LIFE STYLE

既婚女性と独身男性の恋愛。リスク・連絡内容・復縁方法まで紹介

2019/06/18

最近世間を騒がせている不倫報道には、既婚女性と独身男性のカップルもいます。報道を見てドキッとしている人もいるのでは?今回は既婚女性と独身男性の付き合いや、そこに潜む恋愛感情をお伝えします。不倫リスクや復縁の覚悟も参考にしてください。

まず知ってほしいこと

SNSの普及や芸能界で相次ぐ不倫スキャンダルの影響か、不倫が増えているようです。特に既婚女性と独身男性の不倫カップルは多いようです。

結婚を軽く扱う考え方や、男女の友達付き合いを認める風潮が下地となっているのかもしれません。

しかし、不倫に足を踏み入れる前に既婚女性と独身男性の恋愛のリスクを知っておきましょう。

不倫には失うものがいっぱい

子どもがいる場合、不倫が公になれば、既婚女性には夫だけでなく子どもを失う可能性があります。妻の不倫がばれた後、関係を再構築する夫婦もいますが、夫からの高額な慰謝料を求められるケースもあるようです。

既婚女性の不倫は既婚男性の不倫より、いつまでも引きずる傾向にあります。どれだけ家族に尽くしていても、一時の気の迷いで今までの信頼を一気に失う危険性があることを覚悟しましょう。

また、独身男性にも夫に慰謝料を払う義務が生じます。職や社会的地位を失うケースもめずらしくありません。何より、それまで表面上友達や同僚として付き合えていた相手に堂々と会えなくなり連絡すら取れなくなるでしょう。

お互いのリスクと、そうまでして踏み入れたい恋かよく考えてみるべきです。

もしも不倫相手の子どもを妊娠したら

さらに、もしも不倫相手の子どもを妊娠したら女性は体にもダメージを負う可能性があります。誰にも相談できず、祝福されない妊娠は切ないものでしょう。

命を粗末にすることになりかねないので慎重を期すべきです。万が一、気持ちが抑えられず性行為に至ることがあっても、避妊を忘れてはいけません。その前に既婚女性であれば性欲をコントロールする術を身につけておきましょう。

既婚女性へ独身男性がメールなどをする心理

独身男性が既婚女性にLINEやメールなどをする心理はどのようなものでしょうか。最初は連絡事項のやり取りだったとしても、挨拶やプライベートな会話、ランチの約束などに発展する時は要注意です。

独身男性と連絡をとるとき、既婚女性の心にときめきが生じた場合には異性としての意識を自覚したほうがよいかもしれません。それ以上の進展を避けるためにも独身男性が既婚女性と連絡をとる時の深層心理を見ていきましょう。

下心がある

独身男性が必要な連絡以外のLINEやメールを既婚女性に送る場合は下心があるのかもしれません。

もちろん、たまたま気や趣味が合う相手で友達として連絡をとっている可能性も高いです。しかし、既婚女性の夫や他人からすると独身男性と既婚女性が頻繁に連絡をとり合うことは不自然といえます。

2人で会うとなれば、独身男性に下心があると思われてもおかしくはないのです。多くの独身男性は既婚女性に比べて時間に余裕があり、世間の考え方に触れる機会が多いといえます。

それでも周囲から誤解を受けかねないほど頻繁な連絡は深層心理に下心があると既婚女性は身構えておきましょう。

好意を抱いている

独身男性が既婚女性に必要事項以外の連絡をしてくるのは、間違いなく好意があるからです。ただし、その好意には人間として気が合う、尊敬しているという気持ちも含まれます。

独身男性から人としての好意や尊敬を示されて悪い気がする既婚女性はいないでしょう。しかし、年齢や独身・既婚を問わず恋はいつも人としての興味や好意から始まることを忘れてはいけません。

独身男性に比べて不倫で失うものが大きい既婚女性は、いつ異性としての意識や欲望に代わるともしれない思いにはあらじかじめ線を引くことが大切です。

既婚女性と独身男性の付き合い方

既婚女性が独身男性と接するときには、不倫に発展しないよう、また不倫だと誤解をうけないような付き合い方を心がけましょう。

このくらいまでならOKといった付き合い方や、万が一連絡をとりあう様子を見られても、ごまかしがきく付き合い方をご紹介します。

ランチならありという意見も

既婚女性と独身男性が二人きりで会ってもランチならOKと考える人は少なくありません。昼間なので健全な感じがしますし、ランチブレイクであれば時間も限られています。同僚や職場が近い友達であれば、不自然でもありません。

独身男性から2人で食事に誘われた時は「ランチならOK」と条件をつけることで相手の気持ちを推し量ることもできそうです。

嫌な様子がなければ時間が限られていて人目があるランチ時でも会いたいか、純粋に一緒に食事をしたいかといったところでしょう。

バレンタインにチョコレートをあげる人は多い

既婚女性がバレンタインにチョコレートを贈る異性は、夫よりも息子、次に職場の同僚や異性の友達が多いようです。独身男性への気持ちがある既婚女性にとって、風習にのっかってバレンタインチョコレートを贈ることは不自然さがなく独身男性への気持ちを満たす行為でもあります。

ただし、バレンタインのチョコレートへのお礼を口実に食事、不倫に発展する既婚女性と独身男性カップルもいるようです。独身男性からの好意や自分の中にある異性としての意識を自覚している既婚女性はある程度覚悟が必要かもしれません。

不倫は「絶対NO!」な既婚女性はわざとお礼が必要ないレベルのバレンタインチョコレートを準備するのが良いでしょう。人としての好意や気にかける気持ちは伝わるはずです。

別れにつながる嫉妬も紹介

友達として付き合うと心に決めても嫉妬心が隠しきれないことがあるかもしれません。しかし既婚女性の独身男性への嫉妬心は友達としても別れにつながる可能性を含んでいます。

どんなに独身男性を独占したくても女友達や女の同僚との関係を邪推したり、本気のヤキモチを見せれば醜い嫉妬と思われかねません。嫉妬心が強くなれば自分も離婚して目当ての独身男性との結婚したいなどと夢見ることにもつながります。

既婚女性と友達以上恋人未満の関係を持つ独身男性の多くは、既婚女性とは面倒が少ない関係を望んでいるのです。既婚女性がギリギリ保ってきた気持ちの崩壊や一線を越えるきっかけになりかねない嫉妬心は、別れや大問題につながる可能性があると自覚しましょう。

友達として付き合いたいなら

既婚女性が独身男性と友達として付き合いたいのなら、相手も同じように思っているはずと決めつけず「友達だと思っている」と言葉で伝えることが大切です。残念ながらそれで関係が終わることもあります。

しかし、はじめから友達とは言えない関係だった、もしくは、醜い嫉妬や望まない妊娠につながる可能性もあったと少々オーバーに捉えるとあきらめもつきそうです。女性のことを大切に思う独身男性であれば、相手の家庭を壊したり相手と会えなくなったりすることを望みません。

今後も友達として末永く付き合っていきたい気持ちを言葉で示すのは、既婚女性を好きな独身男性にとっても付き合い方や気持ちを軽くする行為でしょう。一線を越えそうだったり相手の好意に気付いたりしたら折を見て伝えるのがおすすめです。

既婚女性が別れた独身男性と復縁するには

既婚女性と独身男性でも健全な友達付き合いが続けられればベストですよね。しかし結婚後の、忘れられない人がいまだに独身だと知ることもあります。

復縁したい気持ちが抑えられない人もいるかもしれません。既婚女性が独身男性との復縁を望む場合はどうするのが正解といえるのでしょうか。

ストレートに連絡を

まず、ストレートに連絡をとらないことにはどうしようもありません。連絡を避けていても悶々とした恋心が高まる危険性もあります。

また、連絡をとってみないと復縁への願いが本物か、彼を美化していないか判断できないものです。既婚女性なら彼との友達付き合いが始まれば気持ちが収まることもあります。

復縁の思いが強すぎる場合は相手に拒絶される可能性も含めて気持ちを伝えてみるのも手です。

離婚も視野に入れて

復縁をしたい男性が独身の場合は、既婚女性も離婚を視野にいれましょう。このままでは関係がフェアではなく、家族を巻き込むことにつながります。そうまでして復縁したいのか冷静になるきっかけにもなるでしょう。

まとめ

既婚女性と独身男性の付き合い方についてまとめました。リスクやすべき覚悟を知れば、復縁や不倫より友達付き合いを選ぶ人も増えるでしょう。

既婚・独身を問わず、恋愛面では大人として恥ずかしくない行動を心がけたいですね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW