気温30度の服装
FASHION

気温30度の服装は?暑さを乗りきるオシャレなおすすめコーデをご紹介!

2019/05/31

真夏になると、気温が30度になるのがもはや普通。ノースリーブなどが活躍しますが、腕を出すのは日に焼けるし......。どんな服装をしたらいいのかわからない! と思ってしまう人も多いはず。ここでは気温30度のコーデのおすすめポイントとともに、春と秋の気温30度のコーデ、さらにおすすめの長袖コーデや、仕事や子供の行事ごとにも役立つスーツコーデもご紹介!

気温30度の服装『おすすめポイント』

気温30度でも素材や形を駆使すれば、暑い真夏でも涼しさを取り入れたコーデに。ここではポイントとなる4つをご紹介! この4つをマスターして、暑い季節を乗り切ろう!

【1】やわらかいリネンの素材がベスト

直接肌に触れる服こそ、素材が大事。吸水力が良いリネンは、汗をかいても張り付かず、快適さが続きます。しかも肌触りも良く見た目も爽やかなので、夏には手ばなせなくなりそう。

▼リネン×ワンピース

リネン×ワンピースのコーデ画像

リネンのワンピースは薄いから、長袖でも全然暑くない! ゆったりワンピースのときは、ウエストマークでベルトをしてちょっとしたメリハリを。 ボトムスは白で夏ぽっくし、暑さをカバー。

▼リネン×スカート

リネン×スカートのコーデ画像

白すぎない深みのあるベージュは、暑さもやわらげ、レディにも見せてくれる大人の必須アイテム。夏のアースカラーは白に近いベージュを合わせると、夏っぽく、そして若々しくみせてくれるのでおすすめ。

▼リネン×キャミ

リネン×キャミのコーデ画像

夏に大活躍するキャミにリネンを使って、涼しさを保つ。気温30度でもリネンのキャミをいれると一気に秋っぽくなるから、夏の終わりにも役立つ優れもの。

【2】熱を逃がしてくれるトップス

上から浴びる直射日光を、どう外に流すかで熱中症対策にもなります。トップスには熱がこもらないような白、裾が長めのタンクトップなどがおすすめ!

▼白Tシャツ×ベイカーパンツ

白Tシャツ×ベイカーパンツのコーデ画像

暑い時期こそ、無地の白Tシャツがおすすめ。見た目も涼しいし、熱もこもらないから夏にはうってつけのトップス。カーキのベイカーパンツとのシンプルコーデには、バッグで色味を入れると◎。

▼タンクトップ×レース

タンクトップ×レースのコーデ画像

熱を吸収しやすい黒でも、レースを選び裾を長めのタンクトップにすれば、熱中症対策にもなるし、黒でも涼しい印象を与えてくれるからGOOD! かごバッグでさらに夏らしさを演出!

【3】通気性のよさを意識したボトム

夏のコーデで一番厄介なボトムス。常に足を出すのは気が引ける......。という人は、通気性を考えて選んでみて。裾が広がったボトムスやワンピースなどもおすすめ。

次ページ> 気温30度の服装『春コーデ』
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW