LIFE STYLE

振られそうと思ったら。原因を考えて彼との関係を修復しよう

2019/06/17

「恋人から振られそう」と感じた場合、一体どうしたらいいのでしょうか?別れたくないと思って、思わず泣いたり怒ったりするのは逆効果になりがちです。そこで今回は、振られそうな時の原因と対策を考えて、関係を修復する方法を紹介します。

振られそうで怖いと感じるとき

まずは、どんなときに女性は振られそうだと思うのでしょうか。振られそうで怖い、悲しいと思うときの彼の言動について紹介します。

彼の態度がそっけない

振られそうと一番に感じてしまう理由は、彼の態度がそっけないことです。今まで楽しく話してくれていたのに、いきなり返答がそっけなかったり、相槌などが適当になってしまうケースがありますよね。

愛情表現をあまり感じなくなってしまった場合に「振られてしまうかも!」と感じることが多いです。ここで一点注意したいことは、そっけないと思って「何でそっけないの?」「ちゃんと聞いている?」と質問攻めをしてしまうことです。

いきなりあれこれ言ってしまうと、余計に彼の心も離れてしまいます。そっけないと感じても、まずは様子を見つつ、そっとしておくのがおすすめです。

振られそうになる夢の意味とは

彼に振られるかもしれない、振られそうという気持ちを抱えていると、夢にまで振られそうになるシーンが出てくることがあります。このような夢には一体どんな意味があるのでしょうか。

恋愛に臆病になっている表れ

振られそうになる夢を見る場合、恋愛に臆病になっているケースがほとんどです。「相手に振られたら一体どうしたらいいの?」と自分に自信がなくてモヤモヤとした思いを抱えています。

自信がなく不安なことをずっと考えているため、振られそうになる夢を見てしまうんですね。

成長を暗示しているのかも

振られそうになる夢はどうしてもネガティブな印象を抱いてしまいます。「どうしよう」と悩んでしまう人もいるかもしれませんが、実は振られる夢には、自己成長を暗示している可能性があるんです。

振られそうな夢を見ると、彼に振られないように頑張ろう! と思って、仕事や自分磨きに精を出しますよね。そんな、自分を成長させる努力をすることで、よりワンランク上の自分になれるということも。

なので、振られる夢は悪い意味ばかりではありません。むしろ、よりいい女になるために頑張ろうというきっかけになるでしょう。

振られそうな辛い関係を逆転するには

振られそうな夢には必ずしも悪い意味ばかりではないですが、「振られそう」と考えながら過ごすのは辛いですよね。

そんな、振られそうな辛い関係を逆転するには一体どうしたらいいのでしょうか。

自分磨きなどの努力をする

まずは、自分磨きなどの努力を行いましょう。もしかすると、長年付き合ってつい関係がダレてしまっているかもしれませんよね。彼の前ですっぴんで過ごしたり、適当な服装で会ったりするなど、女性らしさが低下していることはないでしょうか?

男性は、女性にはいつまでもキレイでいてほしいと思っているものです。だからこそ、女子力が低下している様をみてしまうと、がっかりされてしまう可能性がありますよ。メイクをしっかりと行う、ラフ過ぎる格好はしない、仕草に注意するなど、自分をよく見せられるような努力を怠らないようにしましょう。

遠距離の場合はこまめに連絡を

遠距離恋愛でなかなか彼に会えない場合は、できるだけこまめに連絡を取り合いましょう。コミュニケーションが少なくなってしまうと、愛情も減ってしまいます。

1日に数回は連絡が取れるように、「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶から仕事の報告なども入れてみましょう。相手のことを忘れてない、いつも想っている、という気持ちが伝わるように工夫してみてくださいね。

愛情や感謝の言葉を伝える

相手からの愛情が冷めてしまう原因として、愛情表現が少ないから…という可能性もあります。「好きだよ」「ありがとう」という、愛情と感謝の言葉が伝えられていないと、心が離れていってしまいます。

付き合っていると「態度で気がついてほしい」と思ってしまうかもしれませんが、やはり言葉で伝えないとわからないことが多くあります。

たった一言でお互いの関係がより上手く行くと思うので、ぜひ愛情や感謝の言葉を伝えてみてくださいね。

振られそうになったら振るという選択肢も

もしどうしても振られるのが嫌だ! と思う人は、思い切って振られる前に自分から振るという選択肢がありますよ。振られてしまうと、精神的にダメージが大きくて自分のプライドも許せないと考えてしまう人もいるはずです。

だからこそ先に振ってしまうことで、自分の心を保つという手段もあります。「振られて辛い思いをしたくない…」という人は、振る選択肢をとってみるのもありかもしれませんね。ただし、それは最後の手段にしておきましょう。

まとめ

振られそうと感じたときの彼の態度から、関係を修復する方法について紹介しました。

振られそうと感じる場合は、大抵は彼の態度でわかってしまうんですよね。そのときに「ああ、もうダメだ」と思わずに、落ち着いてどうしたらいいのか考えてみましょう。

まだ振られているわけではない場合は、努力次第で挽回できることもあると思います。振られそうで怖いと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW