FASHION

大人っぽいファッションは【5つのコツ】で完成!お手本コーデ19選

2019/12/25

大人っぽいファッションを目指して頑張ってみても、なんだか地味であか抜けない……。そんなお悩み抱えていませんか? ちょっとしたコツを掴めば、即おしゃれにクラスアップできるから、今すぐチェックを。
あなたの服装は大丈夫? おしゃれにアップデートして大人のこなれコーデを完成させましょう!

大人っぽいファッションにする【5つのコツ】

まずは、大人っぽいファッションを作る基本のコツを5つレクチャー。難しいテクニックを使わなくても、ほんの少しの工夫で瞬時にあか抜けます。これを押さえれば、即大人ファッションに!

1.使う色を1〜3色までに抑えると落ちついてみえる

▼ベージュ×白×ブラウンのグラデーションコーデ

コーデの中にさまざまな色がMIXされていると、どうしても子供っぽい印象に……。使う色を3色までに抑えれば、落ち着いた大人感を演出可能です。もし、ビビッドカラーなど派手な色を投入するなら2色までに絞るのがベター。

2.露出はしすぎないほうが上品に

▼ニットキャミソール×ワイドパンツ

大人っぽいファッションを狙うなら、露出はあくまで上品さを忘れずに。例えば、上半身で肌見せしたら、ボトムスはフルレングスを選ぶなど、露出にもメリハリをつけるのが大人のたしなみ。そうすれば自然とヘルシーな着こなしに近づきます。

3.洗練されたアイテムをとりいれて

▼パープルニット×部分プリーツスカート

「シンプルだけど、どこか普通と違う」そんな無駄のないおしゃれなデザインを選ぶのも大人っぽいファッションへの近道。こちらは、スリットから部分プリーツが覗くスカートで洗練感をアピール!

4.甘いアイテムをあえてかっこよく着る

▼黒ニット×ピンクチュールスカート

単品で見ると甘くてちょっと子供っぽいアイテムも、辛口にコーデすると大人顔に昇華! 黒で引き締めたり、エッジの効いたハードな小物を使って上手に甘辛MIXすればクールに決まります。

5.柄アイテムは落ち着いた色味なら大人っぽい

h4:▼黒ニット×黒ベースの花柄スカート

柄アイテムをコーデに投入するなら、落ち着いた色をベースにしてみて。黒・グレー・ネイビーなどの定番カラーなら簡単にシックな雰囲気をメイク! こちらのコーデのように、ワントーンになじませるように使うのも◎。

ロング丈を着こなせると大人っぽい!3つのコツをチェック

ロング丈のアイテムは、コーデに取り入れるとこなれ感が生まれて大人見えをアシスト! ただ着るだけだと、だらしなく野暮になってしまうこともあるので、3つのコツをマスターしておしゃれなバランスを完成させて。

(1)全体のシルエットを意識する

▼ベルトでシルエットを調整

ロング丈を着るときは、全体のシルエットを意識するのが重要。ベルトでウエストマークしてXライン・Yラインを作ってメリハリを出したり、Iラインで攻めるなら色合わせや重ね着で着こなしを地味見えさせないようにしてみて。

(2)トップスをタックインして脚長効果を狙う

▼コンパクトなトップスをタックイン

ボトムスでロング丈を取り入れるなら、コンパクトなトップスをタックインして腰高見えを狙うのがベスト。トレンドのハイウエストボトムスなら、これだけでどこまでも脚長見えが叶う!

(3)どこかに抜け感をつくる

h4:▼手足首を見せる

全身を覆うロング丈アイテムは、ヌケ感作りを怠るとただのルーズなコーデに……。それを防止するには、手首・足首をさりげなく露出してヌケ感を演出して。さりげない工夫だけど効果は絶大!

【初心者向け】即大人っぽくなれるおすすめアイテム

大人っぽいファッションを目指したいけれど、そもそもどんなアイテムを選べばいいかわからない……。お次は、そんな方におすすめの絶対外さない4つのアイテムをご紹介。このアイテムさえ押さえておけば大人コーデが完成!

センタープレスパンツ

▼白ニット×茶色センタープレスパンツ

パンツの筒の中心に折り目の入ったセンタープレスパンツは、きちんとした印象をメイクできるので大人コーデにピッタリ! フォーマルなアイテムと思われがちですが、あえてカジュアルに着こなすことでいつものコーデがクラスアップ。

ハイウエストワイドパンツ

▼茶色ノースリーブ×ネイビーハイウエストワイドパンツ

2019年のボトムスは”ハイウエスト”一択! といっても過言ではないくらい、ウエスト位置は重要なポイント。さらにワイドパンツなら、ゆるっとしたシルエットでトレンドのリラックステイストも盛り込めます。

ベーシックカラータイトスカート

▼黒ノースリーブ×ベージュタイトスカート

タイトスカートは、女性らしい大人コーデを作りたい日にTRYしたいアイテム。体に沿い過ぎない、絶妙なシルエットを探してみて。ベーシックカラーなら失敗知らずで必ずおしゃれ見えします!

ハリ感のあるフレアスカート

▼黒カットソー×カーキフレアスカート

フレアスカートを選ぶときは、厚め生地を使ったハリ感のあるタイプをセレクトしてみて。ふんわりしたスカートももちろん可愛いけれど、ハリ感のあるスカートなら構築的なシルエットを簡単に作れるのでより大人感が増します。

【春夏】お手本コーデ

大人っぽいファッションのコツを頭に入れたら、さっそく実践していきましょう。まずは、真似しやすい春夏の大人コーデをご紹介。ボトムス別にコーデテクニックを伝授します。

パンツコーデ

▼ボーダーカットソー×白ワイドパンツ

ボーダー×白の爽やかな組み合わせが春夏らしいワイドパンツコーデ。大人っぽいこなれ感を出すなら、ボーダーカラーをシックなブラウンにしてみて。小物も茶系でまとめて統一感のある仕上がりに。

▼白ロングカーディガン×ライトブルーデニム

キャミソール×ライトブルーデニムの清涼感たっぷりな着こなしに、ロングカーデをプラスしてこなれ感をON。シューズも白をセレクトして、ツートーンでまとめた潔さが大人っぽい。

▼テラコッタノースリーブ×ベージュワイドパンツ

テラコッタ×ベージュのナチュラルなカラーリングは、春夏の日焼け肌に合わせたい色合わせ。ハイウエストをしっかりベルトでマークして、華奢なウエストをアピールして。足元はバーサンダルで上品に。

スカートコーデ

▼ベージュシャツ×黒フレアスカート

ふんわり広がる黒フレアスカートは、構築的なシルエットがモード。そこに、あえて前しばりでルーズに羽織ったシャツを合わせてカジュアルダウンさせて。袖はラフにまくって手首を見せるとヌケ感も◎。

▼黒ニット×ベージュチュールスカート

可憐なチュールスカートは、黒のタイトニットで引き締めて大人バランスに。全体的にシックなカラーリングですが、チュールのシアーな透け感のおかげでとっても軽やか。春夏は素材感でライトに仕上げるのがポイントです。

ワンピース・オールインワンコーデ

▼白テーラードカラーのオールインワン

ヌケ感たっぷりの白オールインワンは、春夏らしさ全快! リネン素材の自然なシワ感がカジュアルだから、テーラードデザインでほんのりきちんと感をON。カジュアルな中にさりげなくかちっとしたディティールを混ぜるのが大人っぽい。

▼黒の前ボタンオールインワン

オールインワンに加えて、小物まで黒で統一したオールブラックコーデ。色が大人っぽいからこそ、足元はビーサンであえてラフに仕上げてもOK。センターフロントにデザインされた大きめボタンが、さりげなく奥行きアップしてくれるエッセンス。

【秋冬】お手本コーデ

秋冬は、コーデ全体の色が沈んで地味見えしがち。着こなしや色合わせを工夫して地味にならない秋冬の大人コーデへ格上げしてみて。

パンツコーデ

▼ベージュニット×ライトブルーデニム

ウォッシュのかかったライトブルーデニムにスニーカーを合わせたカジュアルなボトムスは、優しげベージュのニットを添えて女っぽく格上げ! ファーバッグで季節感を演出すれば、淡い色のコーデも秋冬仕様に。

▼グレージャケット×白ワイドパンツ

きちんと感を演出したい日は、コーデにジャケットを取り入れてみて。普通に着こなすだけでなく、ジャケットの上からベルトを巻くとおしゃれなシルエットが作れます。ウエスト位置も高く見えてスタイルアップにもお役立ち。

▼黒ロングニット×デニムスキニー

ロング丈を着こなすと大人っぽいのは分かるけれど、身長が低かったり重く見えたりと心配事もたくさん……。そんなときは、こんな大胆なスリットがデザインされたアイテムをセレクト。これなら重ねたパンツがチラ見えして奥行きもたっぷり。

スカートコーデ

▼チェックシャツ×ベージュAラインスカート

簡単に秋冬らしい雰囲気を作れるチェックシャツは、子供っぽくならないようにミニマルなAラインスカートで引き締めて。さらに全体の色味をベージュワントーンでまとめて大人っぽくアップデート。

▼白ニット×イエロータイトスカート

鮮やかな色をスカートで取り入れるなら、タイトシルエットを選べば間違いなく大人見え。ゆったりとしたオフタートルニットを合わせて、トレンドのゆる×ピタシルエットに。

▼ダウンジャケット×花柄チュールスカート

花柄が透けて見えるレディなチュールスカートは、ダウンジャケットを羽緒って秋冬っぽく。甘いスカートとカジュアルなダウンをMIXして、大人っぽいバランスを目指して。地味見えしないようにバッグで彩りもプラス。

ワンピース・オールインワンコーデ

▼ダークグレーワンピース

ダークグレーの上品なデザインのワンピースは、黒小物で引き締めてモードにコーデ。ハンサムなカラーコーデだからこそ、細いピンヒールで女っぽさも忘れずに。Iラインスカートで縦長見えもバッチリ。

▼黒ニットワンピース×レギンス

シンプルなニットワンピースをおしゃれにコーデするなら、レギンス重ね着がマスト。手首・足首をチラ見せさせて、オールブラックにヌケ感を加えて。ピアスやミニバッグで上品さもプラス。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW