気温17度の服装
FASHION

気温17度の服装はこれ! 春・秋着回せるアイテムで賢くおしゃれ【お手本コーデ25選】

2019/10/24

今日の気温は17度、さてどんな服装ででかけよう? ちょうど春・秋の季節の変わり目にあたる気温17度の時期は、意外とコーデに悩むもの。どうせなら春・秋着回せるアイテムで賢くおしゃれしませんか?
そこで、季節感を演出する着こなしのコツと、春秋どちらも着回せる気温17度にピッタリのアイテムをレクチャー! ぜひ参考にしてみてください。

気温17度はいつ頃になるの?

気温17度になるのは、4~5月の春と10月~11月の秋。ちょうど季節の変わり目の服装に悩む季節ですよね。
この時期は、上着がないと肌寒く感じることも。昼間はポカポカ陽気で暖かかくなっても、夜は冷え込むという日もあるので、軽いアウターがあると便利です。
それでは、気温17度に最適な服装をチェックしていきましょう!

春の「気温17度の服装」で押さえるポイントは?

4・5月の気温17度の日は、春を意識したアイテムを取り入れて季節感のあるコーデを楽しみたい! 色使いや軽やかさを演出できるお洋服を使って、春らしくおしゃれに体温調整しましよう。

優しい色合いを意識して春らしいコーデに

▼イエローワンピース×白ニットカーディガン

イエローワンピース×白ニットカーディガンのコーデ画像

フレッシュなイエローのワンピースに、ピュアホワイトのカーディガンを羽緒って柔らか配色に仕上げたコーデ。夏に1枚で着たいワンピースは、気温17度のときはアウターを使って上手に体温調節を。

▼アイボリーGジャン×グレースカート

アイボリーGジャン×グレースカートのコーデ画像

アイボリー×グレーの明るいトーンで作ったモノトーンコーデは、春らしいライトな仕上がり。ロゴTやウエストバッグでカジュアルさをMIXして、今どきなバランスにブラッシュアップ。

▼ラベンダーニット×デニム

ラベンダーニット×デニムのコーデ画像

春の気分を盛り上げるラベンダーニットは、淡いブルーデニムと合わせてカジュアルダウン。気温17度は朝晩の寒暖差があるので、コンパクトに持ち運べるライダースジャケットが便利。

軽やかなシルエットのワンピースで春らしく!

▼ベージュティアードワンピース

ベージュティアードワンピースのコーデ画像

ふんわりティアードが風になびくたび軽やかなワンピースは、ベージュの小物を合わせてナチュラルなワントーンでまとめて。衿のフリルやパフスリーブで、ロマンティックな春コーデの完成。

▼ミントグリーン花柄ワンピース

ミントグリーン花柄ワンピースのコーデ画像

とろみ感のある生地で仕立てたワンピースは、軽やかだけど大人っぽい雰囲気も手に入る! 春らしいミントグリーン&花柄でフェミニンさを演出したら、ハンサムなトレンチを羽緒って甘さ調整を。

秋の「気温17度の服装」で押さえるポイントは?

10・11月の気温17度の日は、秋冬気分を盛り上げるファーアイテムをアクセントに使ったり、こっくりカラーやチェック柄をMIXしてクラシックな秋コーデを完成させて。全体の色味を少し落ち着かせるだけで、秋仕様にシフトします。

ファーのアイテムを使って秋冬を意識しよう

▼袖ファーニット×トレンチスカート

袖ファーニット×トレンチスカートのコーデ画像

リブニット×トレンチスカートの組み合わせは、シーズンレスで着こなせるキレイめコーデ。袖口にファーをあしらうだけで、一気に秋仕様にシフトします。手元をファーで飾ると、何気ない仕草も可愛げに見えるかも!

▼モノトーンコーデ×白ファーバッグ

モノトーンコーデ×白ファーバッグのコーデ画像

シックなモノトーンコーデもシーズンレスなキーワードですが、ファーバッグをプラスすれば秋らしい装いに。黒×グレーのダークカラーコーデに、白ファーバッグでヌケ感を意識してみて。ふわっとした質感で、コーデの温感もアップ!

チェック柄や秋色を取り入れて旬なコーデに

▼パープルニット×グレータイトスカート

パープルニット×グレータイトスカートのコーデ画像

深みのあるパープルは、秋らしさに加えて高貴なレディさを表現してくれるカラー。トレンドカラーだからこそ、シンプルに着こなして色を主役にしてみて。こちらは、パープルニット以外をカラーレスでまとめた大人コーデ。

▼グリーンブラウス×茶色ワイドパンツ

グリーンブラウス×茶色ワイドパンツのコーデ画像

秋色をドッキングすれば、より季節感のある装いが実現! こっくりグリーン×茶色のフォレストカラーで、ナチュラルな秋コーデを作れば好感度の高いコーデに。トップスとボトムスの素材感でメリハリを作ると◎。

▼黒ニット×チェック柄トレンチスカート

黒ニット×チェック柄トレンチスカートのコーデ画像

チェック柄も、投入するだけで簡単に秋らしさを纏えるエッセンス。気温17度の日に取り入れるなら、気軽にコーデできるボトムスがおすすめ。チェック柄が切替られた技ありスカートで、一歩先行く秋コーデを目指して。

春と秋に大活躍する「最高気温17度」にぴったりのコートは?

最高気温17度の日は、夜になると10度前後まで気温が下がることも。そんな時に活躍するのが軽く着れるコートです! ワードローブに揃えておけば、春・秋の両シーズン使えるので便利。着回ししやすいおすすめコートをCHECK!

トレンチコート

▼ベージュトレンチコート×パーカー×デニム

ベージュトレンチコート×パーカー×デニムのコーデ画像

トレンチコートは、気温17度の季節の変わり目時期に欠かせないアイテム。流行に左右されない定番だから、着回し力も抜群です。パーカー×デニムにトレンチを羽織ったカジュアルコーデはデイリーユースにピッタリな装い。

▼ベージュトレンチコート×フレアスカート

ベージュトレンチコート×フレアスカートのコーデ画像

フレアスカートにトレンチコートを羽織れば、瞬時にレディな装いにシフト。トレンチは元々メンズアイテムなので、スカートコーデの甘さを抑えて大人っぽいバランスを作ってくれます。スカートの色で季節感を演出してみて。

ミリタリーコート

▼ミリタリーコート×白T×黒スキニー

ミリタリーコート×白T×黒スキニーのコーデ画像

普段はもっぱらカジュアル派、そんな方にはミリタリーコートがおすすめ。いつものコーデに羽織るだけで、大人のこなれ感を演出できます。白T×黒スキニーのミニマルコーデも、カーキのコートを羽緒って大人カジュアルに昇華。

▼ミリタリーコート×花柄ワンピース

ミリタリーコート×花柄ワンピースのコーデ画像

ミリタリーコートのインナーに花柄ワンピースを合わせて甘辛MIXを楽しむのもアリ。フェミニンなワンピースを甘さ控えめに着こなせるので、子供っぽくなる心配もなし! コットン素材のミリタリーコートなら、気温17度の日が快適に過ごせます。

ライダース

▼ライダース×部分プリーツスカート

ライダース×部分プリーツスカートのコーデ画像

コンパクトなライダースは、着こなしにエッジを効かせたいときに便利。きれいめコーデもカジュアルコーデもOKな万能アイテムです。こちらは、部分プリーツの上品なスカートにライダースを合わせたキレイめモノトーンコーデ。

▼ライダース×パープルニット×デニム

ライダース×パープルニット×デニムのコーデ画像

シンプルニット×デニムにさらっと肩掛けすれば、スタイリッシュな大人カジュアルの完成。定番の着こなしだからこそ、季節に合わせた色を投入してオシャレ度を高めて。こちらは、深みパープルで女性らしさとシックな雰囲気をプラス。

ブルゾン

▼カーキブルゾン×プリーツスカート

カーキブルゾン×プリーツスカートのコーデ画像

軽くてコンパクトなブルゾンは、暖かくなって脱いだときも持ち運びが楽ちんというメリットが。季節の変わり目の味方になってくれるアウターです。カーキブルゾンにはレディなプリーツスカートで女性らしさをMIXするのがイチオシスタイリング。

▼ベージュブルゾン×ワイドデニム

ベージュブルゾン×ワイドデニムのコーデ画像

優しげベージュのブルゾンは、ワイドデニムでラフに着こなし。全身カジュアルですが、足元のポインテッドトゥパンプスで女っぽい要素をプラスすると大人コーデへクラスアップ!

春と秋どちらも使える「最低気温17度」のアイテムをチェック!

最低気温17度の日は、昼間20度を超えてポカポカ陽気になることが多い時期。アウター無しでもOKだけど、薄手カットソーだとちょっと心配。そんな季節にピッタリなアイテムをお届け。春・秋どちらも使い回せるアイテムだから要チェック!

ニット

▼ベージュニット×プリーツスカート

ベージュニット×プリーツスカートのコーデ画像

最低気温17度の日は、ニット1枚で過ごせて快適な陽気。季節に合わせたカラーリングでおしゃれを楽しみたい! ベージュニットなら、春・秋両方で着回せて便利。こちらは、淡いベージュのプリーツスカートで春らしいワントーンコーデに。

▼白ニットカーディガン×ロングスカート

白ニットカーディガン×ロングスカートのコーデ画像

ニットカーディガンは、着脱して体温調整できるので季節の変わり目である気温17度の日の救世主。ボーダー×ロングスカートのカジュアルコーデに、白カーデをプラスしてカジュアルコーデに洗練感をまとわせて。

▼黒ニットカーディガン×デニム

黒ニットカーディガン×デニムのコーデ画像

白T×デニムのミニマルコーデにニットカーディガンを羽織れば、簡単に季節に合った奥行きコーデの完成。ケーブル編みなら、コーデに立体感もプラスできます。ベーシックカラーなら春秋着回せるので、クローゼットに揃えておきたい!

パーカー

▼ベージュパーカー×黒タイトスカート

ベージュパーカー×黒タイトスカートのコーデ画像

パーカーは、フードが付いていることで簡単にコーデの奥行きアップできる便利アイテム。程よい肉感で、最低気温17度の日に着易い一品です。カジュアルな印象が強いアイテムですが、タイトスカートを組み合わせればレディな雰囲気もOK!

▼黒パーカーワンピース×PVCバッグ

黒パーカーワンピース×PVCバッグのコーデ画像

パーカーワンピースなら、1枚でコーデが完成するのでとっても楽ちん。落ち着いたブラックをセレクトすることで、子供っぽさも排除! ダークカラーは秋アイテムと思われがちですが、PVCバッグを添えれば春らしい清涼感を演出可能。

スウェット

▼白スウェット×小花柄スカート

白スウェット×小花柄スカートのコーデ画像

パーカーとはまた違った魅力を持ったクルーネックタイプのスウェット。フードが無い分すっきり着こなせるので、合わせるアイテムの幅が広がるのがメリットです。小花柄のとろみスカートを合わせれば、最旬シルエットが簡単に実現。

▼グレースウェット×ベージュパンツ

グレースウェット×ベージュパンツのコーデ画像

グレースウェット×ベージュパンツのミニマルな着こなしは、潔いシンプルさが大人っぽい。ニュアンスカラーで大人の余裕を感じさせれば、ワンツーコーデがおしゃれにランクアップします。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW