LIFE STYLE

【LINEが返ってこない理由】相手の心理を知れば、不安を解消できる

2019/11/11

LINEの返信が急になくなると、戸惑い不安になるものです。嫌われたのではないかとネガティブになりがちですが、返信が滞るよくあるケースを知っておくことで冷静になれるでしょう。返信を待つ間どんな行動をすれば良いかも紹介します。

LINEが急に返ってこなくなった

現代において、LINEはもはや重要なコミュニケーション手段の一つです。そのため、スムーズなやり取りができなくなると、急に不安に襲われてしまうという人も多いのではないでしょうか。

特に気になる人からのLINEが途切れがちになったり、今まで順調に続いていた会話のラリーが急に返ってこなくなったりすると、理由が分からず戸惑い、落ち込んでしまうものです。

LINEの返信が急にこなくなるのはなぜか、誰もが気になる疑問について詳しく解説していきましょう。

人によって理由はさまざま

予想できる理由はいくつかあるものの、当然ながら人によって理由は異なるということを念頭に置いておきましょう。

トラブルや多忙が原因というケースから、何となく気乗りしなかったという些細なものまで、LINEを返すどころではなかった原因はさまざまです。

相手の心理や置かれている状況から、ある程度の理由は推測できますが、勝手に思い込むようなことはしてはいけません。

思い込みから先走ると、上手くいっている人間関係にヒビが入ることもあるため、慎重に行動しましょう。

相手別の心理や状況を紹介

LINEを返さない理由は、相手の心理や状況によっていくつかのパターンに分類できます。よくある理由をいくつか知っておくことで、自分の気持ちを納得させられるかもしれません。

相手がなぜLINEを返せないのか、返せないときにはどんな状況に陥っていると考えられるのか、よくあるケースをチェックしてみましょう。

男性の場合、単純に忙しいからなど

多くの女性にとってコミュニケーションをとることは楽しいことであり、ストレス発散にもなるものです。たわいもない会話を続けていられるもの、女性ならではと言えるでしょう。

一方男性の多くは、コミュニケーションをとることに疲労感や面倒臭さを感じる場合があります。仕事やプライベートが忙しいと、LINEでのコミュニケーションも億劫になってしまうのでしょう。

返信内容に悩み時間がかかる女性も

女性の場合は、LINEでのコミュニケーションを重視している人が多い傾向にあります。そのため、ちゃんとした返事をしなければと思い、文面作成に時間がかかり過ぎてしまうのです。

特に気になる相手への返信であれば、何度も入力しては消すのを繰り返して推敲を重ねているかもしれません。また、いざ送信というタイミングでボタンをなかなか押せないことも考えられます。

なかには自分1人では文面を決められない人もいます。そのような女性の場合、友人に相談して内容をチェックしてもらっていることもあり、短い文であっても返信までに時間がかかってしまうのです。

友達は返信に困っている?

こちらの投げかけたLINEが返信しにくいような内容であれば、相手を戸惑わせている可能性があります。

例えば、別に今しなくてもいいのでは? と思わせるような世間話や噂話、一方的な自慢話はどう返事すればいいか迷う内容の筆頭です。

「今〇〇に来て買い物しているよ!」といったような、現状報告のLINEを受けた経験は誰しも少なからずあるでしょう。そこで、どんな反応をすれば良いのかわからないという人は多いものです。

特に、仕事中や就寝前、落ち込んでいるときは困ります。このような状態で返信に戸惑うLINEを受けると、返事をするのも面倒になるものです。その結果、いわゆる既読スルーになる可能性が高くなってしまいます。

自分の送ったLINEが相手を困らせるような内容でないかどうか、見返してみるのも良いでしょう。

彼氏・彼女の返信がなくなるワケ

彼氏・彼女の関係であれば、本来は気兼ねなくLINEのやり取りをしても良いはずです。それでも相手の返信がなくなるという場合は、何かしらの理由があるでしょう。

恋人からのLINEがなくなると、どうしても「嫌われたのではないか」「他に好きな人ができたのではないか」という不安に襲われがちです。

しかし、直前に喧嘩をしたり、怒らせるような言葉を言ったりなど、普段と異なる行動をしたという心当たりがなければ、さほど心配する必要がないケースが殆どです。

返信が滞っている理由として、考えられるものをいくつか見てみましょう。

仕事で疲れているから

仕事で疲れていてLINEを見られない場合や、返信するような気分にならないという場合があります。

仕事のことで頭がいっぱいなところに、急ぎでもない内容の薄いLINEが送られてくると、苛立ちすら感じてしまうこともあるでしょう。

返信は暇なときに落ち着いてしようと思っているうちに、時間が過ぎて結局忘れてしまったというケースはよくあるものです。

自分がLINEできる状況だからといって、相手も同じだとは限りません。状況を想像し、相手の心情を察するようにしましょう。

駆け引きをしているのかも

あえてLINEの返信をせず、駆け引きをしているということも考えられます。恋愛経験豊富な人の場合は、LINEのやり取りをわざと滞らせて相手をやきもきさせる、というテクニックを使ったりするのです。

特に、女性の方が恋の駆け引きを好んでする傾向があります。相手の男性が最近自分をないがしろにしていると感じたり、カップルになったことで安心していると感じたりすると、連絡を一時的に断って自分に目を向けさせるのです。

未読なら単に忘れているだけ

LINEには既読機能がついており、相手がメッセージを読んだかどうかが一目でわかるようになっています。

もし既読がついておらず、未読となっている場合はLINEのメッセージを読み忘れている場合があります。

通知がきたことには気付いたけれど、後で読み返そうと思ってそのままになっているというケースです。なかには、通知そのものに気付いていない場合もあるでしょう。

決してわざとやっているわけではないので、メッセージに気が付いて読んでくれさえすれば返事は送られてきます。

LINEが返ってこないと不安になったら

LINEの返事が送られてこないと、不安が募ります。自分が嫌われているのではないか、相手に何かがあったのではないかと気がかりになり、一刻も早く返信が欲しいと考えるでしょう。

しかし、やみくもに行動することは控えた方が無難です。感情的に相手に訴えたり、しつこく追撃するようなメッセージを送ったりすると、相手をうんざりさせてしまうこともあります。

LINEの返事がなくて不安になったときにどうするべきか、大きく3つにまとめました。

数日様子を見る

相手と自分の間で、LINEの返事が遅い・滞っていると感じる時間は異なります。

返信を考えている場合や読み忘れている場合など、いろいろなケースを考慮して数日は様子を見てみましょう。

目安は2~3日程度です。返信しなければならない内容や相手であれば、遅れてでも返事は送られてきます。

催促のメッセージは控える

一刻も早く返事が欲しいからといって、催促するのはおすすめしません。「今何しているの?」という様子をうかがう内容や「なんで返事をくれないの?」と責めるような内容は相手を追い詰めます。

さらに、LINEに気付いていないのではと考えて、メッセージやスタンプを無意味に連投するのもよくありません。相手に鬱陶しがられてしまう可能性があります。

関係性によっては電話も

どれほど待ってもLINEがこない場合は、電話で直接連絡を取ってみるのも良いでしょう。

恋人同士や気心知れた親友など、電話をしても許される間柄であれば、電話にも応じてもらえる可能性があります。もちろん、返信がないことを責めるのはNGです。

まとめ

いかがでしたか?LINEの返事がないと不安ばかりが募りますが、考えられる理由を頭の中に入れておくことで、冷静さを取り戻せます。

返信がない理由はさまざまです。相手が現在置かれている状況や心理を考えれば、LINEの返信を待つ間も、冷静に最良の手段が選べるでしょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW