気温26度の服装
FASHION

気温26度の服装は?最低・最高気温で変わる着こなし術【夏・秋33選】

2019/06/11

初夏から夏、晩夏にかけて多くなる「気温26度」。ちょうど季節の変わり目とも重なり、着こなしに悩むもの。
最低・最高気温や季節によって着こなしが大きく変わるので、気温・季節ごとにマストなコーデを知っていれば服装選びも迷わないはず!
ここでは気温26度に最適なレディースコーデとアイテムを、最高・最低気温&季節別にお届け。

白のコットンブラウスとデニムパンツのコーデ画像

ニュートラルカラーである白のコットンブラウスは、春にも夏にも馴染むので、曖昧なこの6月に使い勝手のいいアイテム。6月はインディゴデニムと合わせて落ち着いた印象に仕上げたい。

▼長袖ブラウスはロールアップ

長袖ブラウスをロールアップしたコーデ画像

日によっては長袖ブラウスは暑く感じてしまう6月。暑い日は、長袖ブラウスをロールアップして涼しげに見せて。このひと手間でこなれ見え効果も倍増!

「最高気温26度」は9月頃!秋のアイテムや色を取り入れたコーデに

6月と同じく「最高気温26度」になることが多い9月頃の晩夏時期。まだまだ残暑も厳しいので、まずは半袖ニットや秋らしい色・柄のボトムから、少しずつコーデに取り入れてみて。

ニット

▼シックに見える『黒ニット』

黒ニットのコーデ画像

夏は白系トップスと合わせることが多い色物ボトム。黒ニットにチェンジするだけで、晩夏らしい落ち着いた印象に。ピタッとしたリブニットとタイトスカートとのシャープなシルエットは、スニーカーでハズシてもスタイル良く決まります。

▼トレンド感が出る『ブラウンニット』

ブラウンニットのコーデ画像

トレンドカラーとして注目されている「ブラウン」。秋色カラーでもあるので、ブラウンの半袖ニットは晩夏に最適。同じく秋色カラーのカーキベイカーパンツと合わせて、季節を先取った大人カジュアルコーデの完成。

▼フェミニンな『グレージュニット』

グレージュニットのコーデ画像

グレーを柔らかい印象にしたグレージュはフェミニンに見せてくれるカラー。グッと開いたボートネックのグレージュニット×細身テーパードデニムできれいめカジュアルに。コルクソールサンダルやクリアトートで夏らしい軽やかさもキープ。

秋色

▼女っぷりが上がる『ボルドーブラウス』

ボルドーブラウスのコーデ画像

秋色は、まずはブラウスやTシャツなどライトなアイテムから取り入れて。女っぷりが上がるボルドーのブラウスは、インディゴデニムと合わせて上品に着こなしたい。仕上げに上質小物をONして大人っぽく引き上げて。

▼秋っぽくて爽やかな『カーキシャツワンピース』

カーキシャツワンピースのコーデ画像
次ページ> 「最低気温26度」の屋外では通気性の良いアイテムで快適に過ごそう
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW