FASHION

ハーフパンツ、大人女子は「シーン別」に選べば失敗知らず!レディースコーデ22選

2019/05/31

じわじわと人気が再沸騰している「ハーフパンツ」。だけどハーフパンツって少し子供っぽく見えてしまう危険性も……。大人らしくするために素材感や色に注意を向けたいところ。ここでは、アウトドアやフェス、オフィスまで、様々なシーン別のハーフパンツコーデをご紹介。

【アウトドアシーン】BBQや公園デートに!

アウトドアシーンなら、アクティブでヘルシーなハーフパンツがぴったり! 5つのお手本を参考に、自分にぴったりなコーデを見つけてみて。

まずは膝丈からチャレンジ!

黒合わせで大人顔に

勇気のいるハーフパンツコーデは、黒合わせで大人顔に。ボトムスカラーは旬のベージュをチョイスして、今っぽく仕上げて。

ノースリーブトップスで子供見え回避

爽やかな白×ベージュの組み合わせが今の気分

Tシャツ×ハーフパンツでは幼くなりがち。清涼感溢れるノースリーブ合わせでフレッシュなコーデを作って。ベーシックカラー合わせならMINE世代にぴったり。

綺麗め配色で大人のサマースタイルをメイク

夏空に映える鮮やかブルーと真っ白の組み合わせで綺麗めスタイルをメイク。大胆な露出も、ハリ感のある素材とキレイ色で品よくまとまる。

シャツと合わせて清潔感&日焼け対策

シャツとリネンハーフパンツで大人らしく

正統派シャツの力を借りて、ハーフパンツを大人顔にクラスアップ。ウッド系アクセサリーをチョイスして、夏気分が盛り上がるエキゾチックコーデをメイク。

マスキュリンな配色がハマるのは大人ならでは

プレーンなシャツとハーフパンツは、ネイビーと白をチョイスして媚びないハンサムムードをON。ラフィア小物を添えてサマームードアップ。

【フェス】はハーフパンツコーデで楽しもう!

開放感たっぷりなフェスでも、ハーフパンツが大活躍。大人カジュアルにきめるにはどんなコーデが正解?

ナイロンジャケットでトレンド&寒さ対策!

マウンテンパーカーで定番コーデをブラッシュアップ

白T×デニムハーフパンツの定番夏コーデは、トレンドのバイカラーマウンテンパーカーで今っぽくアップデート。抜き襟で着こなせばこなれたストリートファッションの完成。

バッグは斜め掛けで身軽に!

旬なボディバッグならストレスフリー

ぴたりと身体に沿うボディバッグで、フェスを思う存分楽しんで。Tシャツ×ハーフパンツのカジュアルさは、ハンサムなカーキシャツで大人顔にシフト。

靴は動きやすいスニーカーがベスト

ベージュをメインにしてまとまりよく

オーバーサイズシャツとハーフパンツでジェンダーレスなコーデをメイク。ベージュカラーを基調にすれば幼見え回避。ハイテクスニーカーは白ソックス合わせで感度高めに仕上げて。

【リゾート】コーデは海外風に

普段よりも開放的な気持ちになり、肌見せしたくなるリゾート地。異国を意識したバカンスコーデをチェック!

大きめのサイズのトップスを緩めにインしてルーズに

素材感を意識してゆるすぎない印象に

開放感高まるリゾート地では、オーバーサイズシャツ合わせで着こなしもリラックス。程よくとろみのある素材なら、手抜きに見えない。

クリーンな白シャツ×ロープベルトでマリンに

爽やかな白シャツとロープベルトがマッチした大人のマリンルック。フレアハーフパンツなら華奢見え効果もバッチリ。

タイトなキャミとゆるめの羽織りでヘルシーな色っぽさ

赤キャミソールで夏気分アップ

大人らしいコットンシャツとリネンパンツは、色味を合わせてセットアップ風に。肌感をフレッシュに仕上げるこっくりカラーのキャミソールでヘルシールックをメイク。

麦わら帽でバカンス気分を向上させて

小物で視線を上に集中

パフスリーブブラウスは、デニムハーフパンツ合わせでメリハリをON。ラフィアハットとサングラスを添えて視線を上に集中させれば、大胆な脚見せもバランスよく仕上がる。

配色×小物技で幼見え回避

白×ペールグリーンの配色で爽やかなサマースタイルをメイク。グッドガールなラフィアハットやレザーベルトで大人らしさを投入して。

フェミニンな肌見せスタイル

クラシカルに着こなせるドット柄ハーフパンツは、スキントーンに馴染むベージュトップス合わせで大人の色香をON。フリンジラフィアハットを添えて、バカンス気分を盛り上げて。

次ページ> 【街歩き】コーデはトレンドを押さえて
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW