【色黒さん】に似合うファッションは『パーソナルカラー』で、違う!
FASHION

【色黒さん】に似合うファッションは『パーソナルカラー』で、違う!

2020/02/21

色黒さんは、洋服の色を合わせるのが難しい……。似合うコーデがなかなか見つからず苦労している方も多いみたい。しかし、色黒を活かしておしゃれに見せるコーデの作り方をマスターしておけば、その悩みは解消できます! そこで、『パーソナルカラー』別にコーデのポイントをご紹介。コツは色選びにあり!

色黒さんには2つのタイプがある

一言で“色黒”といっても、実は《イエローベース》と《ブル-ベース》の、ふたつのタイプがあるんです。まずは自分がどちらのタイプなのかを確認しましょう。

イエローベース

イエローベースのイメージ画像

日本人に多いとされるイエローベース、通称イエベさんは、黄色味の強い肌色が特徴。日焼けをすると肌が小麦色になるほか、目や髪の色素が薄いことでも知られています。ヘルシーな雰囲気があるので、暖色系やゴールドなどの色が似合います。

ブルーベース

ブルーベースのイメージ画像

肌の青味やピンク色が強いブルーべースのブルべさん。日焼けをすると真っ赤になって、そのあと元の色に戻るのも特徴です。上品でおしとやかな雰囲気をもち、真っ黒な目と髪でも重たくなりません。はっきりしたビビッドカラーやシルバー系が似合います。

イエベ《スプリング》なら暖色をチョイス

フレッシュで明るく親しみやすい印象を与えてくれる、イエベのスプリングさん。日焼けした肌と相性のいいオレンジや、少し黄色が入ったアイボリーなどが似合います。

春夏コーデ

▼白シャツ×オレンジパンツ

白シャツ×オレンジパンツのコーデ画像

1枚で主役になれるオレンジのスラックスパンツ。黄色味が強い小麦色の肌との相性も抜群! ヘルシーな雰囲気があるので、少し甘めのトップスでも甘くなりすぎないのがいいところ。

▼イエローワンピース

イエローワンピースのコーデ画像

イエローの服を選ぶときは、少しくすんだイエローをチョイスすると◎。小麦色の肌をおしゃれに見せてくれます。キュートな魅力のあるスプリングさんは、足元にベージュを入れて大人っぽさをプラスすると、よりGOOD!

秋冬コーデ

▼アイボリープルオーバー×カーキパンツ

アイボリープルオーバー×カーキパンツのコーデ画像

▼サーモンピンクニット×グレープリーツスカート

サーモンピンクニット×グレープリーツスカートのコーデ画像

黄色やオレンジが入ったサーモンピンクも、イエベのスプリングさんが得意な色! 「ピンクが似合わない」と思いがちな大人女子でも、サーモンピンクなら手を出しやすいのでは。ボトムスはグレーで落ち着いた雰囲気を醸し出すとコーデしやすい!

アースカラーが似合うのは、イエベ《オータム》

シックで落ち着いた雰囲気のあるイエベのオータムさんは、色も落ち着きのあるアースカラーが似合います。温かみと女性らしさを兼ね備えたボルドーも大得意。

春夏コーデ

▼深みレッドのスカーフ柄ワンピース×クリアヒール

深みレッドのスカーフ柄ワンピース×クリアヒールのコーデ画像

ディープ柄ワンピースも、色黒さんだからこそ似合うベストアイテム。大胆な柄ですが、オータムさんのもつ小麦色のヘルシーさでスマートな装いに。肌見せもいやらしくならず、おしゃれに決まります。

▼カーキトップス×ベージュフレアパンツ

カーキトップス×ベージュフレアパンツのコーデ画像

ベージュを着こなすときは、アースカラーでまとめればオータムさんに似合うコーデが実現。カーキをMIXすればコーデにメリハリ感も生まれて好バランス。ヘルシーな肌見せ&ナチュラルなハットで、春夏らしい装いに。

秋冬コーデ

▼ボルドースカート×デニムジャケット

ボルドースカート×デニムジャケットのコーデ画像

鮮やかな色は派手な気がして勇気が出ない……。そんなオータムさんはディープカラーのボルドーから挑戦してみて。ボルドーのタイトスカートとデニムジャケットでカジュアルに仕上げてみよう。深みのある色合いなので、抵抗なく着こなせる。

▼ブラウンボアコート×レオパードバレエシューズ

ブラウンボアコート×レオパードバレエシューズのコーデ画像

秋冬コーデの主役、アウター選びこそ自分に似合う色をチョイスするべき。オータムさんは赤みが入ったコーヒーブラウンが表情を明るくしてくれるのでおすすめ。かわいらしいボアコートは、ヒョウ柄バレエシューズを合わせてスパイシーに。

パステル系で印象が明るくなるブルベ《サマー》

ソフトで上品な顔立ちの多いブルべのサマーさん。パステルカラーを合わせると、より透明感が出て洗練された印象に。エレガントな雰囲気にもマッチします。

春夏コーデ

▼白シャツ×ラベンダースカート×黒バッグ

白シャツ×ラベンダースカート×黒バッグのコーデ画像

顔から距離のあるボトムスなら、サマータイプの色黒さんでもパステルカラーを取り入れやすくなります。黒の小物でコーデを引き締めると、よりGOOD。ラベンダースカートにキャップを添えて、大人カジュアルに仕上げて。

▼ブルーシャツ×デニム

ブルーシャツ×デニムのコーデ画像

顔に近いトップスにパステルカラーを取り入れたいときは、やわらかい素材のガーゼシャツをチョイス。春らしいさわやかな装いにブルーのシャツがよく映えます。デニムを合わせたワントーンコーデの足元は、クールに黒でキメて。

秋冬コーデ

▼ミントグリーンスウェット×アイボリーパンツ

ミントグリーンスウェット×アイボリーパンツのコーデ画像

パステルカラーを色黒さんが着こなすときは、甘すぎないデザインで投入するのがポイント。スウェットならカジュアルに着こなせるのでおすすめです。ラフに袖をまくって手首を見せることでメリハリをつけて。

▼パステルピンク×デニム

パステルピンク×デニムのコーデ画像

甘さ強めのパステルピンクニットは、ダメージデニムでカジュアルダウン。ちょっとハードなアイテムをMIXすれば色黒さんの雰囲気になじんで、パステルピンクもクリアできるはず。前だけタックインでシルエットもこなれさせて。

ブルべ《ウィンター》は、はっきりした色で華やかに

クールでシャープな印象の強いブルべのウィンターさん。真っ黒の髪や瞳が特徴的です。顔立ちもはっきりしているので、色もビビッドカラーなどがよくマッチします。

春夏コーデ

▼赤タンクトップ×デニムスカート

赤タンクトップ×デニムスカートのコーデ画像

ビビッドカラーのなかでも赤やピンクなどの暖色系は、色黒肌をより健康的に見せてくれるのでイチオシ。はっきりした赤のトップスは、デニムスカートと合わせたら着こなしやすい。スニーカーもデニムに合わせた濃い色を選んで統一感を。

▼黒ワンショルダーワンピース×カラータックパンツ

黒ワンショルダーワンピース×カラータックパンツのコーデ画像

モノクロが似合うのもウィンターさんの特徴。アシンメトリーなワンショルダーワンピースが、モードな雰囲気とほどよくマッチ。ブルべタイプと相性のいいブルーのボトムスを合わせて、スタイリッシュなコーデに。

秋冬コーデ

▼ベージュトレーナー×赤パンツ

ベージュトレーナー×赤パンツのコーデ画像

派手な色の取り入れ方に悩む方は、まずは合わせやすいベージュとコーデしてみましょう。こちらは、色黒の肌と溶け合うベージュのトレーナーに、鮮やかな赤のパンツを合わせたモードスタイル。小物やシューズは黒でまとめて。

▼ビビッドピンクニット×ドット柄スカート

ビビッドピンクニット×ドット柄スカートのコーデ画像

コーデするのが難しいビビッドピンクを着こなせるのは、ウィンターさんの特権。ガーリーなテイストのビビッドピンク×ドット柄でも甘すぎなくてイイ感じ。小さめドットとショートブーツが、ちょっぴり大人な気分に仕上げてくれる。

色黒さんに似合うドレス《パーソナルカラー別》

結婚式やおよばれのときなどに何かと必要になるドレス。普段のファッションよりもコーディネートするのが難しいという声も。そんな悩める女子たちに、パーソナルカラー別のおすすめドレスをご紹介! 白系、カラー系別に見ていきましょう!

《スプリング》

▼アイボリーのドレス

アイボリーのドレスのコーデ画像

スプリングタイプの方は、黄色味が入ったアイボリーのドレスがイチオシ。全体が花柄のレースになっているガーリーなタイプでも、アイボリーなら大人っぽく魅せてくれます。

▼サーモンピンクのドレス

サーモンピンクのドレスのコーデ画像

カラードレスはサーモンピンクをチョイス。スプリングさんが持つチャーミングな雰囲気にとてもマッチします。パンツタイプでもサーモンピンクの華やかさで、かわいらしく仕上がります。

《オータム》

▼シャンパンゴールドのドレス

シャンパンゴールドのドレスのコーデ画像

小麦色の肌とよく合うシャンパンゴールドのドレスが似合うのはオータムさんだけ! 色黒の肌をゴージャスに演出してくれます。髪の毛もほどよいルーズさをだして色っぽくしてみましょう。

▼グリーンのドレス

グリーンのドレスのコーデ画像

深みのあるターコイズグリーンは、上品さ、かわいらしさ、清楚感すべてを兼ね備えている完璧ドレス。ベルトやバッグなどは極力、目立たせないよう小さめに。こっくりとした色合いのドレスで女性らしさをアピールして。

《サマー》

▼オフホワイトのドレス

オフホワイトのドレスのコーデ画像

ふんわりしたイメージのブルべサマーさんは、白よりオフホワイトを選ぶと◎。上半身のレースとロングスカートで小顔効果を狙いつつ、大人っぽい印象に。ウエストラインに重ねたパールのベルトで、コーデに上品なメリハリが誕生。

▼パステルブルーのドレス

パステルブルーのドレスのコーデ画像

華やかなパステルブルーのロングドレスは、上半身のレースと小物で上品さを前面に押し出して。丸襟からデコルテラインをのぞかせて、抜け感とシャープさをプラス。パステルブルーのドレスが肌に透明感を与えてくれる。

《ウィンター》

▼純白のドレス

純白のドレスのコーデ画像

きりっとした印象が残るウィンターさんは、純白のドレスと相性抜群。学校行事にも着ていけるセットアップ風のドレスは、黒のラインが入ったモノトーンでクールビューティーに。白黒のはっきりしたコーデなので、ヘアスタイルはルーズに仕上げてギャップを狙おう。

▼ロイヤルブルーのドレス

ロイヤルブルーのドレスのコーデ画像

ビビッドカラーが得意なウィンターさんへのおすすめカラードレスは、ロイヤルブルー。鮮やかな濃い色でも重くならず、レースが華やかな抜け感を演出してくれる。高い位置でウエストマークしてスタイルアップを狙って。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW