FASHION

ドキっとする…!赤パンプス《初心者向け》レディなコーデ18選

2019/06/21

乙女心をくすぐる真っ赤なパンプスは、一足は持っておきたいレディなアイテム。けれど、強い赤だけに取り入れるのが難しい…… そう感じている人が実は多いのです。ここでは、そんな赤パンプスをどうやったら上手に取り入れられるかを、お手本スタイルとともにご紹介。ハイヒールやぺったんこといったタイプ別や、季節別の着こなしを盛り込んでいるので、チェックしてみて。

赤パンプスと相性のいいアイテムって?

まず、赤パンプスと「相性のいいアイテム」をご紹介。これを最初にマスターすることで失敗知らずなコーディネートが叶うので、チェックしてみて。

「ボーダー」できれいめルック

▼ボーダー合わせでフレンチシック

赤そのものに主張があるからこそ、その強さを和らげる白合わせがおすすめ。トップスにはボーダーを取り入れることで、まるでパリジェンヌのような気取らないフレンチシックが完成。

「チノパン」はいい女度を高めてくれる

▼ベージュチノパンで肌に馴染ませて

ボトムスカラーと赤パンプスが喧嘩しないように、ベージュチノパンで素肌になじませれば品の良い印象に。黒の五分袖Tと華奢ベルトを添えて、いい女度を更にアップ。

「ブルーデニム」でカジュアルさを

▼定番デニムとも相性抜群

真っ赤なバレエシューズを合わせることで、慣れ親しんだデニムの表情がチェンジ。トップスには柔らかな白シャツを合わせて、赤と青になじませて。

「ライダース」で攻めたスタイルを

▼振り切ってハンサムに取り入れる

赤を引き出すように、ライダースジャケットを添えるのもおすすめ。お互い強さのあるアイテムだからこそ、組み合わせることで統一されたムードが楽しめる。

「ネイビーカラー」はお互いを引き立てる

▼コントラストを強調して存在感を

ノーブルなネイビーにチャンキーヒールの強い赤。トラッドと新鋭を合わせることで、かえって互いが引き立った印象に。インナーはシンプルな白シャツとデニムを脇役として活用するのがバランスよく見せるコツ。

赤パンプスの種類で印象をチェンジ

赤パンプスといっても、「ハイヒール」や「ぺったんこ」など、ヒールの高さで印象が変わったり、ストラップがついているのかいないかでも雰囲気が異なりますよね。ここでは、数ある種類の中から特に人気の高い4つをピックアップ。

「ハイヒール」はレディに仕上がる

▼ポインテッドトゥで更に脚長に

一度は憧れた真っ赤なハイヒールパンプス、大人になった今こそチャレンジしてみない? ポインテッドトゥなら脚長効果が更にアップ。タイトスカートとの組み合わせで女っぽい下半身には、デニムジャケットでカジュアルダウンが今っぽい。

「ぺったんこ」で上品さを演出

▼ドット柄のムードにマッチさせて

ドットシャツやお利口な赤フラットシューズなら、上品な印象がたちまちアップ。ここでボトムスに綺麗めアイテムを合わせると、やや近寄りがたい印象に。カジュアルなデニムを添えることで、今っぽいテイストミックスコーデの完成。

「ストラップ付」は華奢ライン強調で女らしく

▼フレアスカート合わせで相乗効果を狙って

アンクルストラップ付きの真っ赤なパンプスなら、レディを引き出せるだけでなく華奢な足首を強調できるので女らしい印象に。対照的なフレアスカートと組み合わせることで、更に細さを強調。

「エナメル(リボン付き)」でフェミニンな要素を

▼カジュアルスタイルを華やかに

ボーダートップスやデニムに華やぎがあるのは、ツヤ感で女らしさがぐっと上がるエナメル赤パンプスを合わせているから。すっきりと足の甲が覗くので、程よい抜け感が加わりこなれ顔に。

【春夏】フレンチカジュアルに着こなして

真っ赤なパンプスを取り入れる上でお手本にしたいのが、パリジェンヌたち。さらりと赤を取り入れた、気取らないフレンチカジュアルは女性の憧れスタイル。上品さも備えていてMINE世代にぴったりなので、参考にしてみて。

「パンツスタイル」は足首見せがマスト

▼モノクロ合わせで赤を引き立てて

主張の強い赤は、すっきりと足首を見せることで抜け感を作るのが好バランス。赤が映えるように、定番の白黒と合わせたシンプル綺麗めルックをメイク。

▼足首見せなら後ろ姿も美人に

華奢な足首を覗かせつつ、足元をフレッシュに彩る赤パンプスを添えたら、後ろ姿まで美人なスタイルに。黒やインディゴブルーデニムなど、暗色を使って赤を映えさせればフレンチカジュアルな印象に。

「スカートスタイル」はボリューム感を出して

▼ヌーディカラーで肌とつなげて

フレアスカートとヒールパンプスの組み合わせは、女性らしくしたいときの定番。真っ赤なパンプスをポイントとして取り入れたら、スカートは素肌になじむベージュカラーがgoodバランス。

▼ふんわり黒スカートで赤の強さを和らげて

強さのある赤パンプスは、ふんわりシルエットが女性らしいフレアスカートで和らげて。中でも黒なら、落ち着いた印象もゲット。

次ページ> 【秋冬】差し色として投入
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW