秋服は【いつから】着るべき?

秋服は【いつから】着るべき?のイメージ画像

現在の暦では、秋というと《9月~11月》のこと。ところが、この時期は気温の変動が激しく、コーデに悩みやすいもの。東京の10月中旬までの平均気温は20℃前後のため、厚手のニットを着るにはまだ早く、11月に入ると20℃以下を下回る日が続くので、アウターが必須に

秋服への衣替えは『徐々に』が正解

秋服への衣替えは『徐々に』が正解のイメージ画像

気候が変わり、9月になると「そろそろ衣替えの季節かな……」と感じる方も多いでしょう。しかし早く衣替えを始めると、残暑の日に着るものに困ってしまうことも。秋服の衣替えは、9月中旬から意識しはじめ、少しずつクローゼットを入れ替えていくとよいかも。

\冬の新作をチェック!/

2020年秋服のトレンド【素材・アイテム】

まずは今季トレンドの「素材」や「アイテム」から見ていきましょう。世界各地のファッションショーで発表される最新トレンドから、いち早くご紹介!

  1. コーデュロイ素材
  2. 乗馬スタイルがくる!?
  3. タッセルやフリンジがおしゃれ

コーデュロイ素材

2019年から人気のコーデュロイ素材。今季のトレンドにも上がっています。見た目もあたたかく、肌ざわりも抜群なので、秋コーデにピッタリな素材です。

乗馬スタイルがくる!?

世界のコレクションで発表されたスタイリングのなかに、なんと乗馬スタイルがランクイン! ピタッとしたスキニーやレギンスにロングブーツを合わせて作る乗馬スタイルは、スタイルアップ効果も抜群。

タッセルやフリンジがおしゃれ

タッセルやフリンジが付いたアイテムが今季のトレンドのよう。秋冬定番のケーブルニットも、フリンジ付きなら、おしゃれに格上げ。ピアスなどでも簡単に取り入れられるアイテムです。

押さえるべき2020年の【トレンドカラー】

次はトレンドのカラーや柄を押さえて、最新のコーデを楽しみましょう!

  1. オールブラック
  2. セルリアンブルー
  3. モダングランジ

【1】オールブラック

パリファッションウィークでは、シックなオールブラックスタイルを提案するブランドが多数。一見、挑戦しやすそうなブラックコーデですが、重くのっぺりした印象になりがちなので、異素材MIXなどでメリハリをつけてコーデすると◎。

【2】セルリアンブルー

2020年の流行カラーは「クラシックブルー」。そこからインスパイアされた「セルリアンブルー」が今季のトレンドカラーにランクイン! 一点投入するだけで、コーデをきれいめにグレードアップしてくれる大人女子必見の色です。

【3】モダングランジ

「グランジファッション」とは、アメリカのグランジ・ロックから生まれたファッション。色落ちしたダメージジーンズや、ネルシャツなどが特徴です。トレンド入りしたモダングランジでは、現代風のガーリーMIXや90年代の不良っぽさがポイント。

\秋の着こなしをアプリで見るける!/

【春服】と兼用できる?

秋と春は気候が似ているため、アイテムを兼用で使うことが可能。ただし、明るいカラーが多い春服に比べて、深いカラーが好まれる秋服。アイテムの色使いを意識すると、着こなしに失敗しません。

【30代・40代】大人女子のトレンドコーデ

ここからは、トレンドを押さえたお手本の秋コーデをご紹介。おしゃれに敏感な大人女子なら、知っておきたいスタイリングが盛りだくさん!

大人かわいい《スカート・ワンピース》

▼フリンジスカートで旬を取り入れて

トレンドの「フリンジ」をスカートで取り入れたきれいめコーデ。爽やかな白×グリーンは春コーデにも使える配色だけれど、フリンジでグレーを取り入れれば一気に秋っぽい仕上がりに。ボディラインが見えるタイトスカートも、フリンジ付きなら挑戦しやすい。

▼ミニスカートのレイヤード

黒アイテムのなかで目立つカラーニット。重くなりがちな黒コーデは、異なる素材を組み合わせたり、スキニーの上からエプロン風にミニスカートをレイヤードしたりして、奥行きをメイク。黒のボアジャケットで、モードスタイルにかわいさをプラス。

▼フェミニンチュールスカートでかわいらしく

「令和カラー」のパープル系も上手に取り入れておしゃれ上級者に。フェミニンムード全開なチュールスカートも、パープルならほどよい甘さで大人女子でも取り入れやすい。他のアイテムを黒でまとめれば、スニーカー合わせでもエレガントな装いに。

▼デザインプリーツスカートで奥行きをメイク

ダークカラーアイテムはほっこり秋らしいけれど、コーデが重たくなりがち……。そんなときは、スカートの半分にプリーツが施された、デザイン性のあるものをチョイス! フェミニンな印象のプリーツも、半分なら甘さひかえめに。

▼ワンピースにプリーツスカートをINしてグレードUP

リラックス感のある半袖ワンピースにプリーツスカートをINして、無難なカジュアルスタイルからグレードUP。ブラウン×ホワイトで全体を統一すると、さらに秋らしく上品な印象に。濃い色がメインの装いなので、まとめ髪でヤボったさを回避するのが重要なポイント。

▼さりげない裾のフリンジがかわいい

女性らしいAラインスカートの裾にフリンジがついたスカートで、トレンドを押さえてみて。秋らしいチェック柄×グレーの配色が一気におしゃれ度をアップしてくれる。オフホワイトのショートブーツで、足元に明るさをプラスして。

▼コーデュロイのシャツワンピースで見た目もあったかく

ワンピースを羽織りものとして使うのも、おしゃれ指数を上げるテクニックのひとつ。ロング丈が大人っぽさを際立て、マンネリ化しがちなデニムスタイルを一新してくれる。ベージュやキャメルで全体をまとめると、秋らしいコーデに。

▼コンサバをショート丈ジャケットでカジュアルダウン

コンサバになりがちなタイトスカートをカジュアルダウンしてくれるショート丈ジャケット。襟を抜いて着こなしやすいので、ゆるく羽織ってこなれ感を演出してみて。全体でグラデーションになっているのも、コーデがまとまって見えるポイント。

《ボトムス》でハンサム女子に

▼秋色パンツ×薄手ニット

少し残暑が残る秋は、コーデに迷ってしまうことも多いはず。そんなときは、着まわしやすい薄手ニットが万能! 秋らしい深いパープルともなじみやすいので、一枚持っておくと便利。

▼ピリ辛アクセントはバッグでON

保温性が高いニットなら一枚でも快適に過ごせて、この時期ならではのスタイリングも楽しめる。秋コーデと好相性なレオパード柄を小物に取り入れるのも、大人女子らしいテクニック。

▼フリンジトップスのビーチスタイル

定番デニムスタイルも、トレンドのフリンジトップスを合わせれば、旬スタイルに早変わり。くすみブルーのデニム×ブラウンコーデで、秋のビーチスタイルを楽しんで。おしゃれなストローハットも、デニムコーデを格上げするポイント。

▼黒×ベージュのモノトーン

ブラックコーデが主流になってくる寒い時期は、ベージュのモノトーン合わせが大人っぽくて◎。切りっぱなしデニムとブーティの間から足首を見せて、コーデに抜け感ををプラス。

▼乗馬ブーツでトレンドを先取り

乗馬ファッションにチャレンジしてみたい人は、黒スキニー×黒ロングブーツを合わせてみて。脚長効果も抜群で、大人の女性らしいきちんと感も出してくれる組み合わせ。ベージュのジレを合わせれば、より縦のラインを意識できる。

▼セットアップなら即おしゃれ見え

実は今季のトレンドには「セットアップ」もランクイン。ロングシャツワンピースとワイドパンツのセットアップなら、旬コーデが即完成。おしゃれ見え抜群で、コーデする時間も短縮できる優秀アイテムです。

▼現代MIXグランジファッションはきれいめに

ライダースも「グランジファッション」には欠かせないアイテムですが、ブルーデニムとパープルニットを合わせて、きれいめに仕上げれば今どきな雰囲気に。八分丈デニム×ショートブーツの間からチラリと肌見せさせて絶妙な丈感を意識。

▼やっぱりシンプルコーデが一番

どんなコーデにも合わせやすいベージュのロングコート。シンプルなニット×パンツの上に羽織ることで、大人女子がもつ上品さを醸し出して。足元にさりげなくエナメルの光沢感を取り入れれば、よりエレガントな仕上がりに。

大人女子にぴったりな「GU(ジーユー)」で作る秋服コーデ集

最後に、大人女子に人気の「ジーユー」のアイテムを使ったコーデをご紹介。プチプラで最新トレンドを押さえた、おしゃれなコーデを楽しもう!

ピスタチオニットがコーデを大人顔に

秋らしいニットカーディガン×ワイドパンツで、人気のゆるスタイルをメイク。インナーのニットはピスタチオ色をチョイスして、コーデを大人顔にグレードアップ。バッグと靴はベージュでそろえて、より大人っぽさを意識して。

ブルー×ブラウンのおしゃれ配色

見た目も暖かそうなブラウンのタートルネックに、トレンドのブルーパンツを合わせて、おしゃれ配色コーデに。きれいめなカラー合わせなので、スニーカーを合わせてもカジュアルになりすぎないのがうれしい。

シャツを使ったオフィスコーデ

気温の変動が激しい秋は、羽織りものを一枚持っておくと便利。とろみ素材のシャツ、キャミソール、パンツを合わせればオフィスコーデに早変わり。まくった袖から見えるブレスレットで女っぽさを醸し出して。

2020年トレンドのハーフパンツセットアップ

「セットアップ」のなかでも、とくにハーフパンツのセットアップが今年は流行する模様! ハイウエストのハーフパンツで、気になるお腹まわりやお尻まわりもカバーできるのがうれしい。

スカートと色を合わせてセットアップ風に

同じ色の組み合わせで、セットアップ風に仕上げるのもアリ。ハンサムなグレーのジャケットも同色のスカートと合わせれば、セットアップ風な着こなしに。チェック柄の配色がかわいらしいミニスカートで、ジャケットとのバランスを整えて。

\秋の新作をチェック!/

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW