FASHION

フルレングスは着なきゃ損…! 速攻スタイルアップ効果は想像以上⁉コーデ22選

2019/12/25

「フルレングス」という丈の長さをご存知ですか? おしゃれ女子たちがこぞって取り入れているフルレングスアイテムは、スタイルアップ効果抜群で、こなれ感も演出できる優秀アイテム! 今回は、初心者さんでも失敗しない、フルレングスアイテムの着こなし方をアイテム別にご紹介しちゃいます。バランスよくコーデに取り入れて、余裕たっぷりのこなれコーデをメイクしてみて。

『フルレングス』とは?

フルレングスとは「たっぷりな丈」という意味で、スカートやパンツ、コートの丈がくるぶしから床に届くほどの丈の長さのことをいいます。スカートやワンピースで「マキシ丈」という言い方をしますが、それと同じ意味を持ち、足全体を包むような着丈の長いデザインのことを指します。

フルレングス【パンツ】でスタイルアップ!

くるぶし下まで丈があるフルレングスパンツは、スタイルアップ効果が狙える優れもの。デザインや着こなし方で印象が変わってくるので、ぜひ自分の好みのスタイルを見つけてみて。

ワイドパンツはトップスとのバランスが鍵

▼ミニマムな白トップスを合わせてシャープに着こなして

ボリュームのあるフルレングスパンツに合わせるトップスは、コンパクトなものを選べばバランスが良く、失敗もナシ。リネン特有の優しい雰囲気をまとったフルレングスパンツはシンプルな白トップスでスタイリッシュにまとめるのが大人の正解コーデ。

▼ゆったりトップスを合わせるならベルトでメリハリを

ボリュームのあるトップスを合わせたいときは、だらしない印象にならないよう、ベルトでウエストマークしてコーデにメリハリを持たせるのが◎。足元にヒールのショートブーツをもってくるのも、野暮ったく見せないテクニック。

デニムはとことんラフに履きこなすのがクール

▼技アリ小物を効かせたカジュアルルック

クールな印象のフルレングスデニムはカジュアルなアイテムと合わせてラフに着こなすのが正解。袖のデザインが左右異なる個性的なトップスをデニムにタックインすれば、エフォートレスな個性派ルックに。大ぶりのシルバーアクセサリーで華やかさも忘れずに。

▼オーバーサイズ×オーバーサイズでこなれ感を演出

パッと目を引く鮮やかなブルーのオーバーサイズニットは、ボリュームたっぷりのフルレングスデニムを合わせてマイルドに着こなして。オーバーサイズ×オーバーサイズの”ずるっと感”がこなれ感たっぷりにキマる秘訣。靴やバッグは黒で揃えれば、バランス調整も完璧。

▼白のアイテムを散りばめて自然体なスタイルに

リラックス感たっぷりのアイスブルーのフルレングスデニムを主役に、他のアイテムは全て白でまとめた爽やかな着こなし。フラットシューズを合わせても、ギリギリ地面につかない丈感のものは、初心者さんでもチャレンジしやすいこと間違いナシ。

▼フルレングス×黒スキニーの最強脚長コンビ

美脚アイテムの王道、黒スキニーもフルレングスならさらに美脚見え。コンパクトな白トップスをパンツにタックインして、上半身をスッキリまとめることで、より脚がスラッと見えるという効果も。

ワンピースとレイヤードしてもサマになる

▼シンプルな黒ワンピースの着こなしを一新

一枚ではシンプルすぎる黒のワンピースには、ライトブルーのフルレングスデニムを合わせて着こなしに差をつけてみて。足首周りにボリュームがある分、靴は抜け感たっぷりのサンダルを合わせてバランス良く。アクセサリーも控えめにするのがベター。

▼シックなワンピースにデニムでカジュアル要素をひとさじ

シックな花柄ハイネックワンピースの裾から、チラリとフルレングスデニムを覗かせたおしゃれ偏差値高めのコーデ。ウエスト部分の切り替えで上半身がスッキリまとまっているので、下半身にボリュームをもたせても自然にキマります。靴やバッグは、コーデの邪魔をしない黒アイテムが◎。

フルレングス【スカート】は媚びない可愛さ

足元を覆い隠すくらいの丈感が、上品な女性らしさを醸し出してくれるフルレングススカートは、大人女子にぴったりのアイテム。シルエットや着方によってコーデの幅をグッと広げてくれるアイテムなので、一枚持っておくと便利かも。

フレアスカートもレディな雰囲気に

▼ベージュのフルレングススカートできれいめに

裾の広がりが可愛らしいフレアスカートも、フルレングスならレディな雰囲気に。ハリ感のあるベージュのスカートに、チュールがドッキングされたノースリーブニットを合わせて華やかに。ハイウエストで着られるフルレングススカートは、スタイルアップ効果も抜群!

▼柄物スカートも洗練された印象にチェンジ

大胆カラーのチェックのフルレングスプリーツスカートに、深くスリットが入ったノースリーブロングトップスを合わせることで、スカートをうまくデイリールックに馴染ませた技アリな着こなし。柄物スカートもこの丈感なら、上品に着こなせるのが嬉しい。

”ずるずるシルエット”が今のムード

▼花柄スカートをスウェットでカジュアルダウン

地面スレスレまでのたっぷりな丈感がかわいい花柄スカートには、あえてオーバーサイズの白スウェットを合わせて、こなれ感たっぷりの”ずるずるシルエット”コーデをメイク。野暮ったい着こなしにならないよう、黒のベルトでウエストマークするのはお約束。

▼甘めスカートを大人っぽく

糖度高めな白のティアードスカートは、フルレングス丈なら大人っぽく着こなせるので◎。ややオーバーサイズのスリット入りニットをラフに重ねたら、足元はダッドスニーカーを合わせてちょっぴりモードな雰囲気をプラス。”ずるずる感”と小物効果で、スカートの甘さをうまく抑えた大人可愛い着こなしは、ぜひ真似したい!

ワンピースの裾から覗かせて脱マンネリ

▼大人なニットワンピにガーリー要素を少しだけ

ウエストがマークされた大人っぽいスリット入りニットワンピは一枚じゃなんだかのっぺりしちゃう。そんなときは、同じ黒の花柄スカートをレイヤードするだけで着こなしに立体感が出るのでGOOD。さりげない花柄が女性らしさを引き立てます。「そろそろ花柄は恥ずかしい......。」なんて思っている人にもこの着こなしはオススメ!

▼鮮やかパープルも控えめに着こなせる

シンプルな黒のサーマルワンピースは、一枚で着ると地味に見えがち。パキッと鮮やかなパープルのフルレングススカートを中に仕込むだけで、グッと華やかな着こなしに早変わり。色のコントラストを引き立たせるために、小物は全て黒で揃えるのがコツ。

フルレングス【ワンピース・ドレス】で品良く

どんな系統のワンピースも、フルレングスならどこか品良く見せてくれるのが大人女子に嬉しいポイント。また、フルレングスのドレスは丈がたっぷりある分、より洗練された印象を与えてくれるのでパーティーや結婚式で周りと差がつくこと間違いナシ!

好感度高めのフルレングスワンピース

▼シャツを羽織って大人のラフスタイルをメイク

ヌーディーなベージュのキャミワンピースも、フルレングスなら大人っぽく着こなせます。ストライプのロングシャツを上からサラッと羽織ってちょっぴりハンサムに、余裕たっぷりの着こなしを楽しんで。

▼キュートなワンピースも大人見え!

くすみピンクがかわいいレトロなフルレングスワンピースは、この丈感だからこそ違和感なく着られるアイテム。足元はあえてスニーカーではずしてカジュアルダウン。袖をくしゅっと腕まくりすることで、大人っぽさが出て◎。

パーティーでも差がつくフルレングスドレス

▼ほどよい透け感で洗練された印象に

裾部分だけ透け感があるドレスは、短い丈だと子供っぽく、あまり上品ではないイメージですが、フルレングスならいやらしさもなく、上品に着こなすことができるんです。繊細なレースの透け感が足元にほどよい抜け感を出してくれて、日に当たるたびに美しく見せてくれます。

フルレングス【コート】の”だぼっと感”が今っぽい

なにかと個性を出しにくいアウター。無難コートに飽きたら、次はフルレングスコートをチョイスしてみて。全身を覆い尽くすボリューム感たっぷりのフルレングスコートなら、縦長効果でスタイルアップを狙えるうえに、中に何を着ていても羽織るだけでコーデがサマになっちゃう超便利アイテムなんです!

サッと羽織るだけでこなれ感たっぷりに

▼カーキ色でクールにキメて

濃いカーキがモード感たっぷりなフルレングスコートは、トップス、ボトムスも黒で揃えてとことんクールに着こなすのが正解。足元はインパクト大なゴールドのブーツでさらに辛口なスパイスをプラス。

トレンチコートでも周りと差がつけられる!

▼コートを主役に引き算コーデ

人と被りがちなトレンチコートも、フルレングスなら個性を発揮できること間違いナシ。風が当たるたびにふわっと広がるボリューミーなトレンチは、一枚で存在感抜群なので、中は黒のタートルネックトップスとデニムでシンプルにまとめるのがベター。

フルレングスアイテムにはどんな【靴】を合わせたらいい?

くるぶし下まで丈があるフルレングスアイテムは、合わせる靴選びが難しいとの悩みがチラホラ。ですが、意外にもどんな靴でもマッチしちゃうんです 。ここでは、お手本となる組み合わせをご紹介するので、自分の好みに合った組み合わせを見つけてチャレンジしてみて。

スニーカーで余裕たっぷりのスタイリングに

▼スニーカー×フルレングスワイドパンツ

ボリューミーなフルレングスワイドパンツにローテクスニーカーを合わせたカジュアルルック。フルレングスパンツはハイウエストなので、ぺたんこ靴のスニーカーを合わせてもしっかりスタイル良く見せてくれるのが嬉しいポイント。

▼ハイカットスニーカー×フルレングススカート

段々に重なったフリルが糖度高めなティアードスカートには、あえてスニーカーを合わせてハズすのが◎。足首が見えないハイカットなら大人顔に。

サンダルで抜け感をプラス

▼フラットサンダル×フルレングススカート

サラッとした白のタイトスカートに、茶色のフラットサンダルを合わせたリラックスムード漂うコーデ。サンダルなら足元に適度な抜け感が出てGOOD。

ヒールを合わせるなら軽めのものが◎

▼ヒールサンダル×フルレングスパンツ

足元にボリュームが出るフルレングスボトムスは、太めのヒールのものを合わせるとどうしてもバランスが悪くなってしまったり、重たく見えてしまって、着こなしが難しくなることも。ヒールが高すぎず、太すぎないものを選ぶのがベター。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW