11月の服装
FASHION

11月の服装は?本格的な冬コーデの始まり!お手本コーデ28選

2019/06/12

秋から冬へと移り変わる11月。
朝晩と日中の寒暖差で何を着たらいいのか悩む時期でもあります。ここでは、そんな悩ましい11月におすすめなお手本コーデを、上旬、中旬、下旬に分けてご紹介。ぜひ、コーデの参考にしてみて下さい。

11月の服装は何が正解?

秋から冬への移行期である11月は、上旬では長袖トップス1枚で過ごせていたのに、下旬ではアウターなしでは寒い!と感じてしまうほど、気温に伴い服装が変化します。
そんな変化の激しい11月の服装で、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

冬の始まりである11月はニットやカーディガンで暖かい恰好を

▼着回しのきく黒ニットチュニック

黒ニットチュニックのコーデ画像

11月に入ると、いよいよニットやざっくりカーディガンの出番。アウター要らずのこの時期はニットチュニックが大活躍。スキニーパンツやロングスカートとも合わせやすく、気になるお腹周りもカバーしてくれます。

▼気軽に羽織れるざっくりカーディガン

ざっくりカーディガンのコーデ画像

コートを着るまででもない時期は、ざっくりカーデをフル活用。ノースリーブトップスや半袖Tシャツなど薄着の上に羽織るのもこなれて見えておすすめ。

気温によってコート(アウター)を使い分けて温度調節を心がけて

▼11月上旬・中旬に最適なデニムジャケット

11月上旬・中旬に最適なデニムジャケットのコーデ画像

アウターは気温によって柔軟に使い分けるのがベスト。
平均気温が13~15度の11月上旬・下旬は、デニムジャケットくらいの軽めのアウターがちょうどいい。

▼11月下旬はいよいよコートの出番

11月下旬はコートのコーデ画像

平均気温が12度以下になることも多い11月下旬は、いよいよロングコートの出番。ダークカラーのコートはどうしても重く見えてしまうので、インナーを白系や明るいカラーでまとめて軽やかな印象を演出して。

ハイネックアイテムを使って冬定番コーデに!

▼大人上品になる黒タートルネックニット

黒タートルネックニットのコーデ画像

より冬らしい着こなしを意識するなら、ハイネック&タートルネックアイテムを取り入れて。
シックな黒タートルネックニットは、カジュアルな色落ちデニムに合わせても上品に仕上がります。

▼小物次第で変わる黒タートルネックニットワンピース

黒タートルネックニットワンピースのコーデ画像

1枚着るだけでコーデが完成するタートルネックニットワンピース。定番かつ落ち着きのある黒なら、小物次第でカジュアルにもきれいめにも変幻自在。黒コンバースを合わせれば大人の辛口カジュアルに。

11月上旬の服装は「ニット・パーカー」を使ったコーデを考えよう

平均気温が15度前後の11月上旬は、ニットやスウェットパーカー1枚で過ごせる時期。羽織り要らずなのでニットやパーカーを主軸に、様々なシルエットのスカート・パンツを合わせて着こなしの幅を広げてみて。

ニットプルオーバーにボトムスを合わせて着回そう

▼タートルネックニット×プリーツスカート

タートルネックニット×プリーツスカートのコーデ画像

タートルネックニット×ふんわり広がるプリーツスカートのルーズバランスのコーデは、野暮ったく見えないようニットのフロントタックインでメリハリを。仕上げに、サングラス・パイソン柄バッグとパンチのある小物で引き締めて。

▼タートルネックニット×タイトスカート

タートルネックニット×タイトスカートのコーデ画像

ゆったりとしたタートルネックニットとタイトスカートとの「ふんわり×タイト」な今どきバランスなコーデ。シンプルなワンツーは、黒×ミントグリーンのモダンな配色でグッと垢抜けた印象に。

▼タートルネックニット×ワイドパンツ

タートルネックニット×ワイドパンツのコーデ画像

ざっくりニットとワイドパンツのボリューミーなアイテム同士は、ニットのタックインでメリハリをつけるのがすっきり決まるコツ。カーキ×ベージュの甘さのない都会的な配色で、大人カジュアルへと昇華。

ニットワンピースなら一枚で大人かわいいが作れる

▼デニムと合わせたラフなスタイリング

デニムと合わせたラフなスタイリングのコーデ画像

色んなボトムとのコーデが楽しめるスリット入りニットワンピース。コーデを何も考えたくない日は、テーパードデニムと合わせたラフなスタイリングに。単純なコーデですが、スリットから見えるデニムがこなれ感たっぷり。

▼ブラウン×黒でシックに決めて

ダークブラウンのニットワンピースのコーデ画像

落ち着いたダークブラウンのニットワンピースは、そのまま大人っぽく着こなしたい。ワンピースの下は黒スキニーと黒レザーブーツで辛口に仕上げて。大人カッコいいコーデは、ダウンヘアでほんのり親しみやすさを演出。

▼抜け感たっぷりのVネックニットワンピース

Vネックニットワンピースのコーデ画像

まだ、そこまで寒くない11月上旬は、深く開いたVネックニットで抜け感たっぷりのコーデを楽しむのも◎。上半身が軽く見える分、足元をロングブーツでボリュームを持たせると安定感のあるコーデになります。

パーカー・スウェットを使ってカジュアルコーデに

▼黒スキニーと合わせてスポーティーに

パーカーと黒スキニーのコーデ画像

厚手のパーカーやスウェットが主役のスタイリングもできる11月上旬。アクティブに過ごす日は、オーバーサイズなパーカーと黒スキニーのカジュアルコーデがマスト。定番コーデは、カーキのレッグウォーマーでひとひねり効かせて。

▼花柄スカートを合わせてフェミニンカジュアルに

花柄スカートのコーデ画像

パーカーよりもスポーティーな印象が控え目なスウェットは、デイリーにも使い勝手のいいアイテム。ポワンとした袖ならニット感覚で使えて、フェミニンコーデも作りやすい。花柄ロングスカートと合わせて今どきのフェミニンカジュアルに。

11月中旬の服装は「羽織り」を意識してコーデを作ろう

11月中旬の平均気温は13度前後。日中はニットやスウェット1枚で過ごせても、朝晩は10度以下になることもあるので、脱いでもかさばらない軽めのアウターが必要に。11月中旬からのコーデは、「羽織り」を意識してみて。

カーディガンは厚手のものを選んで

▼ざっくりカーデ×ワイドパンツ

ざっくりカーデ×ワイドパンツのコーデ画像

11月中旬からは、薄手のハイゲージカーディガンからアウターにもなる厚手のざっくりカーディガンへと更新して。
トラッドなチェック柄ワイドパンツに、ざっくりカーデをゆるっと羽織って大人のこなれ感を演出。

▼ざっくりカーデ×タイトスカート

ざっくりカーデ×タイトスカートのコーデ画像

ピタッとタイトなニットとタイトスカートで作ったIラインコーデに、ざっくりカーディガンを羽織った今どきバランスのスタイリング。ボリュームたっぷりの上半身は、足元を黒ソックス&パンプスでコンパクトにまとめることで好バランスに。

ライダース・ブルゾンならコートより軽めで使いやすい

▼黒ライダースジャケットで辛口コーデに

黒ライダースジャケットのコーデ画像

コートまで必要のない時期に活躍するのが、脱ぎ着しやすいラーダースジャケットやブルゾン。
大人カッコいいコーデがしたい人には、ライダースジャケットがおすすめ。ふわっと広がりやすいプリーツスカートをピリッと引き締めます。

▼カーキブルゾンで甘辛コーデに

カーキブルゾンのコーデ画像

デイリーコーデに気負わず合わせることができるカーキブルゾン。甘いコーデの引き締め役としても活躍。
黒ハイネックニット×ピンクプリーツスカートのフェミニンコーデに羽織って、ミックス感を出しコーデの完成度を高めて。

マフラー・ストールを使って体温調節を

▼黒ニット×グレーストールで大人カッコよく

黒ニット×グレーストールのコーデ画像

日中と朝晩の寒暖差が激しい時こそ、スカートやマフラーを上手く活用したい。
合わせるトップス次第で印象がかなり変わるので、ストールやマフラーとの組み合わせを変えるだけで着こなしの幅が広がります。
黒ニット×グレーストールなら、クールで大人カッコいい印象に。

▼白ニット×グレーストールで甘さ控え目に

白ニット×グレーストールのコーデ画像

ボリュームある白ニットが主役の大人可愛いデニムコーデ。グレーストール&眼鏡を合わせると、白ニットの甘さを抑え大人っぽく知的な印象に。

次ページ> 11月下旬の服装は「コート」をメインに冬を意識したコーデに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW