大人の余裕!オーバーオールコーデ【色・季節別】レディース27選
FASHION

大人の余裕!オーバーオールコーデ【色・季節別】レディース27選

2020/02/21

子どもっぽくなりがちなオーバーオールは、歳を重ねるごとに選ぶ頻度が少なくなりがち。でも、素材選びや合わせるアイテムにこだわれば、大人の外しアイテムとして、しっかり活躍してくれるんです。色別・季節別コーデをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて。

オーバーオールとは?

「オーバーオール」は英語で肩紐のついた「つなぎ」のこと。フランス語の「サロペット」とよく似ていますが、デザインに微妙な違いがあります。まず「オーバーオール」とは元々作業着だったものをいい、背中にも布があって、ゆったりとしたシルエットのものが多く見られます。他方、「サロペット」とは背中に布がなく、ひもが後ろでクロスしているデザインのもの。タイトなものからワイドなものまであり、オーバーオールより女性らしく着こなせるのが特徴です。

【黒】は甘さをプラスして

いつもは凛とした印象の黒も、オーバーオールなら気負わずに着られる。フェミニンなインナーを合わせ、ほどよい甘さを忍ばせてみて。

ロマンチックな白レースを忍ばせて

ロマンチックな白レースを忍ばせたコーデ画像

大胆な総レースの白ブラウスも、シックな微光沢の黒オーバーオールの下に忍ばせれば、甘さが中和される。フェミニンなアイテムと合わせても、大人っぽくまとまるのは、モノトーンならでは。

シアーなロンTをカジュアルに

シアーなロンTをカジュアルにしたコーデ画像

メンズライクな黒のオーバーオールに、シアーなロンTを合わせて女らしさをプラス。足元はグレーのスニーカーでラフに仕上げつつ、小ぶりなオーガンジーバッグをアクセサリー感覚で添えて。

ハンドニットカーディガンで温かみを添えて

ハンドニットカーディガンで温かみを添えたコーデ画像

前出の黒のオーバーオールをボーダーTシャツで着まわし。ローゲージのハンドニットカーディガンをONして、ボリューム感たっぷりのストールをぐるっと巻いたらたら、あざとかわいくゆるふわ感を演出できる。

【白】は色数を抑えて

クリーンな白のオーバーオールは、モノトーンで合わせるかワントーンでまとめるとTRYしやすい。今季旬なペールトーンとも好相性。

モノトーンの立体コーデ

モノトーンの立体コーデの画像

印象的な白のオーバーオールは、黒のニットをINしてミニマムスタイルに。足元はスニーカーでラフに仕上げて。グレンチェックコートをアクセントに添えれば、コーデに立体感が生まれる。

スポーティーミックスコーデ

スポーティーミックスコーデの画像

ワークテイストのオーバーオールにスポーツブランドのインナーを合わせた、オフホワイトのワントーンコーデ。ポシェットとスポーツサンダルに黒のレザーを採用したことで、大人カジュアルな印象が後押しされる。

パープルのグラデーションコーデ

パープルのグラデーションコーデの画像

ヴィンテージの白のオーバーオールに手編み風カーディガンをONして、抜け感たっぷりなコーデに。インナーとカーディガンで作ったパープルのグラデーションが存在感を発揮。黒で統一した小物がメリハリ役に。

【ベージュ】はモノトーンで合わせて

ラスティックなイメージのあるベージュのオーバーオールは、黒や白でコントラストをつけ、すっきり仕上げて。

コンパクトな黒のインナーで引き締め

コンパクトな黒のインナーで引き締めたコーデ画像

ワンショルダーのタンクトップもオーバーオールのインナーに使えば、色っぽさがほどよく引き算される。天然素材のマルシェバッグとトングサンダルで、とことんラフに仕上げたら、気負わない大人のリラクシースタイルに。

白あぜ編みニットカーディガンで着まわし

白あぜ編みニットカーディガンで着まわしたコーデ画像

前出のベージュのオーバーオールを秋に着まわし。INしたサーマルTシャツと「コンバース(CONVERSE)」を黒でリンクさせると、こなれた印象に。ゆったりした白のあぜ編みニットカーディガンで、女の子らしさをプラスして。

すっきり白インナーでラフに

すっきり白インナーでラフにしたコーデ画像

クラシカルなデザインのオーバーオールに、シンプルなボートネックの白TをIN。布製のトートバッグでラフに仕上げつつ、足元はシープスキンのスリッパでキュートにおしゃれを底上げ。

【デニム素材】はコンパクトなインナーを合わせて

オーバーオールと聞いて、真っ先に思い浮かぶのがデニム素材。子どもっぽさを回避するには、コンパクトなインナーを合わせるとGOOD。

コンパクトなボーダーTシャツでヘルシーに

コンパクトなボーダーTシャツでヘルシーにしたコーデ画像

デニム素材のゆったりオーバーオールに、白×グレーのボーダータンクトップをINすると、適度な肌見せでヘルシーに仕上がる。スウェードのフラットサンダルで大人の余裕を醸し出したら、アイキャッチーなPVCバッグでトレンドをON。

ブラウンのサーマルTシャツでほっこり

ブラウンのサーマルTシャツでほっこりしたコーデ画像

デニム素材のゆったりオーバーオールに、白×グレーのボーダータンクトップをINすると、適度な肌見せでヘルシーに仕上がる。スウェードのフラットサンダルで大人の余裕を醸し出したら、アイキャッチーなPVCバッグでトレンドをON。

ボーダーT×バレエシューズでパリシックに

ボーダーT×バレエシューズでパリシックにしたコーデ画像

インディゴブルーのオーバーオールに黒×白のボーダーをINすれば、大人っぽく着こなせる。足元の黒バレエシューズ×白ソックスが、パリシックな印象を加速。

【コーデュロイ素材】は抜け感を出す

今季注目のコーデュロイ素材をオーバーオールに選ぶと、ほっこり感漂う仕上がりに。ラフな小物で抜け感を出せばこなれた印象に。大人っぽく着るならモノトーンで合わせてみて。

ダークトーンでシックに

ダークトーンでシックにしたコーデ画像

こっくりブラウンのオーバーオールは、コーデュロイ素材を選ぶと大人仕様に。色数を抑えてブラックニットをINしたら、ボルドーの大きめトートバッグをアクセントに、リュクスなムードを漂わせて。

ノルディックカーディガンでほっこり&抜け感を

ノルディックカーディガンでほっこり&抜け感を出したコーデ画像

コーデュロイ素材のオーバーオールに、ノルディックカーディガンをONしたブラウンコーデ。インナーにグレーを選びつつ、小物をベージュと白でまとめ、ほっこりしながらも抜け感のあるスタイルに。

白トップスとトングサンダルでラフに

白トップスとトングサンダルでラフにしたコーデ画像

ショートパンツのオーバーオールは、ヴィンテージのコーデュロイ素材を選んでみて。ニットタンクトップをINして大人の余裕を醸したら、足元もトングサンダルをチョイス。ヘルシーな肌見せで夏気分を盛り上げて。

オーバーオール【スカート】は丈感で選んで

オーバーオールはスカートタイプもあります。ロング丈やマキシ丈を選べば、大人のリラクシースタイルが完成。ミニ丈でも露出を抑えれば、大人女子でも着こなせる。

ウールオーバーオールマキシスカートで大人女子

ウールオーバーオールマキシスカートで大人女子のコーデ画像

白×グレーで作るオーバーオールスカートコーデ。インナーにTシャツを合わせても、マキシ丈を選べば大人っぽくシフトできる。メタル素材の巾着バッグをアクセサリー感覚でONし、蛍光ピンクのスウェットでスパイスをきかせて。

オールホワイトコーデ

オールホワイトコーデの画像

マキシ丈のオーバーオールスカートは、大人がTRYしやすいアイテム。ベージュからオフホワイトまでのグラデーションコーデは一見、膨張色に思えても、ロングカーディガンを合わせて縦長にすれば、スタイルアップとおしゃれ見えの両方が叶う。

キュートなミニ丈

キュートなミニ丈のコーデ画像

キュートなデニム素材のオーバーオールスカートは、モノトーン合わせで子どもっぽさを回避。袖コンシャスなスウェットをINして、旬をひとさじ。グレーのタイツで肌の露出を抑えるとTRYしやすい。

【パーカー】INでトレンド感プラス

今季大注目アイテムのパーカー。ゆったりシルエットのオーバーオールにINすれば、存在感を発揮!

ドロップショルダーパーカーINで抜け感を

ドロップショルダーパーカーINで抜け感を出したコーデ画像

ワークテイストのオーバーオールに、ドロップショルダーのパーカーをINすれば、抜け感を出せる。ボーイッシュになりすぎないように、くすみピンクを選んで甘さを添えたのも正解。

パーカー×ボアブルゾンでキュートに

パーカー×ボアブルゾンでキュートにしたコーデ画像

白パーカー×デニムのオーバーオールは、王道のアメカジスタイル。スニーカーとリュックでスタイリングに統一感を。そこへピンクベージュのボアブルゾンをONすると、やわらかく優しい印象に。

パーカー×ロングコートで大人っぽく

パーカー×ロングコートで大人っぽくしたコーデ画像

ゆったりシルエットなオフホワイトのオーバーオールに、白パーカーをINしたオールホワイトコーデ。そこへキャメルのノーカラーコクーンコートを合わせたら、大人女子の品格漂うスタイルが完成。

【秋冬】コーデはあったか素材で表情豊かに

オーバーオールはカジュアルな素材なので、どうしても子どもっぽい印象になりがち。大人っぽく仕上げるには、ロング丈のアウター合わせがおすすめ。アウターやインナーであたたかさを出して。

旬のペールカラーを投入

旬のペールカラーを投入したコーデ画像

オフホワイトのオーバーオールにペールグリーンのニットを合わせた、優しい雰囲気のコーデ。靴やバッグをソフトなブラウンでまとめた、気負わないスタイルでまわりを魅了して。

トレンチコートで大人っぽく

トレンチコートで大人っぽくしたコーデ画像

クラシカルなコーデュロイ素材のオーバーオール。インナーとスニーカーまで白でそろえてオールホワイトコーデに。ベージュのトレンチコートをONしたら、縦のラインが強調され、スタイルアップも叶う。

キルティングコートをラフに羽織って

キルティングコートをラフに羽織ったコーデ画像

本格的なデニムのオーバーオールを、スカーフやメガネなどの小物で表情豊かにブラッシュアップ。ミリタリーな印象のキルティングコートを羽織って、ラフに仕上げると◎。足元はバレエシューズを選択して、ガーリーにフィニッシュ。

【春夏】コーデは気負わずラフに

オーバーオールはゆったりシルエットなので、インナーはコンパクトにまとめると好バランスに。適度な肌見せで、ヘルシーに仕上げるのがおすすめ。

スタイリッシュなトリコロールコーデ

スタイリッシュなトリコロールコーデの画像

オーバーオールの白、デニムジャケットの青、スニーカーの赤で作ったキュートなトリコロールコーデ。ゆるめのお団子ヘアに丸メガネを合わせたスタイルが、気負わないカジュアル感を醸し出し、一目置かれる存在に。


白Tとかごバッグで抜け感プラス

白Tとかごバッグで抜け感プラスしたコーデ画像

カジュアルなオーバーオールも、カーキを選ぶと大人顔に。ゆったりシルエットと太めストラップの存在感あるデザインなので、白Tで抜け感を出して着こなしたい。ナチュラル素材のかごバッグとトングサンダルで、力を抜いて。

黒トップスでシャープに

黒トップスでシャープにしたコーデ画像

ワークテイストでありながらもVネックデザインなので、シャープな印象のある白のオーバーオール。コンパクトな黒タンクトップを組み合わせて、ミニマルコーデに。天然素材のサンダルとかごバッグで、季節感を演出するとGOOD。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW