FASHION

スカーフベルトの簡単な巻き方と、即実践のコーデ例!

2019/06/14

首やカバンに巻くだけじゃもったいない! ウエストマークするだけで、トレンド感とスタイルアップの両方を叶えてくれる優秀アイテム「スカーフ」。シンプルなコーディネートのアクセントにもなる、活躍度「大」のアイテムをぜひマスターして使いこなそう。

スカーフベルトの『簡単な巻き方』と選ぶべき『サイズ感』は?

スカーフベルトの『簡単な巻き方』と選ぶべき『サイズ感』は?のイメージ画像

とは言え、どうやって結べば良いのか? 形やサイズ・ 長さはどのくらいあれば良いのか? イマイチ分かりにくいところ。まずは初心者でも簡単に出来る結び方と、オススメの形やサイズ感を確認しよう。

スカーフベルトの巻き方【1】かた結び

スカーフベルトの巻き方【1】かた結びのイメージ画像

定番の結び方がこのかた結び。2回結ぶだけなので誰でも簡単にトライ出来るオススメの結び方です。

スカーフベルトの巻き方【2】リボン結び

スカーフベルトの巻き方【2】リボン結びのイメージ画像

ふんわりとしたボリュームトップスだと、せっかく柄のスカーフを巻いても埋もれてよく見えない……そんなときは、このリボン結びを試してみて。
腰回りにボリュームも出るので、ウエストの細見え効果も期待大。

使い勝手の良いサイズ感は?

使い勝手の良いサイズ感は?のイメージ画像

基本的には、ウエスト一周+結べる分の長さがあれば大丈夫。あとは結び方によって、必要な長さは変わってくるので、まずは大判で正方形のタイプを選んでおけば、いろいろな使い方が出来て便利です。

『ワンピース』にスカーフベルトを巻く

ワンパターンになりがちなワンピースも、スカーフベルトで一気にこなれ感UPを実現。足元にぺたんこ靴を合わせる場合でも、高めのウエスト位置にスカーフを巻いてあげれば、脚長効果もあるので小柄な方でもトライしやすいアイテムです。

長袖ワンピース×スカーフベルト

▼白タックワンピース×エンジ

白タックワンピース×エンジのコーデ画像

長袖や袖にボリュームがあるタイプの場合、かた結びにして長めに垂らすことで縦長のラインが強調され、スッキリ見えるので重たく見えにくいので◎。また、ボトムとスカーフのトーンを合わせることで全体的にまとまった印象に。

半袖ワンピース×スカーフベルト

▼黄色ワンピース×ネイビー

黄色ワンピース×ネイビーのコーデ画像

発色のよい原色系のワンピースには、落ち着いたトーンのスカーフにして、柄や色味もしっかり見せてあげると子どもっぽくならず、大人の女性を演出可能。

▼ブルーワンピース×オレンジ

次ページ> スカーフベルトを『トップス』に巻く
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW