FASHION

赤ジャケットは【2つ】のコツで着こなせる説。《種類別》お手本コーデ18選

2019/05/31

原色の赤はジャケットとしてインパクトのある華やかな色。ベーシックカラーには無い魅力があるのと同時に、相性の悪い色、季節に合わせた配色も考えなければいけないのが赤ジャケットの着こなしの注意点。このような点に気を付ければ、普段の着こなしを底上げできます。普段ベーシックカラーのジャケットを採用している方のために、赤ジャケットの魅力や着こなし方を紹介します。

ブルゾン×スニーカーのスポーティーな組み合わせは、プリーツスカートでフェミニンに着こなして。ジャケットやトップスがマットなアイテムなので、細かい花柄のスカートのような手の込んだデザインでラフに見せないコーデに。

「マウンテン」ジャケットのコーデ

赤マウンテンジャケットは、大人しめなトラッド風コーデに目を引く原色を投入してスポーティーに仕上げてくれるアイテム。

パンツスタイルはトラッド風アイテムとスポーティーに

▼赤ジャケット×マニッシュコーデ

ラフなマウンテンジャケットはトラッド風のコーデと合わせると品のあるスポーティーな仕上がりに。赤と喧嘩をしないベージュのシャツワンピをのぞかせることでコーデの印象を和らげて。

▼赤ジャケット×黒チェックワイドパンツ

シックなチェックワイドパンツとローファーの組み合わせをマウンテンジャケットでカジュアルダウンさせたコーデ。短めの丈のジャケットを選ぶことで脚長みせを狙って。

スカートスタイルはクラシックなアイテムを投入

▼赤ジャケット×ジャンパースカート

明るい赤のマウンテンジャケットは暗めの色合いのプレッピーなチェックジャンパースカートに対して好バランスのアイテム。ワンピースに使われている赤や黄色のアイテムを投入することでスタイリングに統一感を。

「ダウン」ジャケットのコーデ

防寒一択な印象を与えてしまいそうな赤ダウンジャケット。ナイロン素材やボリュームのあるシルエットを逆手にとった、手抜き感のないカジュアルコーデのコツを紹介。

パンツスタイルはラフに着こなしても◎

▼赤ジャケット×スキニーデニム×ローファー

目を引く赤ジャケットはシンプルなコーデも地味にさせないアイテム。ボリュームのあるジャケットに対して足元をスッキリして見せられるスキニーデニムを採用して。

スカートスタイルはきれいめカジュアルに着地

▼赤ジャケット×白パーカー×黒スカート

次ページ> その他
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW