FASHION

スキニーコーデ36選【4つの着やせテク】でスタイルアップ!着こなしのコツも色別に解説

2019/06/17

定番ボトムとなっている【スキニー】。脚をほっそり長く見せ、もたつきもゼロなので、ワンピースとのレイヤードコーデにも活躍。そんなスキニーのお手本コーデを色別にご紹介。スタイルアップするための4つコツと、季節別コーデの裏技は必見です。

スキニーでよりスタイルアップするためのコツ

みんなが持ってる定番ボトムだからこそ、合わせ方によっては野暮ったく見えてしまうもの。スキニーコーデを、今っぽく、そしてスタイル良く見せるには、押さえておきたい4つのコツがあります。

サイズ選びがとっても重要!

レッグラインが際立つスキニーは、サイズ選びが重要。レギンスのようにピチピチで穿いていると、かえって太って見えることも…。少しシワが出るくらいゆとりがある方が脚が綺麗に見えます。

ボリュームのあるトップスを選んでコーデにメリハリを

スキニーにピタッとしたトップスを合わせると、地味な印象に転びがち。”ふんわりトップス×スキニー”の今っぽい上下バランスなら、シルエットにメリハリができ、地味見えも回避できます。

トップスをタックインして脚長効果を狙って

脚長効果を狙うなら、トップスをタックインして、スキニーのウエスト部分を見せるのがベスト。さらに、トップスの裾は全てインするのではなく”前だけイン”がおすすめ。気になるお尻はトップスでカバーしつつ、こなれた印象を与えます。

スリット入りのロング丈トップスで脚長&今っぽく

トレンドのスリット入りロング丈トップスは、もたつきゼロのスキニーと相性抜群なアイテム。スリットから見えるタイトなスキニーが、脚をスッと長く見せ、今っぽいこなれた印象を与えます。

夏と冬のスキニーコーデの裏技

ここでは、暑い夏も寒い冬もスキニーを快適に穿くためのちょっとした裏技をご紹介。裏技を取り入れて、季節に合ったスキニーコーデを楽しんでみて。

夏は涼しげカラーをチョイスして重た見え回避

コーデの半分以上を占めるスキニー。黒や濃紺といったダークカラーのスキニーは、夏はどうしても重たい印象に…。薄いブルーや白など涼しげカラーをチョイスし、重た見えを回避して。

冬は裏起毛スキニーが◎

デニム地や薄手のストレッチ生地であることも多いスキニー。冬に穿くと寒く感じる人も多いはず。そこで、スキニーも寒い時期は”裏起毛素材”にチェンジしてみるのが得策。モコモコに見えないようちゃんと工夫されているので、寒い時期になったらぜひチェックしてみて。

【黒】スキニーで美脚&スッキリ見え

次ページ> 【デニム】スキニーで気負わないスタイルに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW