初心者向け【ランニングの服装】の選び方と《季節・時間帯別》コーデ集
FASHION

初心者向け【ランニングの服装】の選び方と《季節・時間帯別》コーデ集

2020/04/02

リフレッシュ目的や、運動不足解消で始める「ランニング」。気軽に始められるため、人気も高く、ランニング用のスポーツウェアは品揃えが豊富。運動をする上で、正しいアイテムを選んで、より高い効果を得て。

【基本編】初心者がそろえるランニングウェアはこの5点

  1. スポーツインナー
  2. Tシャツ
  3. ショートパンツ
  4. スポーツ用のレギンス・タイツ
  5. ランニングシューズ

ランニングを始める初心者さんがそろえるべき基本のウェアをご紹介。それぞれパフォーマンスを上げてくれたり、肌を守ってくれたりとしっかりとした理由があるので、特徴を押さえた上で取り入れてみて。

【1】実は重要!スポーツインナーをそろえよう

運動をするときは、いつものブラではなくしっかりスポーツインナーを着用することが大切。スポーツインナーは、運動をする上でさまざまな効果を発揮してくれるのです。
筋肉の揺れを軽減し、体力の消耗を抑えてくれたり、生地と皮膚の擦れを防止したりする効果も。さらにスポーツ用ブラは、胸が揺れるのを防ぎ、大事なクーパー靭帯が傷つくのを防止する効果があるので、女性なら押さえておきたいポイント。

▼パフォーマンスだけでなく気持ちも上げるスポーツブラ

パフォーマンスだけでなく気持ちも上げるスポーツブラのコーデ画像

体力の消耗を抑えつつ、パフォーマンスを上げてくれるスポーツブラ。スポーツブランドロゴが入ったものなら、運動をする上でやる気のスイッチも押してくれそう!

【2】吸湿速乾性のあるTシャツで快適に走ろう

いざランニングを始めたときに、ベタベタ汗が気になるとストレスに感じて続かない、なんてことも。吸湿速乾など機能性の高いTシャツなら、汗をかいてもサラッとした状態にすぐに戻るので、快適にランニングを続けることができます。綿よりも吸湿速乾性に優れたポリエステル素材のものがおすすめ。

▼クラシカルな黒Tシャツで体型カバーも叶えて

クラシカルな黒Tシャツで体型カバーのイメージ画像

吸湿速乾だけでなく、ほどよくゆとりのあるサイジングで動きやすさも考慮すると◎。腕まわりのメッシュデザインは、熱をこもらせないだけでなくファッション観点からしてもパーフェクト。

【3】ショートパンツが走りやすい

)ボトムスを選ぶとき、走りやすさを重視するならショートパンツがおすすめ。身軽さが快適な上、脚を出すことで見られている意識が上がり、より力が入るかも……!? 生足が気になる人はタイツやレギンスと合わせて。

▼ショート丈で快適さアップ

ショート丈で快適さアップしたコーデ画像

ショートパンツの利点といえば、やはり快適なところ。しかし着る上で、やはり気になるのが露出の多さ。そんなときは、ボトムスの色と合わせたパーカーで肌見せ面積を減らして。

【4】穿けばメリットだらけのタイツ・レギンス

ランナーを見ていると、タイツやレギンスを穿いたり、ショートパンツと重ね着している人を多く見かけませんか? 実は、露出を抑えたいという理由だけでなく、メリットが多くあるから着用しているのです。
例えば、防寒やUV対策、外部刺激から肌を守る効果のほか、筋肉がブレるのをサポートして疲れにくくするなど、さまざまなメリットがあります。

▼定番の黒から始めてみて

定番の黒かのコーデ画像

脚のラインがしっかり出るスポーツレギンスは、まずは引き締め効果のある黒から始めてみて。さらに上にショートパンツを重ねれば、お尻や太ももをカバーすることもできます。

【5】ランニングシューズで足を守る

いつものファッションスニーカーでランニングするのは言語道断! 足に負担がかかるからこそ、怪我防止のために専用シューズをしっかり着用するのがランニングの基本。

▼伸縮性に優れた軽量スニーカーでパフォーマンスアップ

伸縮性に優れた軽量スニーカーのイメージ画像

スニーカーを選ぶときは、激しい足の動きに耐えられるような伸縮性のよいものをチョイスしてみて。また、軽いタイプのものなら足に負担がかかりにくく、怪我の防止にも。個々の足の形や走り方に合ったスニーカーがあるので、専門店の人に相談して熟考するべし!

ランニングの服装【春夏編】

より快適なランニングを叶えるためにも、季節ごとの衣類調整は欠かせません。肌寒さの残る春には通気性のよいパーカーや長袖で調節を。夏は吸水速乾性に優れたウェアとキャップで暑さ対策を行って。

ブラタイプのインナーには、ロング丈ボトムスと羽織りもので温度調整を

▼スポーツインナー×パーカー×タイツ

スポーツインナー×パーカー×タイツのコーデ画像

温度差のある春だからこそ、羽織りものはマスト。温度調整できる上に、肌をカバーして露出をセーブしてくれるので、ブラタイプのインナーだけでは恥ずかしい、なんて人にもおすすめ。おそろいカラーのタイツで足元もカバーしつつ、冷え対策を行って。

ショートパンツ×タイツで動きやすさバッチリ

▼ショートパンツ×タイツ×キャップ

ショートパンツ×タイツ×キャップのコーデ画像

動きやすい上に、疲労がたまるのを防止してくれるなどメリットだらけのスポーツタイツには、ショートパンツを重ねて気になる太ももをカバー。ピンク×黒で統一してファッション感度も高めれば、ランニングがますます楽しくなりそう。

ノースリーブ×スウェットパンツで垢ぬけランニングスタイル

▼ノースリーブ×スウェットパンツ

ノースリーブ×スウェットパンツのコーデ画像

ファッション性も重視したい人は、こんなスタイルはいかが? 腕まわりの快適さを叶えるノースリーブスポーツトップスに、テーパードシルエットのスウェットを合わせて美体型を作って。ポイントにネオンカラーのスニーカーを添えて、アクティブなムードをさらにアップ。

ランニングの服装【秋冬編】

秋は春同様、通気性がよく軽いパーカーやジャケットをプラスするのがおすすめ。11月から12月にかけては、秋に着ていた薄手ジャケットでも走れますが、1月や2月の真冬に入ると、身体が冷えすぎてしまう心配が。そのため、保温性が高く、防寒・防風対策のしっかりしたウインドブレーカージャケットを羽織るようにしましょう。

ジャケットスタイルで防寒バッチリ

▼ポリエステルジャケット×タイツ

ポリエステルジャケット×タイツのコーデ画像

防寒バッチリなスポーツジャケットは、袖口の伸縮性も高くノンストレス。トップスの色と合わせたレギンスで統一感も意識して。

▼ナイロンジャケット×耐水性パンツ

ナイロンジャケット×耐水性パンツのコーデ画像

風を通しにくく、防寒性に優れたナイロンジャケットと、七分丈で動きやすい耐水性パンツの組み合わせなら、寒い冬でも快適にランニングが楽しめる。

保温性のある長袖トップス

▼スポーツパーカー×スウェットパンツ

スポーツパーカー×スウェットパンツのコーデ画像

ボア&ナイロン製のパーカーなら、寒さの厳しい季節のランニングにぴったり。足元は吸水性の高いスウェットパンツを合わせれば快適。

時間帯別「朝・夜」服装選びのポイント

ランニングをするときに、朝と夜では違うアイテムを採用するのがおすすめ。例えば、気温の変わりやすい朝には温度調整が可能なアイテムを取り入れたり、一日を始めるためのテンションを上げてくれるファッション感度の高いものを取り入れたりしてみて。夜には、暗さ対策ができるものを取り入れて、事故を防止するのがおすすめ。

【朝ランニング】防寒対策とテンションの上がるウェア選びがポイント

▼アームカバーが温度調整しやすい

アームカバーが温度調整しやすいコーデ画像

気温がだんだんと上がってくる朝には、アームカバーを取り入れて温度調整をしてみて。レギンスにフレアミニスカートを重ねて気持ちをアップ。

【夜ランニング】とにかく暗さ対策が重要!

▼明るい色、リフレクター機能搭載の服を選ぼう

明るい色、リフレクター機能搭載の服を選んだコーデ画像

暗い夜道でランニングをするのは、事故につながる可能性もあり、何かと危険なもの。暗闇に溶け込まないような明るい色を取り入れたり、リフレクター機能のあるウェアを選んで危険を防止して。

【あると便利!】ランニングアイテム

基本のランニングウェアがわかったら、あると便利な「プラスα」のアイテムをご紹介。それぞれの特徴を押さえて、ランニングの質をアップ!

キャップで紫外線対策

▼Tシャツ×タイツ×キャップ

Tシャツ×タイツ×キャップのコーデ画像

紫外線対策になるだけでなく、直射日光を遮るので熱中症や熱射病対策にもなるキャップ。ファッションの観点からも、コーデのポイントになってくれるので、ひとつ持っておくと便利。

耐水性パーカー・パンツで雨対策

▼耐水性パーカー×タイツ

耐水性パーカー×タイツのコーデ画像

雨に備えて耐水性のある上下をそろえておくと、とっても便利。目を引く柄アイテムを取り入れて、雨の日の憂鬱な気分を吹き飛ばして。

ランニングポーチで身軽に走ろう

ランニングポーチのイメージ画像

ランニング中の急な連絡に対応したり、気持ちを上げるために音楽を聴きたかったりする人に欠かせない携帯。収納に困る携帯は、専用のウエストポーチがあれば便利。他にも、家の鍵を収納するためのミニポーチなどがあるので、お気に入りを見つけてみて。

スポーツサングラスで人目を気にせずランニング

スポーツサングラスのイメージ画像

紫外線から瞳を守り、視界をクリアにしてくれるので、何かと便利なスポーツサングラス。周囲の視線が気になる人も、サングラスでカバーすることができるので取り入れてみては?

ランニング用靴下で足への負担を軽減

ランニング用靴下のイメージ画像

足底を上げる快適フィットで、ランニングやウォーキング時の足への衝撃を吸収します。汗をかくランニングには、吸汗速乾・抗菌防臭機能もある靴下なら、なおよし。

ランニングウォッチで計測しよう

ランニングウォッチのイメージ画像

走った距離や心拍数だけでなく、消費カロリーや睡眠の計測、ミュージック機能まで搭載されているものもあるランニングウォッチ。アプリと連携させれば、日々の計測がより楽しくなることまちがいなし!

ボトルポーチで水分補給をしっかりと

ボトルポーチのイメージ画像

ランニング前後だけでなく、走行中も水分補給は大事。ボトルポーチであれば体にフィットするので、走行中もペットボトルを取り出して水分補給ができます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW