FASHION

襟の種類、今さら聞けない…。〈襟別〉マネしたい大人コーデ24選

2019/06/24

さまざまなトップスやワンピース・アウターに用いられ、デザインによって与える印象が違う「襟」。今回は、おしゃれさんのお手本コーデを解説しながら、覚えておいて欲しい襟の種類を一挙ご紹介します。種類と名前を再確認して、コーデの幅をもっと広げましょう♪

主な襟の種類は?

みなさんは襟の形と名前をいくつご存じでしょうか? ここでは、おしゃれさんにはぜひ知ってもらいたい、11種類の襟をご紹介します。これからの季節に欠かせないシャツや、少し先取りして秋冬に纏うアウター選びの参考にしてみてください。

レギュラーカラー

Yシャツなどに用いられる基本的な襟のこと。スタンダードカラー、シャツカラーとも呼ばれます。

オープンカラー

胸元が開いた襟のことで、暖かい季節に好まれます。代表的なものとして、アロハシャツなどがあります。

ノッチド・ラペル・カラー

ジャケットによく使用される、下襟(ラペル)と上襟(カラー)で切り込みされた(ノッチド)もの。テーラードジャケットがとくに有名です。

ステンカラー

襟周りが前で低く、後ろで高くなっているもの。シンプルなので誰にでも合わせやすく 、コートなどに用いられることが多いです。

ボウタイ

ボウというのは蝶結びの意味。首周りのリボンをぐるりと巻いて、蝶結びの紐がついたデザインのこと を指します。フェミニンなデザインが多く、きれいめスタイルにはぴったりな襟です。

スキッパーカラー

第一ボタンがなく、胸元が開いた形のことデコルテや首周りを綺麗に見せてくれるため、昨年からとくに流行の先駆けとなっています。

スタンドカラー

次ページ> ≪襟つきトップス≫コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW