気温10度の服装
FASHION

気温10度の服装でもう迷わない!冬から春にぴったりなコーデを提案

2019/10/17

天気予報をチェックしたら今日は「気温10度」、どんな服装なら浮かずにおしゃれを楽しめる? 気温10度といっても、最高か最低気温かによって選ぶコートやインナーがガラリと変わります。
そこで、最高気温・最低気温別に、コートの選び方からインナーコーデまで徹底解説! 冬から春にむけてのスタイリングに役立ててみてください。

気温10度ってどの時期?

気温10度は、11月から4月に観測する気温。11月に「最低気温」10度前後に、12月から3月になると「最高気温」が10度前後になります。そこから春に向けて4月で「最低気温」10度に戻り、だんだん暖かくなっていきます。
12月から3月は、夜の気温が2度くらいまで下がることもあり、寒さが厳しい時期。厚手コートが手放せない季節です。

【最高気温10度の服装】は『コートやダウン』が必須!

最高気温10度は、厚手コートを着込む目安になる時期。だいたい12月下旬から3月上旬にかけて観測されます。この時期は、東京で最低気温が2度前後、日によってはマイナスになることもあるので、真冬仕様のコーデを。この時期おすすめのコート・ダウンを5タイプお届け!

ダウンコート

▼黒ダウンコート×チュールスカート

黒ダウンコート×チュールスカートのコーデ画像

防寒力No.1といえばダウンコート。でも暖かいけれど、男前な見た目が苦手……という声もちらほら。そんなときは、ボトムスで女性らしさを薫らせてみて。チュールスカートなら可憐な女っぽさをプラスできます。タイツ&ブーツで足元も防寒を。

▼ダウンコートを使ったオールホワイトコーデ

ダウンコートを使ったオールホワイトコーデのコーデ画像

白ダウンコートを使って、オールホワイトでまとめるのも洗練された真冬コーデを完成させるテクニック。ショート丈をセレクトして、シルエットにメリハリをつければ着膨れも解消できます。

▼ロングダウンコート×黒パンツ

ロングダウンコート×黒パンツのコーデ画像

ロングのダウンコートは、一日中外で過ごす日にピッタリな防寒アイテム。ボトムスも黒でまとめたら、重くならないように白ニットで上半身にヌケ感を加えて。腰まわりまで暖かいので、最高気温10度の日でも快適!

ノーカラーコート

▼茶色ノーカラーコート×ネイビーハイネックニット

茶色ノーカラーコート×ネイビーハイネックニットのコーデ画像

ノーカラーコートは、上品なきれいめコーデを作るのに欠かせないアイテム。最高気温10度の日は、首元の暖かさをキープできるハイネックニットをインナーにするのがおすすめ。茶色ワントーンコーデをネイビーで優しく引き締めて。

▼イエローノーカラーコート×グレーハイネックニット

イエローノーカラーコート×グレーハイネックニットのコーデ画像

イエローノーカラーコート×グレーハイネックニットの組み合わせなら、パッと明るい印象にシフト。沈みがちな真冬コーデをライトに仕上げてくれます。ボトムスで黒を投入してコーデにメリハリをプラス。

チェスターコート

▼ピンクチェスターコート×グレーワントーンコーデ

ピンクチェスターコート×グレーワントーンコーデのコーデ画像

冬の定番チェスターコートは、毎年人気だからこそ色選びで差をつけて。こちらは、くすみピンクのチェスターコート×グレーワントーンのインナーで優しい配色に。ハンサムなコートだから、甘色を取り入れても野暮にならないのが嬉しい!

▼チェックチェスターコート×白ニット

チェックチェスターコート×白ニットのコーデ画像

トラディショナルなチェック柄チェスターコートは、白ニットを添えてクラス感を高めて。ヌケ感も生まれて、好バランスな装いに。ロング丈チェスターコートで、下半身まであったかコーデの完成。

ダッフルコート

▼ネイビーダッフルコート×グレーハイネックニット

ネイビーダッフルコート×グレーハイネックニットのコーデ画像

ダッフルコートは、子供っぽく学生みたいにならないように着こなすのがオシャレに見えるポイント。こちらは、ボリューミーな衿のニットをINしてシンプルにコーデ。赤ストールでピリッとアクセントを効かせて。

▼茶色ダッフルコート×オールブラックコーデ

茶色ダッフルコート×オールブラックコーデのコーデ画像

シックな茶色ダッフルコートなら、大人コーデにしっとりなじみます。インナーをオールブラックでまとめてシャープに決めて。靴とコートの色を統一して、洗練されたツートーンコーデに。

ボアコート

▼ボルドーボアコート×デニム

ボルドーボアコート×デニムのコーデ画像

ここ数年人気が高いボアコート、最高気温10度の日に着るならロング丈で防寒対策! 軽さが特徴のボア素材なら、肩凝り知らずで着心地も抜群です。大人コーデを目指すなら、シックなダークカラーをセレクトしてみて。

▼アイボリーボアコート×デニム

アイボリーボアコート×デニムのコーデ画像

優しいアイボリーのボアコートは、明るくカジュアルな雰囲気。デニムでデイリーに仕上げたら、茶色系小物で引き締めて柔らかな印象を作ってみて。ゆるっとしたシルエットが今どき感たっぷり。

『コートやダウンのインナー』は何が正解?

最高気温10度の日は、真冬並みの寒さ。コートの中も暖かさをキープできる服装が理想です。首元まで防寒できるハイネックニットや、全身をふんわり包んでくれるニットワンピを使っておしゃれに温感コーデしてみましょう。

ハイネックニット

▼黒ハイネックニット×カーキベイカーパンツ

黒ハイネックニット×カーキベイカーパンツのコーデ画像

こちらは、黒×カーキの渋め配色で大人コーデに。首元を暖めると、体全体がぽかぽか温感アップするので、ハイネックニットはこの時期欠かせないアイテム。衿がマフラー代わりになってくれるので手荷物も減らせます。

▼グレーハイネックニット×チェックスカート

グレーハイネックニット×チェックスカートのコーデ画像

グレーのハイネックニットは、ニュートラルな色合いでどんなコートにも合う万能アイテム。チェックスカートでオーセンティックな雰囲気に仕上げてみて。ハイネックならインナー重ね着をしても目立たないが嬉しい!

ニットワンピース

▼ベージュニットワンピース

ベージュニットワンピースのコーデ画像

ニットワンピースは、全身を柔らかく包み込んで温感アップしてくれる優れもの。コートを羽緒ってIラインを作れるので、スタイルアップだって叶います。ベージュのニットワンピには、茶色小物を合わせて優しいワントーンに。

▼茶色ニットワンピース

茶色ニットワンピースのコーデ画像

ざっくり編み地のニットワンピースは、1枚でもコーデに立体感が生まれるので地味見え防止にお役立ち。シックな茶色ワンピをモードな黒ブーツで引き締めて大人バランスに仕上げて。

▼白ニットワンピース

白ニットワンピースのコーデ画像

ピュアホワイトのニットワンピースは、真冬コーデにクリアなヌケ感を作ってくれる効果が◎。コートを羽緒っても着こなしが重くならないので重宝します。キャッチーなスニーカーを添えて大人カジュアルに。

【最低気温10度の服装】は『アウター』が必要!

最低気温10度は、だいたい11月と4月の陽気。この時期、日中は暖かくても夜にぐっと気温が下がって肌寒さを感じることも。真冬のような厚手コートはいらないけれど、軽く羽織れるアウターはマストです。最低気温10度の日におすすめのアウターを一挙ご紹介!

トレンチコート

▼ベージュトレンチコート

ベージュトレンチコートのコーデ画像

ベージュトレンチコートは、トレンドに左右されず使える名品。最低気温10度の日にちょうどいいアウターです。きゅっとウエストマークして着れば、ハンサムなトレンチコートもレディライクな装いに。

▼カーキトレンチコート

カーキトレンチコートのコーデ画像

辛めコーデがお好きな方は、カーキトレンチコートを投入してみて。モードなアイテムとも相性抜群で、大人のこなれ感を演出してくれるはず! 最低気温10度の日は、デコルテの開いたVネックニットをインナーにしても問題なし。

▼ネイビートレンチコート×ストライプシャツワンピ

ネイビートレンチコート×ストライプシャツワンピのコーデ画像

ダークカラーだけど爽やかな印象を作れるネイビートレンチコート。インナーにブルーストライプのシャツワンピを仕込んで青系ワントーンに仕上げたコーデ。ロング丈でもIラインを意識すればスタイルアップ可能!

ミリタリーコート

▼ロング丈ミリタリーコート

ロング丈ミリタリーコートのコーデ画像

コットン素材のミリタリーコートは、季節の変わり目の最低気温10度の日に大活躍。フードやアウトポケットが奥行きをメイクしてくれます。メンズライクなアイテムなので、フレアシルエットでほんのり女っぽさを漂わせて。

▼キルティング素材ミリタリーコート

キルティング素材ミリタリーコートのコーデ画像

薄手キルティングのミリタリーコートもこの時期イチオシのアウター。インナーをオールブラックでまとめて、キルティングのカジュアルさを中和させて。足元は肌なじみのいいベージュパンプスでヌケ感を。

ショートボアコート

▼茶色ショートボアコート×黒ワイドパンツ

茶色ショートボアコート×黒ワイドパンツのコーデ画像

昼間暖かくなる最低気温10度の日にボアコートを取り入れるならショート丈にシフトさせて。茶色×黒のシックなカラーリングは、11月の秋気分にピッタリ。軽くてデイリーユースしやすいのも魅力。

▼白ショートボアコート×デニム

白ショートボアコート×デニムのコーデ画像

明るい白のショートボアコート×ライトブルーデニムの組み合わせは、春に向かう4月におすすめのカラーリング。カラースニーカーでキャッチーなアクセントを添えて、地味カジュアルから脱却を!

ニットガウン

▼黒ニットガウン×チェックスカート

黒ニットガウン×チェックスカートのコーデ画像

ニットガウンは、しっとり体になじむシルエットが大人っぽさを加速してくれるアイテム。コート一歩手前の肉感なので、日中暖かくても違和感がないのも◎なポイント。チェックスカートを合わせれば、11月にぴったりの秋コーデに。

▼ニットガウン×スカート×ウエストバッグ

ニットガウン×スカート×ウエストバッグのコーデ画像

ロング丈のニットガウン×スカートのコーデは、重心が下がってしまうのが悩みどころ。今っぽく解消するならウエストバッグをプラスしてみて。これなら腰高見えしてスタイルアップ!

▼ベージュニットガウン×デニム

ベージュニットガウン×デニムのコーデ画像

ニットガウン×デニムの組み合わせは、気軽にコーデできるのにおしゃれなシルエットが作れる最強タッグ。淡い色のガウンのときは、インナーをダークカラーで統一してメリハリを作ってみて。

『アウターのインナー』は何が正解?

最低気温10度の日は、昼間の気温が15度から20度くらいまで上がることを考えると、インナーをそこまで着込まなくてもOK。中肉厚のニットや、カジュアルに着れるスウェット・パーカーで上手に体温調整を。

ニットプルオーバー

▼白ニット×グリーンフレアスカート

白ニット×グリーンフレアスカートのコーデ画像

明るい印象の白ニットは、知的なグリーンのスカートを合わせてヘルシーに。茶色小物を使うと、アウターを羽織ったときもコーデが重くならず優しい印象に仕上がります。フォレストカラーでナチュラルに決めてみて。

▼ベージュニット×黒パンツ

ベージュニット×黒パンツのコーデ画像

黒パンツ×ドレスシューズの男前ボトムスには、柔らかベージュのニットで女性らしさをプラス。パンツ同色のウエストバッグをさりげなく仕込めば、手持ちバッグいらずでスマート!

▼茶色ニット×白ワイドパンツ

茶色ニット×白ワイドパンツのコーデ画像

フロントの編み上げデザインが可愛い茶色ニットは、白ワイドパンツを合わせてクリーンに。全身を柔らか素材でまとめると、今どきなリラックスカジュアルの完成! ゆるっとしたアウターを合わせて、さらに気分を盛り上げたい。

スウェット・パーカー

▼黒スウェット×ドットスカート

黒スウェット×ドットスカートのコーデ画像

スウェットは、最低気温10度の時期にちょうどいい生地感。オーバーサイズのスウェットにロングスカートを合わせて、トレンドのゆる×ゆるスタイルに。黒×白のパキッとした色合わせでメリハリも意識して。

▼ベージュロゴスウェット×チェックスカート

ベージュロゴスウェット×チェックスカートのコーデ画像

カジュアルなロゴスウェットは、きちんと感漂うチェック柄スカートで大人仕様にコーデ。タイトスカート合わせなら、アウターを羽緒ってももたつかずバランスアップできるはず!

▼黒パーカー×白プリーツスカート

黒パーカー×白プリーツスカートのコーデ画像

パーカーは、フードが顔周りに奥行きを作ってくれるので、アウターを羽織ったときにアクセントになってくれる優秀アイテム。アウターを脱いでも、立体感のある装いをキープできるのでこの時期大活躍は間違いなし!

▼グレーパーカー×黒スキニー

グレーパーカー×黒スキニーのコーデ画像

定番のグレーパーカーは、流行に左右されず着こなせるので1枚ワードローブに揃えておきたい。ショート丈アウターならカジュアルに、ロング丈アウターなら大人っぽくと、さまざまなテイストになじむのも◎。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW