BEAUTY

10秒で今っぽい眉が作れる!WHOMEEの眉ブラシ【今日のこれ買わなきゃ!】

2019/06/03

皆さん眉ブラシって使っていますか?ここ数年パレットタイプのアイブロウパウダーが増え、太眉ブームもあってパウダー派になった編集MAIKO。パウダータイプは眉が自然な質感に仕上げられるのがうれしい反面、付属のブラシが小さくて、完成までに時間がかかることもありました。そこで見つけたこちらの眉ブラシ。忙しい朝でも数秒で理想の眉が手に入れられるんです!

ひと筆で美眉ができる!「 WHOMEE(フーミー)」のアイブロウブラシ

アイブロウブラシ 熊野筆 ¥1,800/WHOMEE(株式会社Clue)

ピンクのパッケージでお馴染み、ヘアメイクアップアーティストのイガリシノブさんプロデュースの「WHOMEE」はプチプラなのに良質なコスメばかり。ベースからポイントメイクまで一通り揃えて愛用しているのですが、なかでもおすすめしたいのがこちらのアイブロウブラシです。

ブラシを使い慣れていない人にとっては、ちょっと太いかも?と思われがちですが、このボリュームが程よいのです。細かくチマチマ描かなくても、スッと眉を撫でるだけでバッチリ決まります。
国の伝統工芸品にも指定された広島県は熊野町で作られる、熊野筆は職人が1本1本手作りしているというこだわりの筆。しっかりとコシがあり、描きやすさも抜群。熊野筆といえば高級ブラシで知られていますが、なんとこちらは1,800円(+税)というお手軽価格で手に入ってしまいます。丈夫で、毎日使ってもブラシが痛みにくいのも◎。

実際に眉を描いてみよう!

それでは実際の仕上がりをご覧いただきます。モデルになってくれたのは『BEAUTY MINES』にも登場してくれているコスメ大好き編集HIROMIちゃん。

■BEAUTY MINESの動画はこちら!

今回は同じく「WHOMEE」のアイブロウパウダー(N ブライトブラウン)を使用。ブラシをパレットに対して垂直にし、トントンと当ててパウダーを取ります。

ブラシを顔の正面から当て、軽くトントン叩くようにして眉頭から眉尻までスライドさせます。

トントンしつつ…

なんということでしょう。消えそうだった薄眉がブラシを眉尻まで滑らせるだけで、理想的な太さに!この間わずか10秒。両眉なら20秒でできちゃいます。慣れればもっと時短ができそうな簡単さ。

仕上がりを正面から見るとこんな感じ。ひと筆描きでもきれいなストレート眉ができました!この後アイブロウマスカラで眉毛をより立ち上げるのもおすすめです。

BeforeとAfterを並べるとこんな感じ。10秒とは思えぬ仕上がりではないでしょうか。
HIROMIちゃんにはこの日初めてブラシを使ってもらいましたが、上記のやり方を伝えただけで即この美眉が出来上がりました。
ちなみにイガリさん直伝のストレート眉の描き方はこちらの動画でも見られます!

■イガリさんの動画はこちら!

コンパクトサイズで持ち運びにも便利

ブラシって長いものが多い気がするのですが、こちらのブラシは小さめなのもうれしいところ。このポーチは横幅13cm程度のポケットティッシュサイズなのですが、ブラシがすっぽり入るので持ち運びもしやすく、出先のお化粧直しにもバッチリ使えます!

お気に入りポイント

✔ひと筆で旬のストレート眉が完成!
✔忙しい朝でもサッと眉が決まる!
✔品質の良い熊野筆がプチプラで買える!
✔コンパクトサイズなので外出のお供に!

上質なブラシのおかげで益々パウダーアイブロウ派になった私。もうこのブラシは手放せません。売り切れの店舗も続出したほどの人気商品ですが、オンラインサイトでも購入できるので、ぜひこの良さを体感してみてください!

問い合わせ先

株式会社Clue/tel. 03-5643-3551

*価格は税抜き表記です。
*個人的な意見です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW