FASHION

サッカー観戦【初心者向け】失敗しない服装と持ち物リスト

2019/11/27

【女性必見】「初めてのサッカー観戦、どんな服を着ていいか分からない!」「ユニフォームがなくても大丈夫?」そんなサッカー観戦初心者の方に、スポーツ観戦コーデのポイントから、季節ごとのお手本コーデ、当日の持ち物まで徹底レクチャー! ぜひ参考にしてみて。

サッカー観戦の「GOODな服装」

最初に、サッカー観戦やスポーツ観戦の際のGOODな服装、NGな服装を見ていきましょう! スタジアムは広く、意外と歩き回ることが多いので、動きやすいファッションがマスト。デートで女性らしい着こなしをしたいときは、動きにくいふんわりした女性らしいシルエットよりも、ペールカラーやパステルカラーなどカラーを意識してコーディネートしてみて。

【トップス】ユニフォーム・コンフィットTシャツがGOOD!

ユニフォームを着れば一体感が高まり、さらに楽しめる! ユニフォームが高くて買えないという人は、約4000円で購入できるクラブのコンフィットTシャツを着るのも◎。応援するクラブカラーを取り入れたコーデもGOOD!

【NG トップス】相手チームのクラブカラー

クラブごとにカラーが決まっていて、場合によっては目立つこともあるので、コーデに対戦チームのカラーを入れるのは避けるのがベター。

【ボトム】パンツスタイルがGOOD!

立ったり座ったり動き回ることが多いので、動きやすいパンツスタイルがベター。スカートを履きたいときは長めの丈やタイトスカートを選んで。

【NG ボトム】ミニスカート

階段の上り下りや、立ったり座ったりすることも多いので動きにくいミニスカートは避けたほうがベター。多くの人が集まるので、ミニスカートだけでなく過度な露出も避けましょう。

【靴】スニーカー、ぺたんこ靴がGOOD!

駅からスタジアムまで距離があったり、またスタジアムは広く、スタジアムグルメを食べに行ったりお手洗いに行ったりと歩き回るので、疲れにくくヒールのない靴がマスト!

【NG 靴】ハイヒール

歩き回るだけでなく、試合は長時間にわたり、とくに立ち見の場合は足が痛くなってしまうかもしれないので、ハイヒールは避けるのがマスト。

【春夏】サッカー観戦の「お手本コーデ」

サッカー観戦のOKコーデをマスターしたら、次は春夏の正解コーデをボトムス別に見ていきましょう! まだまだ冷えることの多い春には、カーディガンやジャケットなど羽織ものを持っていくのがオススメ。とにかく暑く体力を奪われる夏は、ラクだけど手抜きに見えないコーデを目指してみて。

パンツスタイル「春夏」

▼マウンテンパーカー×黒スキニー

最近、おしゃれ女子の中でトレンドのマウンテンパーカーは、汚れにくく機能性もバツグン。シンプルなスキニーにマウンテンパーカーを合わせた直球のスポーツMIX。Tシャツとパーカーのオーバーサイズ感で肩の力を抜いて。

▼ロゴTシャツ×ハイウエストチノパンツ

スタイルアップを叶えるハイウエストパンツで、定番のTシャツ×チノパンツコーデをアップデート。ゴールドのバングルを身に着けて、ラフさの中にもきちんと華やぎを。

▼ペールピンクニット×白ワイドパンツ

フェミニンなペールカラーのアイテムを取り入れれば、デートもOK。パフスリーブとワイドパンツの全体的にルーズなシルエットも、袖のコンパクトなリブで引き締まってバランスアップ。

▼白Tシャツ×黒オールインワン

幼く見えがちなオーバーオール型のオールインワンを大人に着こなすなら、トップスはシンプルに白Tシャツを。メンズライクなラクちんコーデなら、服の乱れを気にせずスポーツ観戦を思いっきり楽しめる!

スカートスタイル「春夏」

▼デニムジャケット×グレータイトスカート

女性らしくやわらかいタイトなグレーに、クールなデニムジャケットと黒キャップを合わせてちょっぴり辛口に仕上げて。ヘアアレンジと大ぶりのイヤリングで、シンプルなノームコアスタイルの盛り上げ役に。

▼白パーカー×花柄ロングスカート

フェミニンな花柄のフレアスカートに、アクティブなスエットパーカーを合わせてテイストMIX。メンズライクな白パーカーも、白で品格をプラスすれば女性らしいクリーンな装いにシフト。

ワンピーススタイル「春夏」

▼バイカラー切替ワンピース

上下別のよう見える切替ワンピースは、1枚でも手を抜いていないように見える優れモノ。ラフなスタイルをアップデートするノーブルなつば広帽子は、長時間の炎天下では日よけとしても大活躍。

▼フィッシュテール白ワンピース

フィッシュテールにパフスリーブ、ディテールにこだわりのあるワンピースは、シンプルな着こなしでも、1枚で完結。クリーンなワンピースに、ラフな素材のキャップ、スニーカー、ショルダーバッグをプラスしてリラクシーな雰囲気に。

【秋冬】サッカー観戦の「お手本コーデ」

次に秋冬の正解コーデを見ていきましょう! シーズン終盤に差しかかり、盛り上がりを見せる秋は、スポーツMIXのコーデで思いっきり観戦を楽しんで。長時間外で観戦して体が冷える冬は、厚手のアウターやレギンス、タイツで寒さ対策を。

パンツスタイル「秋冬」

▼ニットカーディガン×白Tシャツ×デニム

肌寒くなる秋には、さらっと羽織れるニットカーディガンを。ローゲージの女性らしいゆるっとしたシルエットが、いつもの上下を今っぽくアップデート。ころんとしたラウンドバッグを合わせれば、女っぽさを後押し。

▼オーバーサイズスエット×スキニー

オーバーサイズのスエット×スキニーの肩の力を抜いた組み合わせも、ゴールドのバッグと革ブーツを合わせてクラスアップ。遊び心ある大きなロゴ入りスエットが、レジャーにぴったりなコーデ。

▼オーバーシャツコートコーデ

シンプルな上下に、秋冬らしいレンガ色のオーバーシャツ風コートをプラス。メンズライクなサイズ感とデザインで、媚びないクールな印象に仕上げて。

▼ダウンジャケット×モノトーンコーデ

まとまりよく2色だけ。Tシャツ白と足元の軽さがコーデに抜け感をプラスしてくれる。寒さの厳しい真冬のスポーツ観戦には、ダウンジャケットで寒さ対策を。

スカートスタイル「秋冬」

▼ベージュパーカー×黒タイトスカート

ベージュならではのやさしい色味で黒の強さを中和。マスキュリンなパーカーもベージュならフェミニンな装いへシフトすることに成功。小物はレザーでそろえて統一感を。

▼白ニット×マスタードタイトスカート

クラブカラーを下半身に取り入れて試合を楽しむのも◎。軽さを生む白のスニーカーが、ボリュームたっぷりのケーブルニットとスエード生地のスカートの重たさを払拭。

▼スポーツMIXコーデ

ブルーとディープオレンジの甘すぎない色合いのスカートが、スポーツテイストのアイテムとマッチ。スカートの下にレギンスを忍ばせれば、冷える会場内でも寒さ知らず。

▼ブラウングラデーションコーデ

ブラウンコーデの中に、レオパード柄を取り入れることによって、茶と黒のグラデーションコーデを完成させるのがお見事。ボリュームのあるボアパーカーは、サコッシュで引き締めて。

サッカー観戦の「持ち物リスト」

正解コーデをマスターしたら、当日の持ち物を確認! 基本の持ち物から、季節ごと、雨の日にあると便利な持ち物までご紹介します。ぜひ参考にしてみて。

《基本》のアイテムリスト

まずは、サッカー観戦にかかせない10のアイテムをチェック! 意外と持ち物が多いので、貴重品を入れて持ち歩く用の小さめ肩掛けバッグと、その他のものを入れる大きめバッグに分けるのもオススメ。

  • チケット
  • 飲み物
  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • レジャーシート
  • エアークッション
  • S字フック
  • 双眼鏡
  • チケットホルダー
  • 髪ゴム

(1)チケット

入場できなくなってしまうので、絶対に忘れてはいけないもの! 当日券は売り切れで買えない場合もあるので、事前に買っておくのがオススメ。公式ホームページやコンビニで購入することができます。

(2)飲み物

試合は長時間にわたるため、とくに水分補給の重要な夏には必須。場内でも購入することはできますが、価格が高めなので持っていくのがベター。ただし、ペットボトル持ち込み禁止のスタジアムもあるため、水筒に入れて持っていくのがオススメ。缶やビンは禁止のところがほとんどなので避けて。

(3)ウェットティッシュ

スタジアムグルメを食べて手が汚れたときにあると便利。また、砂やほこりが舞うスタジアムの座席は、汚れていることもしばしば。座席を拭くときにもあると役立ちます。

(4)ビニール袋

試合中は移動しづらいので、観戦中に出たゴミを入れておくビニール袋があると便利。また、荷物を地面に置くことがほとんどなので、地面に置きたくなかったり、汚れるのが嫌な人は、荷物が入る大きめの袋も用意しておくと◎。

(5)レジャーシート

入場待ちや、席取りの際にあると便利。ただし席取りには、クラブごとにルールがあるので各クラブのホームページをチェックしてみて。大きく広げすぎないなど、席取り時のマナーにも注意。

(6)エアークッション

スタジアムの椅子は、とにかく狭く硬い! 長時間座っているとお尻が痛くなるので、あると便利。とくに冬は座席が冷たいのでオススメ。

(7)S字フック

スタジアムによっては、座席にひっかけることができて荷物かけになるので便利!

(8)双眼鏡

席によってはかなりフィールドとの距離があるので、お目当ての選手がいるときにはあると便利です。

(9)チケットホルダー

再入場にはチケットが必要なので、いちいち出すのが面倒な人はあると便利。100円ショップに売っている社員証入れなどで代用できます。

(10)髪ゴム

試合中熱くなったり、強風が吹いたりすることも。髪の長い女性は1つ持っていると便利。

《夏》にあると便利なアイテムリスト

長時間、蒸し暑く日光に照らされるスタジアムでは、熱中症対策や日焼け対策をしっかりと! タオルは、スタジアムでグッズを購入するのもオススメ。ここでは、あると便利な6つのアイテムを見ていきましょう。

  • タオル
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 汗拭きシート
  • うちわ、手持ち扇風機

《冬》にあると便利なアイテムリスト

Jリーグの開幕時期は2月、終了時期は11月、12月が多く冷え込むので、体調を崩さないよう十分な寒さ対策をしましょう。ここでは、あると便利な5つのアイテムをマスター!

  • マフラー
  • 手袋
  • カイロ
  • ブランケット
  • ニット帽

《雨の日》にあると便利なアイテムリスト

最後に、雨の日にあると便利なアイテムを見ていきましょう。試合中は傘をさすのはNG。試合中に体と荷物を濡らさないために必須のアイテムを3つをチェック!

  • カッパ・レインコート
  • 着替え
  • 大きめのビニール袋(荷物や濡れた服を入れる用)
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW