FASHION

涼しい服の選び方は【3つのポイント】がカギ! 快適&オシャレなコーデ20選

2019/05/30

例年厳しい暑さが続く日本の夏。とにかく涼しい服で、出来るだけ快適に過ごしたいですよね。でも実際のところ、どんな服が涼しいのかはよく分からない人も多いはず。そこで今回は、涼しく快適なのにオシャレにキマる服選びのポイントや着こなし方について徹底レクチャーしちゃいます!

【涼しい服選び】3つのポイント

まずはじめに、暑い夏を快適に過ごす服選びで重要な、たった3つのポイントをレクチャー。これを知っておけば、本格的な夏前のお買い物にも役立つはず♡

①ふわっと広がるシルエットのものを選ぼう

トップス、ボトムス、ワンピース、どのアイテムもシルエット選びはかなり重要。夏は汗をたくさんかいて体がベタつくので、ピタッと体にまとわりつくシルエットのものはNG。裾や袖がふわっと広がった風通しの良いものを選んで。

②熱を吸収しやすい黒は避けたほうが◎

「黒い服は暑い」とよく言いますよね。涼しさを重視するなら、熱を吸収しやすい黒い服は避けるのがベター。

③素材選びにこだわって

たくさん汗をかく夏は、服の素材にこだわることがとっても重要。通気性や吸収性、発散性に優れた素材の服を選ぶことで一日中快適に過ごすことができます。

涼しい服の『素材』ってどんなの?

夏を涼しく快適に過ごすためには素材選びが重要......とはいえ、どんな素材が良いのかピンとこない方もいるのではないでしょうか。ここでは、 夏にぴったりの3つの素材をご紹介!

通気性&吸水性に優れた「リネン」素材

亜麻を使った「リネン」素材は、吸水性が非常に優れているため、どれだけ汗をかいてもずっとサラッと快適に過ごせるんです。また、通気性も良く、繊維の中では最も涼しい素材と言われているので、まさに夏素材と言えます。

着心地&肌触りの良い「コットン」素材

柔らかく肌触りが良い「コットン」素材は、着心地が良く夏でもストレスなく着られること間違いなし。また、湿度の発散性が高いので、服の中で汗をかいても、コットンが吸い取って服の外側へ発散してくれるんです。

滑らか&軽い「レーヨン素材」

滑らかな質感やドレープ感が特徴の「レーヨン」素材は、肌に触れるとひんやり涼しく感じる効果があるため、暑い夏にはもってこいの素材なんです。また、吸水性が高く消臭効果もあるので、気になる汗の臭いも和らげてくれるというメリットが。

【トップス】で涼しく

次ページ> 【ボトムス】で涼しく
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW