ホットパンツコーデ【16選】
FASHION

ホットパンツコーデ【16選】今着るならどうするのが正解?色・季節別着こなし術

2019/06/04

潔い脚見せで、ヘルシーコーデが作れる「ホットパンツ」。昔からあるアイテムだけれど、今着るならどんなコーディネートが正解? ポイントを押さえれば、大人が着こなしてもOK、おまけにスタイルアップも狙えます! 色別、季節別のお手本スタイルをチェック。

「ホットパンツ」と「ショートパンツ」の違い

混同されがちな「ホットパンツ」と「ショートパンツ」について、実際は何が違うのか? という疑問にお答え。
ホットパンツは、股下の裾がかなり短く、スカートでいうマイクロミニ丈にあたります。これに対しショートパンツは、およそホットパンツとハーフパンツ(膝上丈)の中間と考えればOK。メーカーによって呼び方が異なり、ホットパンツもショートパンツと指す場合もあります。

「デニム」のホットパンツコーデ

まずは、定番のデニムホットパンツを使ったコーディネートをご紹介。大人が取り入れるときに押さえておくべきポイントを伝授。

大人なダークカラーを添えて

ライトブルーデニムのホットパンツのコーデ画像

ライトブルーデニムのホットパンツは、とろみのあるノーカラー黒シャツで大人らしく味付け。足元もダークグリーンのレザーブーツで引き締めて。大きめファーバッグのように存在感のある小物を足せば、視線が散らばって大胆な脚見せも気にならない。

カラートップス合わせで視線を上に

カラートップス×デニムホットパンツのコーデ画像

脚を大胆に露出するホットパンツには、ローカットシューズ合わせで脚元をヘルシーに。トップスは目を引くカラーTで視線を上に集中させて。

ガウンで覆えばハードルがぐっと下がる

ガウン×デニムホットパンツのコーデ画像

ホットパンツに気負わずトライするなら、羽織り物が有効。デニムの色味と合わせたブルー系のサマーガウンを添えれば、脚元カバーだけでなく季節感もアップ。

アクティブスタイルと好相性なホットパンツ

デニムホットパンツとキャップ×スニーカーのコーデ画像

キャップにスニーカー、ボディバッグを使ったアクティブスタイル。フルレングスのデニムより、ホットパンツで脚出しすることでよりムードにマッチした装いに。

シンプルスタイルの主役として

黒トップスとホットデニムパンツのコーデ画像

プレーンなモノクロアイテムでまとめたシンプルスタイル。ホットデニムパンツを選べば、ヘルシーな女らしさを語れる。

「黒」のホットパンツコーデ

定番カラーながらも、はっきりとした色でコーディネートの軸となる黒。ホットパンツで取り入れるなら、こんなコーディネートがおすすめ。

クリーンな白シャツでバランスをとって

白シャツと黒ホットパンツのコーデ画像
次ページ> 「白」のホットパンツコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW