FASHION

女性の平服【NG・OKポイント】結婚式から面接までわかりやすく解説!

2019/06/11

冠婚葬祭の場や式典などの招待状で見かける「平服でお越しください。」の文字。「”平服”って何だろう……」と思った方も多いのでは? そこで今回は平服の意味とシーン別のマナー、コーディネートをご紹介! 正しい常識を身に着けて当日に備えてみて。

平服(平服)とは?

まず初めに知っておきたい点は、「平服」とは私服や普段着ではなく正装の一つであるということ。「平服でお越しください。」という言葉の真意は「あまり構えず気軽にお越しください。」という招待側の気遣いです。だからといって本当に気軽な格好で行くのはNGしっかりマナーを守った大人の装いを心がけましょう。かしこまった場ではドレスコードが必須。ドレスコードの格式は大きく分けて3段階あります。

ドレスコードの格式

開催される場所や招待側によって、多少の誤差があるのでしっかりリサーチしてから行くのがおすすめ。

正礼装(正礼服)
1番格式が高い礼装でアフタヌーンドレス、イブニングドレス、ウェディングドレスなどがあります。

準礼装(準礼服)
2番目に格式が高い礼装でセミアフタヌーンドレス、カクテルドレスなどがあります。

略礼装(略礼服)
最後の3番目に格式が高い略礼装が平服になります。ワンピースやアンサンブルスーツなどがあります。

【結婚式】の平服

結婚式の平服【NG】ポイント

・白のドレス
・全身黒のコーディネート
・黒のストッキング、タイツ、生足
・生花のヘアアクセサリーやティアラ
・毛皮やアニマル柄

結婚式の平服【OK】ポイント

・白以外のカラードレス
・ポイントの黒使い
・ベージュのストッキング
・サテンやレースなど高級感のある素材

最近、カジュアルなものが多くなってきている結婚式。服装にドレスコードなど明確な決まりがない場合、このポイントに気を付けて!

結婚式コーデ

▼ツヤ感素材でムーディーに

ツヤ感のあるワンピースは大人っぽく着こなせる高見えアイテム。ミニ丈のワンピースも落ち着いたダスティーグリーンなら年相応に着こなせるかも。バッグやピアスもゴージャスなものをチョイスして華やかに仕上げて。

▼シースルー素材を部分使いして

きれいめシルエットのブラウンドレスはシースルーのパフスリーブで抜け感をプラス。華奢なラインが際立つスリーブはさりげない水玉模様をあしらったデザイン。ピシッとした大人な雰囲気の中に隙を見せるのがテクニック。

▼ネイビーで知的なムードを

フィッシュテールは後ろが前より長いデザイン裾。歩くたびにユラユラ揺れるシルエットが女性らしさを演出します。ネイビーのフィッシュテールワンピースなら甘くなりすぎない旬のコーデの出来上がり。

二次会コーデ

▼レースワンピースなら普段着にも

小物使いによってデイリーにも取り入れられるレースワンピース。結婚式の二次会にはパンプスとクラッチと合わせてきれいめにコーディネートして。明るい色のレースならいやらしさもなくこなれ感抜群。

▼ハンサムさんにはパンツのセットアップ

可愛らしさよりクールに決めたいと思っている方におすすめなのが、パンツのセットアップです。ウエストのタックが胸下にあり脚長効果も期待できるシルエット。テーパードパンツはセンタープレスラインがあり、かしこまったシーンにもピッタリ。

▼オールインワンで楽かわスタイル

堅苦しい装いが苦手な方にはオールインワンで楽かわスタイルを。トレンドのラベンダーカラーとベージュの間のようなカラーは1点投入するだけで今っぽさ全開。ブルーのレースインナーでエッジを効かせた着こなしに。

【面接】の平服

面接の平服【NG】ポイント

・カジュアルすぎる私服

面接の平服【OK】ポイント

・リクルートスーツ
・企業に合わせた装い
(会社の社風によってはオフィスカジュアルで平気なところもある。)

面接の平服の基本はリクルートスーツ。平服でと記載があっても企業側が面接を受ける人の常識を試している場合があるため、リクルートスーツが無難です。また企業や業界によって平服の意味合いが違うことも。社員の服装をチェックしたりOBやOGに聞いたりして徹底したリサーチをしてみて。

スーツスタイル 

▼基本のリクルートスーツ

無難なリクルートスーツは自分のサイズにしっかり合うものを選びましょう。見栄えが変わると面接官のイメージも変わってくるので変わってくるので入念に。バッグは大きな資料が折らずに入る大きめサイズが◎。

▼小物使いでラフさを

少しラフな面接には小物の色使いを楽しんで。バッグとパンプスを落ち着いたベージュで揃えるとデキる大人のスタイリングに。ちょっと砕けたスタイルで自分の緊張もほぐせば面接で自然な笑顔も出せる予感。

オフィスカジュアルでOKなところもあり

▼ラフな面接のサマールック

ジャケットが暑くて羽織れない時期にはきれいめブラウスが大活躍。涼しげで清潔感あふれる印象をゲットできます。ベージュパンツはセンタープレスラインが入ったものできちんと感を発揮して。合格後の研修時も平服と言われたら、このくらいのきれいめスタイルで大丈夫なこともあります。

次ページ> 【入学式】の平服
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW