FASHION

オーバーオールとサロペット違いを図解!【カラー別】お手本コーデも要チェック

2019/07/11

「オーバーオール」と「サロペット」という名前はよく聞くけれど、違いがいまいちわからない……。今回は、混同しがちな2つの違いについて徹底解説。それぞれのカラー別お手本コーデも紹介しているので、きっとお気に入りコーデが見つかるはず。

Iラインを強調して脚長シルエット

色なじみの良い白×ベージュの柔らかな配色は、インナーがノースリーブだからこそ綺麗なIラインが作れる。ヒール付きのブラウンサンダルを合わせて、スタイルアップ効果をさらに上げて。

インナーを変えて印象チェンジ

ベージュの柔らかさを引き立てるなら、繊細な白地ボーダートップスが好相性。ルーズなオーバーオールには、引き締め効果のある黒のボディバッグをウエスト位置に持ってくることで、ゆるすぎない印象に。

「ブラウン」オーバーオール

全体を落ち着いたトーンでまとめて

ほっこり感が強くなりがちなコーデュロイオーバーオールは、まずはダークブラウンをチョイスして大人らしく。合わせるアイテムも、黒やボルドーなど落ち着いた配色を意識することで大人に着地。

ブラウンならショート丈も大人顔に

ショート丈オーバーオールも、大人らしさを備えたダークブラウンをチョイスしてみて。コットントートバッグやビーチサンダルを添えて、夏の大人アクティブスタイルをメイク。

【サロペット】カラー別コーデ

「オーバーオール」よりも女っぽく仕上がる「サロペット」。 胸元が開いているデザインが多く、インナーを変えて雰囲気の違いを楽しめるのもポイント。見た目にサロペット感がありながら、脱ぎ着がとっても楽ちんな「サロペットスカート」にも注目したいところ。定番の形を持っている人は、ぜひ一味変わった形にもトライしてみて!

「ブルーデニム」サロペット

白のニットで甘めの印象に

ピュアな白ニットとデニムサロペットは幼くなりがち? 実は、繊細なストラップだからこそ子供っぽくなる心配もないのがサロペット。さらに、ボトムス部分がストレートラインのものを選べば、カジュアルになりすぎない。

デニム以外は黒でそろえて細見え

黒アイテムを合わせで引き締め効果を狙ったサロペットスタイル。カジュアルなデニムやスポーツサンダルの組み合わせも、トップスにリブノースリーブを選ぶことで女らしさを差し込める。

「黒」サロペット

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW