FASHION

女性の平服【NG・OKポイント】結婚式から面接までわかりやすく解説!

2019/06/11

冠婚葬祭の場や式典などの招待状で見かける「平服でお越しください。」の文字。「”平服”って何だろう……」と思った方も多いのでは? そこで今回は平服の意味とシーン別のマナー、コーディネートをご紹介! 正しい常識を身に着けて当日に備えてみて。

平服(平服)とは?

まず初めに知っておきたい点は、「平服」とは私服や普段着ではなく正装の一つであるということ。「平服でお越しください。」という言葉の真意は「あまり構えず気軽にお越しください。」という招待側の気遣いです。だからといって本当に気軽な格好で行くのはNGしっかりマナーを守った大人の装いを心がけましょう。かしこまった場ではドレスコードが必須。ドレスコードの格式は大きく分けて3段階あります。

ドレスコードの格式

開催される場所や招待側によって、多少の誤差があるのでしっかりリサーチしてから行くのがおすすめ。

正礼装(正礼服)
1番格式が高い礼装でアフタヌーンドレス、イブニングドレス、ウェディングドレスなどがあります。

準礼装(準礼服)
2番目に格式が高い礼装でセミアフタヌーンドレス、カクテルドレスなどがあります。

略礼装(略礼服)
最後の3番目に格式が高い略礼装が平服になります。ワンピースやアンサンブルスーツなどがあります。

【結婚式】の平服

結婚式の平服【NG】ポイント

・白のドレス
・全身黒のコーディネート
・黒のストッキング、タイツ、生足
・生花のヘアアクセサリーやティアラ
・毛皮やアニマル柄

結婚式の平服【OK】ポイント

・白以外のカラードレス
・ポイントの黒使い
・ベージュのストッキング
・サテンやレースなど高級感のある素材

最近、カジュアルなものが多くなってきている結婚式。服装にドレスコードなど明確な決まりがない場合、このポイントに気を付けて!

結婚式コーデ

▼ツヤ感素材でムーディーに

ツヤ感のあるワンピースは大人っぽく着こなせる高見えアイテム。ミニ丈のワンピースも落ち着いたダスティーグリーンなら年相応に着こなせるかも。バッグやピアスもゴージャスなものをチョイスして華やかに仕上げて。

▼シースルー素材を部分使いして

きれいめシルエットのブラウンドレスはシースルーのパフスリーブで抜け感をプラス。華奢なラインが際立つスリーブはさりげない水玉模様をあしらったデザイン。ピシッとした大人な雰囲気の中に隙を見せるのがテクニック。

▼ネイビーで知的なムードを

フィッシュテールは後ろが前より長いデザイン裾。歩くたびにユラユラ揺れるシルエットが女性らしさを演出します。ネイビーのフィッシュテールワンピースなら甘くなりすぎない旬のコーデの出来上がり。

二次会コーデ

▼レースワンピースなら普段着にも

小物使いによってデイリーにも取り入れられるレースワンピース。結婚式の二次会にはパンプスとクラッチと合わせてきれいめにコーディネートして。明るい色のレースならいやらしさもなくこなれ感抜群。

次ページ> 【面接】の平服
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW