気温23度の服装
FASHION

気温23度の服装は?最高気温と最低気温でぴったりスタイル!

2019/06/04

春から秋にかけて、実はかなり多い「気温23度」の日。時季によって体感が違うので暑いのか涼しいのか判断が難しい気温でもありますよね……。そんな「気温23度」の日を過ごすときにぴったりなスタイリングをMINEが徹底解説! 選ぶアイテムに悩んだときは、ぜひ参考にしてみて。

「気温23度」っていつ頃?

「気温23度」っていつ頃?のイメージ画像

近年の平均気温を見てみると「気温23度」は、だいたい5月後半~10月の前半に多く見られる傾向に。ところが「最高気温23度」なのか「最低気温23度」なのかでコーディネートの仕方が変わってくるので、お出かけの前日にしっかりと確認をしておきたいところ。

雨の日は羽織りものが必須!

雨の日は羽織りものが必須のイメージ画像

また、天候によっても体感がまったく変わってくるので天気予報は要チェック! 晴れの日ならば、ほんのり汗ばんでしまい長袖シャツで動き回ると暑く感じることもありますが、雨の日は思いのほか寒く感じる可能性も。薄手の羽織りものを持っておくのがベストでしょう。

「最低気温23度」に適切な服装

「最低気温23度」に適切な服装のイメージ画像

朝晩寒く感じる「最低気温23度」の日。日中になると夏日のような暑さを感じるぐらい気温が上がってしまうため、なるべく涼しめのスタイリングが◎。半袖のトップスや、ノースリーブ・キャミソールの上からシャツをONするのがよいかも。

「最高気温23度」に適切な服装

「最高気温23度」に適切な服装のイメージ画像

主に春先や秋などの季節の変わり目になりやすい「最高気温23度」。初夏の気温とは違い、どちらかというと肌寒く感じてしまうでしょう。気温がグッと下がり20度を下回ってくるとかなり冷え込んでくるので、厚手ではなくとも長袖のトップスやカーディガンが必須。

肌寒さを感じたときはパーカー・スウェットが使える

肌寒さを感じたときはパーカー・スウェットのイメージ画像

防寒はしっかりしつつもおしゃれに見えるパーカーやスウェットを持っておくと、困ったときのお役立ちアイテムに。温度調節ができ、コーディネートにも取り入れやすいジップパーカーなら、「最高気温23度」の日に重宝すること間違いなし。

次ページ> 「気温23度」の日に選ぶべきアイテム4選
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW