FASHION

大人っぽいファッションは【5つのコツ】で完成!お手本コーデ19選

2019/06/17

大人っぽいファッションを目指して頑張ってみても、なんだか地味であか抜けない……。そんなお悩み抱えていませんか? ちょっとしたコツを掴めば、即おしゃれにクラスアップできるから、今すぐチェックを。
あなたの服装は大丈夫? おしゃれにアップデートして大人のこなれコーデを完成させましょう!

大人っぽいファッションにする【5つのコツ】

まずは、大人っぽいファッションを作る基本のコツを5つレクチャー。難しいテクニックを使わなくても、ほんの少しの工夫で瞬時にあか抜けます。これを押さえれば、即大人ファッションに!

1.使う色を1〜3色までに抑えると落ちついてみえる

▼ベージュ×白×ブラウンのグラデーションコーデ

コーデの中にさまざまな色がMIXされていると、どうしても子供っぽい印象に……。使う色を3色までに抑えれば、落ち着いた大人感を演出可能です。もし、ビビッドカラーなど派手な色を投入するなら2色までに絞るのがベター。

2.露出はしすぎないほうが上品に

▼ニットキャミソール×ワイドパンツ

大人っぽいファッションを狙うなら、露出はあくまで上品さを忘れずに。例えば、上半身で肌見せしたら、ボトムスはフルレングスを選ぶなど、露出にもメリハリをつけるのが大人のたしなみ。そうすれば自然とヘルシーな着こなしに近づきます。

3.洗練されたアイテムをとりいれて

▼パープルニット×部分プリーツスカート

「シンプルだけど、どこか普通と違う」そんな無駄のないおしゃれなデザインを選ぶのも大人っぽいファッションへの近道。こちらは、スリットから部分プリーツが覗くスカートで洗練感をアピール!

4.甘いアイテムをあえてかっこよく着る

▼黒ニット×ピンクチュールスカート

単品で見ると甘くてちょっと子供っぽいアイテムも、辛口にコーデすると大人顔に昇華! 黒で引き締めたり、エッジの効いたハードな小物を使って上手に甘辛MIXすればクールに決まります。

5.柄アイテムは落ち着いた色味なら大人っぽい

h4:▼黒ニット×黒ベースの花柄スカート

柄アイテムをコーデに投入するなら、落ち着いた色をベースにしてみて。黒・グレー・ネイビーなどの定番カラーなら簡単にシックな雰囲気をメイク! こちらのコーデのように、ワントーンになじませるように使うのも◎。

ロング丈を着こなせると大人っぽい!3つのコツをチェック

ロング丈のアイテムは、コーデに取り入れるとこなれ感が生まれて大人見えをアシスト! ただ着るだけだと、だらしなく野暮になってしまうこともあるので、3つのコツをマスターしておしゃれなバランスを完成させて。

(1)全体のシルエットを意識する

▼ベルトでシルエットを調整

ロング丈を着るときは、全体のシルエットを意識するのが重要。ベルトでウエストマークしてXライン・Yラインを作ってメリハリを出したり、Iラインで攻めるなら色合わせや重ね着で着こなしを地味見えさせないようにしてみて。

(2)トップスをタックインして脚長効果を狙う

▼コンパクトなトップスをタックイン

ボトムスでロング丈を取り入れるなら、コンパクトなトップスをタックインして腰高見えを狙うのがベスト。トレンドのハイウエストボトムスなら、これだけでどこまでも脚長見えが叶う!

(3)どこかに抜け感をつくる

h4:▼手足首を見せる

全身を覆うロング丈アイテムは、ヌケ感作りを怠るとただのルーズなコーデに……。それを防止するには、手首・足首をさりげなく露出してヌケ感を演出して。さりげない工夫だけど効果は絶大!

【初心者向け】即大人っぽくなれるおすすめアイテム

大人っぽいファッションを目指したいけれど、そもそもどんなアイテムを選べばいいかわからない……。お次は、そんな方におすすめの絶対外さない4つのアイテムをご紹介。このアイテムさえ押さえておけば大人コーデが完成!

センタープレスパンツ

▼白ニット×茶色センタープレスパンツ

パンツの筒の中心に折り目の入ったセンタープレスパンツは、きちんとした印象をメイクできるので大人コーデにピッタリ! フォーマルなアイテムと思われがちですが、あえてカジュアルに着こなすことでいつものコーデがクラスアップ。

ハイウエストワイドパンツ

▼茶色ノースリーブ×ネイビーハイウエストワイドパンツ

2019年のボトムスは”ハイウエスト”一択! といっても過言ではないくらい、ウエスト位置は重要なポイント。さらにワイドパンツなら、ゆるっとしたシルエットでトレンドのリラックステイストも盛り込めます。

ベーシックカラータイトスカート

▼黒ノースリーブ×ベージュタイトスカート

タイトスカートは、女性らしい大人コーデを作りたい日にTRYしたいアイテム。体に沿い過ぎない、絶妙なシルエットを探してみて。ベーシックカラーなら失敗知らずで必ずおしゃれ見えします!

ハリ感のあるフレアスカート

▼黒カットソー×カーキフレアスカート

フレアスカートを選ぶときは、厚め生地を使ったハリ感のあるタイプをセレクトしてみて。ふんわりしたスカートももちろん可愛いけれど、ハリ感のあるスカートなら構築的なシルエットを簡単に作れるのでより大人感が増します。

次ページ> 【春夏】お手本コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW