼関係も生まれてきますよね。その信頼関係から男女の仲になってしまうことがあるのです。

仕事をしている姿勢を見て「かっこいいな」「かわいいな」と思うことも多く、職場は魅力的に見えやすい環境だといえるでしょう。そのため、仕事が遅くなった帰りや、一緒に食事をしているときに、男女の関係に発展してしまうことがあります。

SNSで知り合った

スマホを持っていることが当たり前になり、現代ではSNSで知り合った人と不倫関係に発展する場合もあります。SNSだとあらかじめ趣味や性格などが把握できやすいため、自分に合う・合わないがわかるんですよね。

しかも気軽にやりとりができるので、いざ直接会ったとしても会話がしやすく、場の雰囲気が盛り上がることも多いです。その結果、不倫へと繋がってしまうと考えられます。

もしSNSから繋がった場合は、お互いのSNSのタイムラインに出てきたり、同じ行動をしていることがわかってしまったり、不倫がバレやすいということもあります。

異性の友人と親密になって

異性の友人として親密になっているうちに、不倫関係になるケースもあります。はじめは特に何も思っていなくても、一緒に飲んだり会話をしているうちに、どんどん親密になり好きになってしまうんですよね。

もともと友人だったからこそ、不倫に関しても気軽に相談ができると思うので、これからの関係性についてもじっくりと話がしやすいというメリットがあります。

ただし、口が軽い友人はペラペラと不倫のことを周囲に話してしまう恐れがあり、バレやすい可能性があるので注意してくださいね。

不倫をする心理が知りたい

不倫のきっかけについて紹介しました。では、実際に不倫をする女性は一体どんな心理を抱いているのでしょうか。

何も考えずに「不倫をしよう」と思う人は少ないですよね。パートナーがいるのに、別の人に走ってしまう心理には何が隠されているのでしょうか。

女性として見られることに喜びを感じる

まずは女性として見られることが嬉しい、という人が多いです。結婚をして子育てをして…と日々の生活で忙しくなってしまうと、女性というより『母親』という印象がついてしまいがちです。そのため、女性として見られることが少なくなってしまいます。

「もう女性として見られることはないのかな?」と寂しくなってしまい、誰か別の男性を求めて不倫をしてしまいます。不倫をすると「かわいいね」「キレイだね」と男性に言ってもらえるので、女性は喜びを感じます。自分の自信も取り戻せるため、女性はつい別の男性を好きになってしまうということもあります。

刺激を楽しみたい

年齢を重ねると生活も安定してしまって、刺激が少なくなってしまうものです。そんなとき「刺激を楽しみたい!」と思い、不倫に走ってしまうケースも。

不倫をするといつ旦那にバレてしまうのか、ハラハラしますよね。そのスリルを楽しみたいという心理もありますよ。

不倫がばれるきっかけも紹介

ここまで不倫のきっかけや、不倫をする心理について紹介をしました。では、実際に不倫がバレてしまうきっかけとは、一体どんなことがあるのでしょうか。

奥さんや旦那さんの後を尾行したり調査などによって発覚するのではなく、実は些細なことでバレてしまうんです。ここからは不倫がバレるきっかけについて紹介します。

頻繁に外出をすることから

不倫がバレてしまうきっかけとして、まずは頻繁に外出していることが挙げられます。普段から早く帰宅したり、休日もあまり外に出かけていないのに、いきなり外出が増えると怪しまれますよね。

「〇〇へ行ってくる」と近所に少し出かけただけのはずなのになかなか帰ってこない、といったことが頻回にあると不倫をしている可能性もあるかもしれません。

また、異動したりプロジェクトが山場を迎えるなど忙しくなる要因がありそうにもないのに、急に残業が増えた、飲み会が増えたなど、「最近言動がおかしいな」と感じることがあれば要注意です。

スマホのチェックから

スマホのチェックから不倫がバレてしまうことも多いです。基本的にロックをしている人がほとんどだと思いますが、今は指紋認証でロックを外せるスマホばかりです。

そのため、寝ているときにそっと指でロックを解除して、中身を見る可能性もありますよ。写真やLINEなど普段のやりとりでおかしいところがあるかどうか、チェックしています。

また、写真のフォルダを見せてもらっているときや、プッシュ通知でLINEが届いたときのうっかり画面が見えてしまったりなど、些細なことで「おかしいな」と思われるきっかけが多いです。

不倫のリスクも知っておこう

不倫のきっかけやそれがバレるきっかけを紹介しました。このように「不倫は案外身近にある」ものです。だからこそ、「ちょっとだけならいいか…」と思って不倫に手を出してしまう人もいるんです。

しかし、不倫には大きなリスクが伴います。ここからは不倫のリスクについて紹介します。

社会的地位や信頼を失う

不倫をすると、社会的な地位や信頼を失ってしまいます。結婚をすると法的に契りを結んだことになっているので、配偶者を悲しませることは大まかにいうと法律違反なんですよね。そのために、社会的地位や信頼を失ってしまいがちです。

「あの人は不倫をした人だ」というレッテルを貼られてしまい、部署を異動させられたり、仕事を失ってしまう可能性も十分に考えられますよ。また、周囲からの冷たい視線も浴びることになり、転職や引っ越しをする人も多いです。

慰謝料を請求される

不倫をすると、慰謝料を請求される場合もあります。たとえばあなたが独身の場合なら、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求され、もし既婚者の場合なら、自分の配偶者から慰謝料を請求されるケースがありますよ。

慰謝料の額も不倫の度合いによって違ってくるようです。そのため、関係が深いほど高額になる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

不倫のきっかけから、不倫をする心理やバレた時のリスクまで紹介しました。職場だけではなく、実はご近所付き合い、SNS、友人など不倫に発展する関係は数多くあります。

「刺激がほしい」「バレなければいい」と思ってうかつに不倫に手を出してしまう人もいるかもしれませんが、不倫のリスクはかなり大きいものです。社会的な地位や信頼、お金を失ってまでも不倫をしたいかどうかは、しっかりと考えるようにしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW