花柄スカートコーデは『3つのコツ』で簡単に見違える!大人コーデ28選
FASHION

花柄スカートコーデは『3つのコツ』で簡単に見違える!大人コーデ28選

2020/02/10

「そろそろ花柄スカートは厳しいかも……」なんて思っていませんか? 今回は、そんな心配を抱える大人女子もためらいなくはける花柄スカートの選び方から着こなしのポイント、お手本コーデまで完全レクチャー。年中着まわせる上に、はくだけでコーデが華やかにキマる花柄スカートは、一枚あれば重宝するアイテム。あなたにぴったりの一枚を見つけてみて。

大人っぽく着こなす3つのコツ

花柄スカートは、着こなしによっては可愛くなりすぎてしまったり、子供っぽくなったりするのが心配なところ。そんな失敗をしないために、まずは大人の花柄スカートコーデの基本となる、 簡単な3つのコツをチェック。

⑴大人女子はミモレ丈〜マキシ丈をチョイス

大人女子はミモレ丈〜マキシ丈をチョイスしたコーデ画像

短い丈のものを選んでしまうと、甘い雰囲気の花柄スカートがますます甘めに......。ミモレ丈〜マキシ丈なら、花柄の可愛らしさを残しつつも上品に着こなすことができます。

⑵トップスはシンプルに引き算コーデを意識

トップスはシンプルに引き算コーデを意識したコーデ画像

存在感のある花柄スカートをはくときは、トップスはなるべくシンプルにまとめて”やりすぎ感”が出ないようにバランスを調整するのが◎。上手な引き算コーデで大人の余裕をアピールして。

⑶アラサー・アラフォーはとにかく子どもっぽさ回避

アラサー・アラフォーはとにかく子どもっぽさ回避したコーデ画像

30代、40代の大人女子が花柄スカートをはきこなすコツは、“大人っぽ魅せ”を重視すること。丈はロングで、落ち着いたトーンの小花柄スカートがおすすめ。華奢で上品な雰囲気をメイクして。

2020年のトレンドは?

花柄ブームが到来した2019年。さまざまな場面で花柄アイテムを目にすることも多かったかもしれません。ここでは、2019年特に流行した花柄スカート3つをご紹介。2020年もこの3つを押さえておけば、花柄コーデは間違いなし!

小花柄

小花柄のコーデ画像

春先に流行ったのが小さな花がぎっしり描かれた「小花柄」スカート。シンプルで上品な小花柄は、年代を問わず使える優秀アイテム。幅広いコーデに取り入れることができ、着回し力もバツグン。

ボタニカル柄

ボタニカル柄のコーデ画像

南国を思わせる「ボタニカル柄」スカートは、サマーシーズンに大流行。コーデのなかに一枚取り入れるだけで、パッと華やかな印象に。マンネリになりがちなデイリーコーデを、おしゃれな夏仕様にチェンジしてくれる優れもの。

ノスタルジックフラワー柄

ノスタルジックフラワー柄のコーデ画像

秋から冬にかけては、レトロな「ノスタルジックフラワー柄」に火がつきました。かわいいもカッコイイも叶えてくれる、どこか懐かしい雰囲気の花柄。ヴィンテージ感抜群のスカートは大人女子にぴったり。

《丈感》で印象チェンジ

大人女子におすすめなロング・マキシ丈、ミモレ丈はそれぞれ印象にどのような違いがあるのかをここでチェック! あなたの好みはどっち?

「ロング・マキシ丈」なら大人女子もトライしやすい

「ロング・マキシ丈」のコーデ画像

初めて花柄スカートを買うなら、ロング丈・マキシ丈を選べば間違いナシ。花柄の可愛らしい印象は残しつつも、肌見せが少ないので大人っぽくキマります。マキシ丈なら自然とスタイルアップも狙えるのでシャープな着こなしが叶います。

「ミモレ丈」で女性らしさ満点のスタイルに

「ミモレ丈」で女性らしさ満点のスタイルにしたコーデ画像

ふくらはぎくらいまで丈があるミモレ丈は、ほんのりフェミニンな印象になるので、きれいめコーデを作りたいときにおすすめ。足元はヒールでバランスよく着こなすのが正解。

《ベースカラー》で印象チェンジ

柄物のスカートは、 「ベースのカラー」によってかなり印象が変わってくるので、ここではベースカラーごとの違いや着こなし方をチェック。あなたの”なりたい雰囲気”に合わせて、カラーを選んでみて。

「黒ベース」でシックな装いに

「黒ベース」でシックな装いにしたコーデ画像

黒がベースの花柄スカートは、花柄なのにどこかクールな印象を与えてくれるので、甘さを抑えられて◎。重たく見えないよう、明るい色のトップスを合わせたり、足首見せで抜け感を出したりするのがコツ。

「白ベース」で可憐な印象に

「白ベース」で可憐な印象にしたコーデ画像

白がベースの花柄スカートは、清楚で可憐な印象を与えてくれるので、きれいめコーデにぴったり。ただし、白ベースは甘めになりがちなため、合わせるトップスは大人っぽいものを選ぶと◎。

「ブラウンベース」で優しい雰囲気に

「ブラウンベース」で優しい雰囲気にしたコーデ画像

ブラウンベースの花柄は、ナチュラルで優しい印象を与えてくれるので、カジュアルコーデと好相性。コーデに組み込むときは、全体の色味を合わせたワントーンコーデ風に仕上げるのがおすすめ。

《シルエット・デザイン》を変えて個性を発揮

人気の花柄スカートは、シルエットやデザインで個性を出すと◎。それぞれの個性を活かしつつ、バランスのいいアイテム合わせでオシャレ偏差値をアップさせちゃいましょう!

フレアスカート

▼黒でまとめれば甘さより大人っぽさが勝つ

黒でまとめれば甘さより大人っぽさが勝つの画像

花柄×フレアの女性らしさ満点な組み合わせ。「ちょっとかわいすぎかな……」と敬遠されがちですが、黒ベースのものなら大人の品格漂う着こなしが叶います。他のアイテムもすべて黒でまとめれば、好感度高めな大人コーデが完成。

タイトスカート

▼個性派カラーで着映えを狙って

個性派カラーで着映えを狙ったコーデ画像

花柄×タイトスカートの組み合わせは、ちょっぴりキツいイメージがありますが、色味しだいでナチュラルに着こなすことが可能。さわやかなミントグリーンのベースに、ドライフラワーを思わせる落ち着いた花柄が映えるスカートは、夏のコーデの主役にぴったり。

Aラインロングスカート

▼控えめな可愛さで女性らしさアップ

控えめな可愛さで女性らしさアップしたコーデ画像

裾のほどよい広がりと、ストンとした落ち感が着やすさバツグンのAラインロングスカート。ロング丈×小花柄の組み合わせは、ひかえめなかわいさで好感度もアップ。デートにもおすすめの一枚です。

プリーツスカート

▼シックなスカートをカジュアルアイテムではずす

シックなスカートをカジュアルアイテムではずしたコーデ画像

品のよさが際立つ花柄×プリーツの組み合わせ。モノトーンの花柄なら甘さを落ち着かせることができるので◎。あえてフーディーやスニーカーで力を抜くことにより、大人の余裕たっぷりの着こなしを実現。

【秋冬】コーデ例

暗くなりがちな秋冬コーデに華やかさをプラスしてくれる花柄スカート。ざっくりニットやショートブーツと合わせれば、春夏とはまた違ったかわいらしさを見せてくれます。

ロング・マキシ丈「秋冬」

▼上品なティアードスカートを主役に

上品なティアードスカートを主役にしたコーデ画像

繊細なフリルが美しく重なった花柄ティアードスカートは、コーデの質をグッと高めてくれる一枚。この美しさを引き立たせるために、他のアイテムはシンプルな黒でまとめるのが正解。

▼ガーリーなスリット入りニットで引き締め

ガーリーなスリット入りニットで引き締めたコーデ画像

ガーリーな赤ベースの小花柄スカートは、深くスリットの入ったロングニットを合わせることで大人っぽくシフト。肌見せが少ない分、真っ白なバッグでコーデに抜け感をメイク。

▼カラフルな花柄スカートもシックに着こなせる

カラフルな花柄スカートもシックに着こなせるコーデ画像

はくだけでハッピーな気分になれそうなカラフルな花柄スカートは、ベースカラーに合わせてトップスや小物も黒でそろえれば、コーデに統一感が出て大人っぽく着こなせます。メタリックなスリッポンで足元に抜け感を作る小技も◎。

▼こなれ感たっぷりのだぼっとコーデ

こなれ感たっぷりのだぼっとコーデの画像

マキシ丈の花柄スカートの中にデニムをレイヤードした上級者コーデ。全体のだぼっと感がこなれ感をアップさせてくれます。ライトグレーのニットでコーデのトーンを上げることで、やぼったく見える心配もナシ。

▼ワンピースとレイヤードしておしゃれ偏差値をアップ

ワンピースとレイヤードしておしゃれ偏差値をアップしたコーデ画像

マキシ丈の花柄スカートを、ワンピースの裾からチラッとのぞかせる着こなしもとってもおすすめ。ワンピースを一枚で着たときの全体のぼんやり感が解消される上、縦長ラインが強調されてスタイルアップ効果も狙えます。

ミモレ丈「秋冬」

▼花柄スカートで作る上品ブラウンコーデ

花柄スカートで作る上品ブラウンコーデの画像

ネイビーベースに描かれた茶色の花びら柄が大人っぽいミモレ丈スカート。スカートの柄の色と同じ色のニットを合わせれば、たちまちコーデに統一感がでて◎。ライトベージュのショートブーツを合わせることでコーデのトーンがアップし、重た見えも回避。

▼刺しゅう入りチュールスカートを大人っぽく

刺しゅう入りチュールスカートを大人っぽくしたコーデ画像

カラフルな花の刺しゅうが繊細でかわいらしいチュールスカートは、黒のタートルネックニットと合わせて甘さひかえめに着こなすのが正解。イエロー×ベージュのハットが、コーデにほんのりレトロな雰囲気をプラスしてくれます。

▼ボリュームのあるニットでマイルドにまとめて

ボリュームのあるニットでマイルドにまとめたコーデ画像

存在感のある大花柄スカートも、ブラウンベースなら落ち着いた印象で着こなしやすいはず。袖のボリューム感がかわいらしいベージュのニットを合わせてマイルドにまとめて。

【春夏】コーデ例

花柄スカートをたくさんはきたくなる春夏は、コーデの可能性が無限大! ここでは、春夏らしいさわやかでやわらかい着こなしから、大人っぽく落ち着いた着こなしまで、さまざまなコーデをご紹介。

ロング・マキシ丈「春夏」

▼ヘルシーな肌見せで抜け感を

ヘルシーな肌見せで抜け感を出したコーデ画像

シックな印象の小花柄マキシ丈スカートは、くすみネイビーの五分袖ニットと合わせて大人っぽくまとめて。デコルテ部分をほどよく肌見せすることで、暗めのトーンのコーデも重たく見えず、抜け感も出て◎。

▼ベージュコーデの引き締め役に

ベージュコーデの引き締め役にしたコーデ画像

ベージュコーデはやぼったく見えがち。ブラウンベースではなく、あえて黒ベースの小花柄スカートを投入することで、コーデにメリハリが生まれてスッキリ見えが叶います。

▼リラクシーな大人コーデ

リラクシーな大人コーデの画像

まるで水彩画のような花柄が美しいマキシ丈のフレアスカートは、シンプルなノースリーブトップスとビーチサンダル、カゴバッグを合わせてリラックスムードたっぷりに着こなして。スカートの雰囲気に合わせてゴールド系のアクセサリーでちょっぴりゴージャスに飾るのが◎。

▼花柄スカートで今っぽさ満点のモノトーンコーデ

花柄スカートで今っぽさ満点のモノトーンコーデの画像

黒の小花柄Aラインスカートの落ち着きある雰囲気を活かしたモノトーンコーデ。トップスにあえてオーバーサイズの白スウェットをもってきて、ルーズなシルエットをメイクしたのがこなれ見えの秘訣。だらしなく見えないよう、黒のベルトでメリハリを。

▼大花柄フレアスカートをリゾート風に

大花柄フレアスカートをリゾート風にしたコーデ画像

ボリューム感たっぷりの大花柄フレアスカートは、プレーンな白Tシャツを合わせてほどよくカジュアルダウンするのが正解。ストローハットやビーチサンダル、クリアバッグを散りばめれば、海辺でも映えるリゾートスタイルの完成。

ミモレ丈「春夏」

▼絶妙な甘辛バランスコーデ

絶妙な甘辛バランスコーデの画像

白ベースの小花柄フレアスカートは、スカートのトーンに合わせて白Tシャツと白のフラットミュールでさわやかに着こなして。陳腐なコーデにならないよう、デニムジャケットをゆるっと羽織ってカジュアルに味付け。黒のフリンジバッグを持てば、“かわいいだけじゃない”コーデに変身。

▼おしゃれ上級者のテイスMIXコーデ

おしゃれ上級者のテイスMIXコーデの画像

ミモレ丈の小花柄スカートは、オーバーサイズのグレーのスウェットと合わせてカジュアルダウン。足元は白ソックス×黒パンプスでレディにまとめれば上級テイストMIXコーデに。ギャップのある組み合わせでおしゃれ指数も急上昇。

▼さわやかカラーのスカートを黒アイテムで大人顔に

さわやかカラーのスカートを黒アイテムで大人顔にしたコーデ画像

イレギュラーな裾のカットが躍動感たっぷりな水色のフレアスカートは、とてもさわやかでかわいらしいのですが、着こなし方しだいでは幼く見えてしまうことも……。他のアイテムを黒でまとめれば、スカートのカラーがグッと引き立ち大人っぽく決まります。

▼ロマンティックなスカートも黒ベースなら上品に

ロマンティックなスカートも黒ベースなら上品にしたコーデ画像

ふんわり広がるシルエットがロマンティックな花柄スカートは、ベースカラーが黒なので上品さもキープできてGOOD。スカートが甘めな分、トップスや小物はシンプルなもので引き算するのがお約束。

あえて【スニーカー】合わせるのが大人可愛い

可愛らしい雰囲気をまとう花柄スカートを、カジュアルに中和してくれるのがスニーカー。組み合わせれば、大人可愛いデイリーコーデが完成しちゃいます。

ローテクスニーカーで好感度高めのコーデをメイク

ローテクスニーカーで好感度高めのコーデをメイクしたコーデ画像

ローテクスニーカーなら、花柄スカートに間違いなくマッチ。カジュアルで気負わない雰囲気にまとまるので、好感度高めな着こなしが叶います。

スポーティーなスニーカーではずして個性をアピール

スポーティーなスニーカーではずして個性をアピールしたコーデ画像

ダークオレンジ×青の配色が個性たっぷりで可愛い花柄スカートを、ウインドブレーカーやスポーツスニーカーと合わせてアクティブなコーデに落とし込んだ上級コーデ。スカート以外のアイテムを黒でそろえ、着飾りすぎずシンプルにまとめたのがコーデ成功のポイント。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW