FASHION

力まずキレイ…!が叶う【水色スカート】種類・季節別コーデ23選

2019/12/25

2019年のトレンドカラーである「ペールトーンカラー」で、そのなかでも最も清楚で爽やかな雰囲気を醸し出してくれる「水色」。さらりとスカートに取り入れるだけで、トレンド感満載の素敵なコーデに仕上げることができるんです。今回は、水色スカートの着こなし方をおさらいしつつ、デザイン別にお手本コーデをご紹介します。今よりほんの少し手を加えて、水色スカートのコーデをもっと楽しんでみてはいかが?

着こなし方のポイントは?

水色スカートを持っているけど、イマイチ着こなし方が分からない……」とお悩みの方もいるのではないでしょうか? ここでは、水色スカートを持っている方にも、これから挑戦してみたいと思っている方にも押さえておいてほしい、着こなし方の2つのポイントをご紹介します

【1】ミディ丈~ロング丈で大人っぽく爽やかさアップ

大人っぽく魅せたいなら、ミディ丈~ロング丈のスカートを選んで。水色の分量を多めにすることで、よりクリアで爽やかな印象を与えることができます

【2】コンパクトなトップスをインして水色スカートを引き立てる

コンパクトなトップスを合わせると、水色スカートにより立体感が生まれ、バランスの良いスタイルに仕上がります。また、春夏は適度な露出を心掛けたい時期。身体のラインを意識しつつ、腕や足元を程よく肌見せしてみて。

水色≪プリーツスカート≫コーデ

女性らしさと知的な雰囲気がぎゅっと詰まっていて、一年を通して活躍してくれる「プリーツスカート」。こちらでは、おしゃれさんから学ぶ水色のプリーツスカートを使ったコーデを見ていきます。

春夏コーデ

▼艶感のあるスカートの素材を、黒で締めてシックに

艶感たっぷりのプリーツスカートを、高級感を与えてくれる黒と合わせれば高見えかつ大人っぽく着こなすことができます。ヒールのあるパンプスと小ぶりのショルダーバッグで繊細な雰囲気を醸し出して。

▼パーカー×スニーカー合わせでカジュアルダウン

気品漂うペールブルーのプリーツスカート。いつもと少し雰囲気を変えたいと思ったときには、こんなカジュアルスタイルはいかが? カジュアルの定番であるパーカーとスニーカーで、女性らしさも兼ね備えた絶妙なバランスがかないます。

秋冬コーデ

▼デザイン性のあるプリーツスカートはライダースでモードにきめる

アシンメトリーデザインのプリーツスカートは1枚で主役級にきまる万能アイテム。シンプルなタートルネックと辛口に仕上げてくれるライダースでモードに仕上げて。

▼ポンポンニット合わせなら王道愛されスタイルに

立体的に編まれたポンポンニットと合わせた甘めスタイル。淡いトーンでまとめれば、誰からも愛される大人スタイルが完成します。ファーが施されたハンドバッグを添えて、さらに季節感を高めて。

水色≪フレアスカート≫コーデ

ふわっとした立体的なシルエットで、大人の品格を漂わせてくれる「フレアスカート」。コーデに軽やかさを加えたいときには、水色のフレアスカートがぴったり!

春夏コーデ

▼コットン素材を生かして涼しげかつ軽やかな装いに

夏にぴったりのコットン素材のフレアスカートは、コンパクトなノースリーブと合わせスカートのボリュームを引き立てて。小物は黒を選んで、コーデをぐっと引き締めてバランス良く仕上げて。

▼ブルーのワントーンコーデには小物使いがポイント

ネイビーと水色のグラデーションコーデ。シンプルなアイテム合わせなら、小物で差をつけることが大切。夏に欠かせない麦わら帽子と同色のショルダーバッグで夏空に映えるきれいめスタイルに。

秋冬コーデ

▼深めの水色スカートで落ち着きのある女性を演出

水色×ボーダートップスは、爽やかなマリンスタイルの定番。その他をベーシックカラーでまとめれば、大人の雰囲気漂うスマートなスタイルに。

▼ベロア生地×ケーブルニットで季節感を高めて

滑らかな肌触りのベロアスカートは、デザイン性の効いた白のケーブルニットと合わせてきれいめなスタイルに仕上げて。ブーティと合わせれば脚長効果も期待できます。

水色≪ギャザースカート≫コーデ

ボリュームたっぷりの「ギャザースカート」は、ひらひらと揺れるさまがとてもエアリーで、エフォートレスな着こなしをかなえてくれます。レディな雰囲気を格上げするにはうってつけのアイテム!

春夏コーデ

▼レーストップス合わせでエアリーな雰囲気に

爽やかな着こなしにしたいときにうってつけの、水色×白の組み合わせ。総レースの華奢なトップスに、マットな質感のとろみスカートを合わせればお呼ばれにも最適なエレガントスタイルが完成します。

秋冬コーデ

▼鮮やかな水色のギャザースカートは冬空に映える

コットンを贅沢に用いたギャザースカートに、全体を引き締め効果のある黒のペプラムブラウスを合わせてAラインを意識。スカート以外を黒で揃えることによって、ギャザーをより魅力的に見せることができます。

▼小物で季節感を高めつつ、ギャザーの揺らめきを魅せる

大人女子にぴったりの、ふわっと揺れるギャザーが魅力的な水色スカート。足元はベーシックな黒タイツとほっこり暖かみのあるブラウンのパンプスで、冬にぴったりの装いをメイク。シンプルなコーデのアクセントには、チェックのマフラーを添えて華やかに仕上げて。

水色≪タイトスカート≫コーデ

体型カバーをしてくれるだけでなく、スタイルアップもかなう「タイトスカート」。デザインによって、オフィスコーデやお呼ばれなどにも最適な水色タイトスカートのコーデをチェックしていきます。

春夏コーデ

▼ニュートラルカラーコーデに取り入れた爽やかスタイル

春夏に大活躍間違いなしの、ジレを使ったコーデ。テーラードカラーが施されたハンサムなジレと、さり気ないスリットが上品な水色のタイトスカートで、絶妙な丈感のレイヤードスタイルが完成。最後にシルバーのヒールパンプスを添えれば、コーデに軽やかさとキレをプラス。

▼白シャツならオフィス使いにも最適

ドラマチックなレースデザインの水色のタイトスカート。シンプルな襟つきの白シャツとヒールパンプスで、女性らしさも忘れないオフィスカジュアルコーデに。

秋冬コーデ

▼コーデュロイ素材で秋冬感を存分に演出

前後でアシンメトリーになっているコーデュロイスカート。1枚でも様になりますが、冬コーデに必須のチェック柄マフラーをと白のショートダウンをアクセントにしてこなれ感を演出。

▼肌触り抜群のスエード素材の水色スカートをモードに仕上げる

スリットの入ったタイトスカートを、黒アイテムで高級感とどこかセンシュアルな雰囲気を演出したモードスタイル。レオパード柄のスカーフを首に飾り、スパイシーに仕上げて。

水色≪デニムスカート≫コーデ

カジュアルの定番「デニムスカート」は、水色だと程よくこなれ感を出すことができるうえ、濃いめのデニムスカートに比べて誰にでも取り入れやすく、みずみずしい雰囲気をも演出してくれます。また、少しの工夫でカジュアルさも残しつつ、きれいめやフェミニンな着こなしも可能。あなたの「なりたい」に合わせて、お好みのデザインを選んでみて。

春夏コーデ

▼ロゴT×デニムスカートでとことんカジュアルに

「無地のTシャツじゃなくて、今日はもう少し遊んでみたいかも」と感じるときに取り入れたいのがロゴT。切りっぱなしのデニムスカートと合わせれば気取らないラフスタイルになります。大人に魅せるためには、靴はアンクルストラップサンダルやTストラップサンダルなどの、華奢に見せてくれるものを選んで。

▼ボーダートップス合わせで大人なマリンコーデ

先ほどのデニムスカートの着回しスタイル。切りっぱなしのデニムスカートと黒のボーダートップスなら、気取らない大人のマリンコーデに。小物は黒で統一してクールな雰囲気をかもし出しつつ、ヘルシーにきめて。

▼シンプルな白T合わせの愛されルック

ベーシックで着回しが効く白のノースリーブは、二の腕を華奢かつ女性らしく見せてくれます。ロングのデニムスカートの足元は、メッシュデザインのサンダルで涼しげに。小ぶりのピアスと手元のシルバーアクセサリーでシンプルコーデに差をつけて。

秋冬コーデ

▼大人カジュアルにきめたいときは、水色のロングデニムスカートを

デニムを贅沢にプリーツ加工したロングスカートは、1枚で存在感抜群。シンプルなざっくりニットとブラウンの小物合わせで、温もりを感じさせるカジュアルな装いがかないます。

▼大胆なスリットで程よく肌見せした秋スタイル

先ほどのデニムスカートの、秋の装い。ダブルボタンが施された可憐なフリルブラウスと合わせたきれいめカジュアルスタイル。肌寒くなってきた初秋には、薄手のコーデュロイジャケットを肩掛けしてこなれ感ときちんと感をプラス。

水色スカートに合わせる靴は?

「おしゃれは足元から」という言葉もあるように、水色スカートに合わせる靴もぜひこだわりたいところ。こちらでは、水色スカートを大人に仕上げてくれる靴3種類をご紹介します。ぜひ参考にして、着こなしの幅をグッと広げてみて。

パンプスで華奢見えかつコーデに立体感を

大人女子に欠かせないアイテムの一つといえばパンプス。シンプルなデザインのものだったら、水色スカートコーデの初心者さんにも取り入れやすいはず。中でもおすすめなのが、ポインテッドトゥパンプスラウンドトゥパンプス。足元をぐっと引き締めてくれるデザインを選ぶと、水色の爽やかさが引き立ち、魅力的に見せることができます。また、バレエパンプスなどのぺたんこデザインは、大人可愛く仕上げたいときにおすすめです。

目を引くサンダルで女性らしさを高める

太めのベルトが特徴的なコンフォートサンダルは、ラフにきまりつつ、花柄の水色スカートの魅力をぐっと引き出してくれる優秀アイテム。また、足首を華奢に見せてくれるアンクルストラップサンダルもおすすめです。

スニーカーなら程よくカジュアルに

定番のコンバースをはじめ、スニーカーと合わせることによってどんなコーデも程よくカジュアルダウンさせることができます。スニーカーのデザインは、水色スカートの丈に合わせて選ぶのがおすすめ。少し足首が見えるくらいのロング丈かマキシ丈だったら、それぞれの良さを引き立ててくれるローカットスニーカーミディ丈やミモレ丈ならハイカットスニーカーと靴下をちら見せして、足元のレイヤードスタイルを楽しんでみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW