「ショートダウン」コーデ【レディース27選】
FASHION

「ショートダウン」コーデ【レディース27選】おしゃれに今っぽくなる着こなし方は?

2019/05/31

空前のブームを経て、今や定番となったショートダウン。
寒い日にもばっちり対応しつつ、今どきのアスレジャーな雰囲気も纏える超優秀アウター。
ここでは、トップスやボトムスとの合わせ方から、人気カラー別コーデまで、ショートダウンの着こなし方を大特集!

ショートダウンと『トップス』の合わせ方

まずは、ショートダウンとトップスとの合わせ方をご紹介。
ショートダウンの襟をグッと後ろに抜いて着るのが主流となっている今、顔周りが寂しく見えないよう、タートルネックニットやパーカーなど顔周りが盛れるトップスと合わせるのがおすすめ。

ニット・セーター

▼黒×グレーで洗練されたダウンコーデに

黒×グレーで洗練されたダウンコーデのコーデ画像

黒ショートダウンとチュールスカートの異素材なミックス感が魅力のコーデ。上下黒同士の重めのコーデは、インナーにグレーのタートルニットを差し込むことで、洗練されたコーデへと仕上がります。

▼ファーダウン×ベージュタートルニットの上品コンビ

ファーダウン×ベージュタートルニットのコーデ画像

きれいめコーデが好きな人にマストなファー付きショートダウン。きめ細かいラビットファーが顔周りを華やかに見せます。ベージュタートルニットと合わせることで、リュクスな雰囲気を纏って。

▼白タートルニットでフェミニン度UP

黒のショートダウンと白タートルニットのコーデ画像

スポーティーな黒のショートダウンは、白タートルニット×グリーンタイトスカートのフェミニンコーデに羽織ってきれいめに仕上げて。ショートダウンは、肩を少し見せるくらいにルーズに羽織るのが、女っぽく見えるポイント。

▼黒タートルニットですっきりと着こなして

ブラウンのショートダウン×トルニットのコーデ画像

メンズライクなノーカラーショートダウン。トレンドのブラウンカラーは、シンプルコーデに羽織るだけで旬コーデが即完成!インナーに黒タートルニットを差し込んで、ビッグサイズのダウンをすっきりと着こなして。

▼カーキ×黒の辛口配色

黒ハイネックニット×濃紺デニム×カーキのショートダウンのコーデ画像

黒ハイネックニット×濃紺デニムのダークトーンコーデに、カーキのショートダウンを一点際立たせた辛口コーデ。カーキ×黒のダークな配色は、白小物でトーンアップして好バランスに。

パーカー

▼ダークグリーンパーカーを引き締め役に

ライトベージュのショートダウン×インナーのダークグリーンパーカーのコーデ画像

ライトベージュのショートダウンは、インナーのダークグリーンパーカーで引き締めて。ショートダウンは襟を抜いてパーカーのフードを出すと、ぐっとこなれ感が出ます。

▼ベージュ×イエローの新鮮な色合わせ

イエローショートダウンのコーデ画像

トレンドライクなベージュカラーのパーカー×グレータイトスカートの旬なカジュアルスタイル。仕上げにスポーティーなイエローショートダウンを羽織って、イエロー×ベージュの温かみのある新鮮なカラーミックスを楽しんで。

▼パウダーピンク×白の冬らしいニュアンス配色

パウダーピンクのショートダウンのコーデ画像

カジュアルなショートダウンも、パウダーピンクならグッとフェミニンな印象。白パーカーと合わせて、ニュアンスたっぷりの甘めレイヤードに。上半身が甘い分、イレギュラーヘムチェックスカート&レースアップブーツで甘辛スタイリングに仕上げて。

ショートダウンと『ボトムス』の合わせ方

ボリューミーなショートダウン、一見ボトムとの合わせ方が難しそうですが、丈が短いので意外と様々なボトムと合わせやすい!
タイトスカートやスキニーとの逆三角形シルエットや、ワイドパンツやフレアスカートとのルーズバランスなど、色んなボトムスとのコーデを楽しんでみて。

タイトスカート

▼レオパード柄スカートで辛口コーデに

黒のショートダウン×ワンショルトップス×レオパード柄スカートのコーデ画像

ワンショルトップス×レオパード柄スカートの攻めのスタイリングは、黒ショートダウンで引き締めて。ショートダウンはルーズに肩を見せて、旬のワンショルデザインをさりげなくアピール。スカートから黒ソックス&パンプスで繋いで、逆三角シルエットですっきりと仕上げて。

▼万能な黒タイトスカート

ネイビーのショートダウン×黒のタイトスカートのコーデ画像

どんなカラーのショートダウンも合わせることができる、万能な黒タイトスカート。ネイビーのショートダウン&グレートップスを合わせて、甘さを排したシックなスタイリング。ダークトーンコーデは、足元だけ白のハイカットコンバースで抜け感をメイク。

▼レオパード柄をベージュで馴染ませて

ベージュショートダウンとレオパード柄タイトスカートのコーデ画像

インパクトの強いレオパード柄タイトスカートは、ベージュショートダウンと合わせれば、色味が馴染んでまろやかな印象に。足元もベージュのサイドゴアブーツを合わせれば、トレンドライクなベージュトーンコーデの完成。

▼ブラウンコーデで大人っぽく

ブラウン系のショートダウン&タイトスカートのコーデ画像

同じブラウン系のショートダウン&タイトスカートでまとめた、大人っぽいブラウンコーデ。スカートはダウンよりも明るいキャメルカラーをチョイスすることで、フレッシュな印象を与え老け見えを回避。タイトスカートなら足元がスニーカーでもすっきりとした着こなしに。

フレアスカート

▼ショートブーツでスタイルを底上げ

ショートダウン×フレアスカートのコーデ画像

ショートダウン×フレアスカートのルーズなスタイリングは、靴をヒールショートブーツにしてスタイルの底上げをはかってすっきり見せ。パウダーピンクや白、ベージュの甘い配色をスカートとバッグで引き締めた絶妙な色使いにも注目。

デニム

▼旬カラーのインナーで差をつけて

黒ショートダウン×ブルーデニムのコーデ画像

定番だからこそ”地味見え”しがちな黒ショートダウン×ブルーデニムの組み合わせ。インナーや小物使いでコーデに差をつけるのがGOOD。旬なライトベージュのニットをINすると、今どきなデニムコーデへにアップデート。

▼モードなデニムコーデ

ネイビーショートダウンと濃紺デニムのコーデ画像

ランダムに入ったステッチがモードな印象のネイビーショートダウン。濃紺デニムと合わせて大人カッコいいスタイリングに。ネイビー&黒の重めコーデは、スリッパ風ミュールで足元にさりげなく抜け感を作って。

スキニー

▼パープルショートダウンをアクセントに

パープルショートダウンのコーデ画像

黒スキニーをベースとしたオールブラックコーデに、パープルのショートダウンを1点投入してクールなストリート風コーデに。足元はごつめのレースアップワークブーツでクールな気分をより高めて。

ワイドパンツ

▼ワイドパンツはハイウエストマークがカギ

ショートダウン×ワイドパンツのコーデ画像

一歩間違えれば寸胴なコーデになってしまうショートダウン×ワイドパンツの組み合わせ。スタイルアップのカギはウエスト。トップスをタックインして、リボンベルトでハイウエスト位置をマークすることで、脚長効果抜群のスタイリッシュな着こなしに。

ショートダウンと『ワンピース』の合わせ方

ワンピースとショートダウンを合わせる時は、いかにすっきり見せることができるかが重要。
Iラインシルエットのワンピースであれば、そのままショートダウンを羽織ってもすっきり決まりますが、フレアなワンピースと合わせる時は、ベルトでウエストにメリハリをつけるのがおすすめ。

フェミニンなニットワンピースを辛口に味付け

黒のショートダウンとタイトなニットワンピースのコーデ画像

ウエスト部分に切り替えが入って、1枚でフェミニンな着こなしになるタイトなニットワンピース。黒のショートダウンは、そのまま羽織るだけでコーデが決まる。靴&バッグも黒で統一することで、女っぽさとカッコよさを兼ね備えたコーデへと昇華。

シフォンワンピースはベルトでメリハリを

ベージュショートダウンとシフォンの花柄ワンピースとフレアデニムのコーデ画像

シフォンの花柄ワンピースとフレアデニムとのヴィンテージ風レイヤード。ベージュショートダウンをオンしてモダンなアクセントを加えて。広がりやすいシフォンワンピースは細ベルトでメリハリをつけてすっきり見せ。

マスタードカラーで鮮度を高めて

マスタードカラーのショートダウンと黒のリブニットワンピースのコーデ画像

ごくシンプルな黒のリブニットワンピース。鮮度の高い着こなしにするなら、マスタードカラーのショートダウンをオン。ワンピースやパンプスの上品さとダウンのスポーティーテイストをミックスしたおしゃれ上級者コーデに。

次ページ> ショートダウンの『色別』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW