FASHION

スカーフベルトの簡単な巻き方と、即実践のコーデ例!

2019/06/14

首やカバンに巻くだけじゃもったいない! ウエストマークするだけで、トレンド感とスタイルアップの両方を叶えてくれる優秀アイテム「スカーフ」。シンプルなコーディネートのアクセントにもなる、活躍度「大」のアイテムをぜひマスターして使いこなそう。

スカーフベルトの『簡単な巻き方』と選ぶべき『サイズ感』は?

スカーフベルトの『簡単な巻き方』と選ぶべき『サイズ感』は?のイメージ画像

とは言え、どうやって結べば良いのか? 形やサイズ・ 長さはどのくらいあれば良いのか? イマイチ分かりにくいところ。まずは初心者でも簡単に出来る結び方と、オススメの形やサイズ感を確認しよう。

スカーフベルトの巻き方【1】かた結び

スカーフベルトの巻き方【1】かた結びのイメージ画像

定番の結び方がこのかた結び。2回結ぶだけなので誰でも簡単にトライ出来るオススメの結び方です。

スカーフベルトの巻き方【2】リボン結び

スカーフベルトの巻き方【2】リボン結びのイメージ画像

ふんわりとしたボリュームトップスだと、せっかく柄のスカーフを巻いても埋もれてよく見えない……そんなときは、このリボン結びを試してみて。
腰回りにボリュームも出るので、ウエストの細見え効果も期待大。

使い勝手の良いサイズ感は?

使い勝手の良いサイズ感は?のイメージ画像

基本的には、ウエスト一周+結べる分の長さがあれば大丈夫。あとは結び方によって、必要な長さは変わってくるので、まずは大判で正方形のタイプを選んでおけば、いろいろな使い方が出来て便利です。

『ワンピース』にスカーフベルトを巻く

ワンパターンになりがちなワンピースも、スカーフベルトで一気にこなれ感UPを実現。足元にぺたんこ靴を合わせる場合でも、高めのウエスト位置にスカーフを巻いてあげれば、脚長効果もあるので小柄な方でもトライしやすいアイテムです。

長袖ワンピース×スカーフベルト

▼白タックワンピース×エンジ

白タックワンピース×エンジのコーデ画像

長袖や袖にボリュームがあるタイプの場合、かた結びにして長めに垂らすことで縦長のラインが強調され、スッキリ見えるので重たく見えにくいので◎。また、ボトムとスカーフのトーンを合わせることで全体的にまとまった印象に。

半袖ワンピース×スカーフベルト

▼黄色ワンピース×ネイビー

黄色ワンピース×ネイビーのコーデ画像

発色のよい原色系のワンピースには、落ち着いたトーンのスカーフにして、柄や色味もしっかり見せてあげると子どもっぽくならず、大人の女性を演出可能。

▼ブルーワンピース×オレンジ

ブルーワンピース×オレンジのコーデ画像

寒色系のカットソーワンピースには、真逆の暖色系の色味のスカーフを合わせると差し色となり、いいアクセントに。ワッフル素材でシンプルなデザインのワンピースなので、スカーフの主張は控えめに細巻きで。

キャミワンピース×スカーフベルト

▼ベージュワンピース×ブラウン

ベージュワンピース×ブラウンのコーデ画像

ノースリーブやキャミソールタイプで肌の露出が増えるなら、ヌーディーなブラウン系の色味で統一すると子供っぽくなりにくいのでトライしやすい。さらにスカーフの色をインナーと合わせることで全体がグッとまとまります。

スカーフベルトを『トップス』に巻く

トップスをスカーフでブラウジングするだけで、いつものコーディネートも即垢抜けコーデに変身できちゃう優れもの。スカーフならではの素材感も相まって、上品かつリラックス感のある着こなしも実現可能に。

Tシャツ×スカーフベルト

▼白Tシャツ×白のスカーフベルト

白Tシャツ×白のスカーフベルトのコーデ画像

カジュアルダウンしがちな白のロンTも、同系色のスカーフを巻くだけで脱カジュアルコーデが完成。スカーフベルトが浮くことなくなじむのは、同系色ならではの技。

▼ベージュTシャツ×エンジのスカーフベルト

ベージュTシャツ×エンジのスカーフベルトのコーデ画像

今や定番色となったベージュのTシャツは、落ち着かせたいコーディネートでの出番が多数。そんなときはダークトーンで締めてあげるとグッと大人っぽくなります。

ボリュームトップス×スカーフベルト

▼ベージュタックブラウス×ブルーのスカーフベルト

ベージュタックブラウス×ブルーのスカーフベルトのコーデ画像

▼オフホワイトスモック×ブルーのスカーフベルト

オフホワイトスモック×ブルーのスカーフベルトのコーデ画像

トップスとボトムが同じ色なので、締まる色でウエストマーク。上下オフホワイトの優しい色味には、ダークトーンではっきりした色のスカーフにすることでクールな雰囲気を演出できます。

▼白プルオーバー×パターン柄のスカーフベルト

白プルオーバー×パターン柄のスカーフベルトのコーデ画像

上下に柔らかさのあるふんわりコーデ。なのに、甘く見えないのは特徴的なスカーフの柄によって引き締まっているから。スカーフは花柄やペイズリーなどが多くみられますが、このようなパターン柄もコーディネートのアクセントになるのでオススメです。

デニム×スカーフベルト

▼ワイドデニム×エンジのスカーフベルト

ワイドデニム×エンジのスカーフベルトのコーデ画像

インディゴブルーのワイドデニムなら、マリンテイストなネイビー×エンジのストライプが好相性。スカーフに入った白とバッグの白で徹底的に爽やかにキメて。

▼カットオフデニム×オレンジのスカーフベルト

カットオフデニム×オレンジのスカーフベルトのコーデ画像

カジュアルな印象のカットオフデニムには少し遊びのあるオレンジをチョイス。ニット×黒パンプスに合わせたシンプルなコーディネートも、オレンジの差し色でポップに仕立てると、周りと差がつきます。

スラックス×スカーフベルト

▼赤スラックス×ブラウンのスカーフベルト

赤スラックス×ブラウンのスカーフベルトのコーデ画像

赤のボトムという少々難易度が高そうなアイテムにこそ、スカーフベルトをオススメしたい。ジャージー素材のリラックス感あるシルエットに、渋めブラウンのスカーフを合わせることで、「脱・オシャレ迷子」に。

▼白テーパードパンツ×グリーンのスカーフベルト

白テーパードパンツ×グリーンのスカーフベルトのコーデ画像

ボリューム感のあるざっくりニットもタック入りのテーパードパンツにインして、スカーフベルトをアクセントにすれば、即垢抜けコーデに。これで定番アイテムのニットとテーパードパンツもブラッシュUPが可能です。

次ページ> スカーフベルト『技あり』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW