FASHION

インナーダウン《ダサ見え注意報》オシャレなレディースコーデ19選

2019/12/25

春・秋・冬のおしゃれもしっかり楽しみたいけど、あたたかさも欠かせない人におすすめなのが“インナーダウン”。少しダサいイメージもあるインナーダウンですが、ポイントを押さえればサマになるアイテム。ふだんのアウターにインするだけではなく、トップスとのレイヤードでコーデのポイントにすれば着こなしを底上げできる! 寒い冬もインナーダウンを活用して、防寒対策もバッチリです。

インナーダウンとは?

“インナーダウン”とは名前の通り、アウターの下にインナーとして着用できるダウンのこと。基本的にはダウンや中綿が封入されているので、保温性がとても高くなっています。薄手なのに、しっかりとあたたかいのがインナーダウンの魅力。春・秋は一枚で着まわして、冬はお気に入りのアウターにインしてみて。

インナーダウンを取り入れるシーンは?

「アウトドア」

機能性が高いうえに、薄手のインナーダウンはアウトドアでも大活躍すること間違いなし! 動きやすいインナーダウンはアクティブに動いても大丈夫。脱ぎたいときは、コンパクトに収納できる優れものです。

「季節の変わりめ」

春・秋といった季節の変わり目は、コーデに困るという人も多いはず。寒暖差の激しい季節には、インナーダウンを手持ちのアウターに忍ばせて。インナーダウンを一枚持っていれば、アウターに悩む日も減るかも!

インナーダウンはどう選ぶ?“ダサく”ならないコツは?

【1】機能性を重視してみる

インナーダウンの機能性を見極めるのに重要なのが、「フィルパワー(FP)」。この数値が高いほど、軽くて暖かい良質なダウンウェアであることがわかります。ちなみにフィルパワー600以上が良質なダウンの目安。

【2】サイズ感・首元にこだわる

実は種類が豊富なインナーダウン。”丈感はショート~ロング”まであるのはもちろん、”首元の形(ラウンド、Vネック)”や”袖のある・ない”まで様々です。ここで注意してほしいのが、袖や裾がアウターからでないものを選ぶこと! スマートに着こなすためにおさえたいポイントです。

【3】合わせたいコートをイメージしてみて

インナーダウンを選ぶときは、手持ちのアウターとの相性を考えるのがベスト。インナーダウン初心者さんには、グレーやネイビーといった定番カラーがおすすめ。個性を出したい人は差し色カラーに挑戦してみるのもインナーダウンを選ぶ楽しみです。

<ロング丈アウター×ロング丈インナーダウンが定番!

ロング丈アウターには、“ロング丈インナーダウン”が一番馴染む組み合わせ。忍ばせ感覚でコーデにプラスできるので、定番カラーを選べば必ずコーデにマッチします。さらに、お尻まで覆ってくれるロング丈インナーダウンは寒い日の頼れる味方。

ノーカラーコート

アウターとインナーダウンの首元をリンクさせる

さりげなくインナーダウンを取り入れるには、コートの首元とリンクさせることがコツ。ラウンドのノーカラーコートには、首元がラウンドのインナーダウンを選べばgood! コートの上品をカジュアルにしすぎないコーデに仕上がります。

黒インナーダウンで引き締め効果

Vネックノーカラーコートの首元から黒のインナーダウンを見せることで、引き締め効果も期待できる。アウターと違う首元の形を選ぶことで、程よいアクセントに。

コートと同系色のインナーダウンが王道

インナーダウンの色に迷ったら、お気に入りのコートと同系色をチョイス。絶対にハズさないグッドバランスな色合いに。遊びゴコロも忘れずに、目を惹く鮮やかチェック柄ロングスカートで個性を発揮して。

<ロング丈アウター×ショート丈インナーダウン>でおしゃれトップス感覚

チェスターコート

ボタンを全部しめてトップス風に

インナーダウンのボタンを全部しめるのが新鮮! 存在感のあるチェック柄チェスターコートの中でトップスをシンプルに見せるのが、大人女子のカジュアルな装い。

Vネックインナーダウンでベスト代わりに

シャツワンピース×Vネックインナーダウンのボーイッシュさと上品さのMIXが愛らしいスタイル。インナーダウンをベストのように着たいときは、シャツワンピースが相性抜群なのは言うまでもありません。

カーキのインナーダウンは素敵な引き立て役

キャラクタートップスにロングコートだと少し物足りないコーデも、色味のあるインナーダウンをのぞかせるだけでこなれ感がでる。落ち着いたカーキは引き立て上手なんです。

トレンチコート

インナーダウンでカジュアルさを演出

上品なトレンチコートをカジュアルダウンしたいときは、インナーダウンをあえて加えてみるのも手。あたたかいだけではなく、コーディネート選びが自然とカジュアルに仕上がる!

ロングニットカーディガン

薄手のアウターにはインナーダウンが欠かせない

保温性がバッチリなインナーダウンをプラスすれば、真冬でもニットカーディガンをワードローブに入れられる! どんなときもお気に入りのアイテムを着まわせるのが、インナーダウン最大の魅力。

<ショート丈アウター×ショート丈インナーダウン>でコンパクトに

ショート丈アウターには、“ショート丈インナーダウン”の一択! インナーダウンが裾から見えないものを選ぶのが基本です。全体的にコンパクトに仕上がるので、シルエットがスマートなのがうれしい組み合わせ。

ブルゾン

ラウンド型の首元と同色のカーキのインナーダウンを選んで、ブルゾンとリンクさせて。アウター以外を黒で統一すると、カーキが映えて大人っぽい都会的な印象に。

デニムジャケット

ジージャン×Vネックインナーダウンは、首元がすっきりするので抜け感がでます。Vネックからみえるトップスは、明るい色で顔周りを明るく演出するのがベター。

<インナーダウン>を一枚で着こなしてみる

一枚でも十分にあたたかいインナーダウンは重ね着しなくても、普段のカジュアルコーデにマッチします。ルーズさやラフさがでるので、程よくカジュアルダウンしたいときにはインナーダウンをアウターとして投入して。

<袖あり>ロング丈インナーダウン

ブラウンインナーダウン

柔らかく、落ち着いた印象に仕上がるブラウンのインナーダウンは大人カジュアルとベストマッチ。ラフになりすぎないように、女性らしさも交えたスタイリングにまとめて。

カーキインナーダウン

ルーズになりすぎないように、黒のアイテムで上品さをちりばめれば失敗なし。インナーダウンを抜擢すれば、黒×カーキの辛口カラーで統一感のあるスタイリングに早変わり。

<袖なし>ショート丈インナーダウン

Vネックのインナーダウン

涼しくなり始めた頃に最適なのが、袖のないインナーダウン。デイリーカジュアルにアウトドアのニュアンスをプラスしてくれる。いつもと違う雰囲気に仕上げたいときはインナーダウンを気軽に羽織ってみて。

<袖あり>ショート丈インナーダウン

ラウンドのインナーダウン

定番なシルエットに合わせるように、シンプルな袖のあるインナーダウンをセレクト。ルーズなコーデだからこそ、メンズサイズのインナーダウンを取り入れてバランスを意識して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW