LIFE STYLE

既婚者に好き避けをされている?好き避けの特徴や対処法をチェック

2019/06/07

身近な既婚者から最近、違和感を感じる態度をとられており、好き避けかもしれない…そう感じたら、トラブルを避けるために上手に対処しましょう。既婚者の好き避けの特徴についてまとめました。相手の気持ちを見極める参考にしてみてください。

職場の上司や同僚が冷たい?

今まで仲良く接していたはずの職場の上司や同僚が急に冷たくなった…そんな状況は不安になって当然です。嫌われるような心当たりがなければ、ますます深く悩んでしまうでしょう。

もし相手が既婚者である場合は、その冷たい行動は『好き避け』から来ているのかもしれません。

既婚者だから好き避けをしているのかも

既婚者は、当然ながらパートナーがすでにいる身です。別の誰かを好きになり、関係を発展させようとすることは不倫となります。

不倫に対する世間の風当たりは非常に強く、人間関係が破綻したり職場に居づらくなったりするだけではありません。時には社会的な信用を失い、金銭的負担が発生することもあるのです。

不倫に発展した際のリスクを避けようという思考から、今以上に好きにならないように自分を抑えたり、周囲に勘づかれたりすることを避けたりするため、好き避けをしていると考えられます。

好き避けとは

そもそも好き避けとは、好きな気持ちがあるにもかかわらず相手を遠ざけたり自分から離れたり、相手に攻撃的で冷たい態度をとったりすることを言います。

小学生の頃に、男の子が好きな女の子にわざと意地悪をしているのを見たことがある人もいるでしょう。

恋心を周囲に悟らせないようにするためだけでなく、自分の好きな気持ちを誤魔化す目的でも好き避けすることがあるのです。

好き避けをする既婚者の特徴とは

相手が好き避けをしているかどうかを見抜くには、どんなポイントに注目すればよいのでしょうか。

好き避けをする既婚者には共通した行動パターンがあるため、注意して観察すれば判断できるでしょう。見分けやすい行動を3つ紹介します。

現在既婚者から好き避けを受けていると感じている人は、当てはまる行動がないかチェックしてみましょう。

視線を感じる

面と向かって会話する時にはそっけなくて冷たいのに、なぜか視線を感じることが多いという場合は、好き避けされている可能性があります。

思うようにコミュニケーションできないけれど、本心ではもっと仲良く会話したいという表れです。

相手のことが気になってしまい、つい見つめてしまうのでしょう。

自分にだけ厳しい

仕事の指示やアドバイスが自分にだけ妙に厳しいと感じるのも、既婚者の好き避けによくあることです。仕事を口実に、あなたに対して厳しくすることでバランスをとっているともいえます。

職場の人たちに向けて、あなたのことを好きなわけではない、むしろ嫌いだというポーズをとっているのです。

好きな相手に優しくしたいと思うのはごく自然なことですが、それを見た周囲の人間が「ひいきをするのは好きだからではないか」と疑問を持たれるのを恐れています。

二人の時は優しい

周囲に誰もいない状況では、普段とは打って変わって優しい態度をとることがあります。周りの目が気になって好き避けをしていたけれど、二人きりになったことで気持ちを隠す必要がなくなり、安心しているためでしょう。

しかし、人の目は気になるけれど良い関係を築きたいということは、人目を忍んで不倫関係に発展させたいと考えている可能性があります。

自分自身が不倫のトラブルに巻き込まれたくないという場合は、優しい態度が積極的なアプローチに変化したとしても、誘いに乗らないようにしましょう。

既婚者から好き避けをされた場合の対処法

既婚者から好き避けをされていたことがわかっても、大きなもめごとにしたくない場合や人間関係を円滑に保ちたい場合は、自分で上手く対処する必要があるでしょう。

既婚者の好き避けに対して、おすすめの対処法をまとめました。

あまり関わらないようにする

職場では、どうしても業務上一緒に仕事をしなければならないシーンもあり、関係を断つなどの思い切った行動は難しい場合が多いでしょう。

既婚者と深い仲になるつもりがない場合は、必要以上に関わらず、距離を置くことをおすすめします。仕事以上のコミュニケーションはとるつもりがない、という意思が相手に伝わるようにしましょう。

しばらく距離をおいていると、既婚者の方も何となく察してあきらめてくれる可能性があります。

意思を伝えたほうがいい場合も

恋愛感情を持たれることは放っておける範疇だとしても、好き避けされて冷たく当たられたり、仕事で厳しくされたりすると気持ちも落ち込み、業務にも悪い影響が出ます。

好き避けされる状況がつらく、やめてほしいという意思をはっきり伝えた方がスッキリ解決する場合もあるでしょう。

しかし、ただ好き避けが嫌だと伝えるだけでは「冷たくされるのがつらいということは、相手も自分のことが好きなのではないか」と勘違いを生む恐れがあります。

不倫はしたくないこと、異性として見られないこと、関わりは常識的な範囲を希望することを伝えましょう。面と向かって話すことが難しい場合は、信頼できる上司や同僚にも協力してもらうのも良いでしょう。

客観的にみて、業務を円滑に進めるために態度・言動を改めるべきと立場のある人が伝えることで良い方向に向く可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか? 既婚者に好き避けをされ、しかも自分の方に恋愛関係に発展させる意思がない場合、気持ちを向けられても嫌な気持ちになり、ストレスが溜まるばかりです。

相手の気持ちを見極め、好き避けだと感じたら上手に対処し、トラブルを回避しましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW