LIFE STYLE

気持ち悪い女と思われる人とは?特徴や自信を付けるためにできること

2019/05/28

人によって不快に感じるポイントは異なりますが、気持ち悪い女だといわれる人は一定の特徴が見られます。どんな見た目・言動が気持ち悪い女だといわれるかを知ることができれば、自分自身が気持ち悪がられないように心がけることができるでしょう。

職場や友達の気持ち悪いと思われる女の特徴

「気持ち悪い」という悪口は、かなりのダメージを受けるものです。

自分自身が気持ち悪い女だと思われているのではないか…と不安な人や、自分の身の周りに気持ち悪いと感じてしまう人がいて悩んでいる…そんな人もいるのではないでしょうか。

どんな人に対して、「気持ち悪い」という印象を持つのでしょうか。

代表的な特徴を4つにまとめました。自分や周囲の人に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

清潔感がない

まず、単純に生理的に受け付けないことによる気持ち悪さが挙げられます。大人の女性としての最低限の身だしなみも放棄し、清潔感がない女性は気持ち悪い女に認定されてしまうでしょう。

寝起きで髪を梳かさずぐちゃぐちゃ、化粧はしない、歯を磨かない…そんな状態のまま会社に出社すれば、周囲からは非常識だと思われるでしょう。 さらに、清潔感にはニオイも含まれます。

汚れて皮脂が浮いてしまった髪や、ものを食べた後何もケアをしていない口は、不潔なニオイがします。

完璧に美しく仕上げるとはいかないまでも、人に不快感を与えない程度には見た目にもニオイにも注意するべきです。

年相応の格好をしていない

本来の年齢とファッションの年代がかけ離れていると、気持ち悪さを感じます。

本人は、いつまでも若く見られたいという思いがあるのかもしれませんが、ある程度の年齢の大人の女性が子どものような恰好をしていては、あまりにも不自然でしょう。

フリルやリボンを多用した服ばかり着ていたり、10代の少女がするような濃いめのピンクのチークを入れていたりすると、痛々しいと思われます。

本人は若さを印象づけたくてやっていても、年齢不相応のファッションは、逆に年を際立たせるため、老け見えの原因です。

若作りした気持ち悪いオバさん、という不名誉な烙印を押されかねないでしょう。

勘違い発言が多い

性格面では、勘違い発言が多い女性は気持ち悪さを感じさせます。

そもそも気持ち悪いといわれる女性は、自分のことが客観的にみられていないので、勘違い発言が飛び出すのです。

周囲にやたら偉そうな態度をとり、わかった風な口をきくタイプや、自分を持ち上げ他人を見下すような発言をする女は、気持ち悪い女だといわれるでしょう。

自分はいい女であり、周りよりも優れていると思い込んでいるのです。

プライベートを知りたがる

相手がどう感じているのかもお構いなしに、根掘り葉掘りプライベートなことを聞きたがる人も、気持ち悪いものです。

ただ自分の好奇心を満たしたいだけなのかもしれませんが、質問によっては「そんなことを聞いてどうするつもり?」と思われるようなものもあるでしょう。

「どのあたりに住んでいるの?」という世間話レベルのものではなく「どのあたりに家があるの?〇〇駅の近く?コンビニの隣?」など、どこまで詮索するのか…という、追求のような質問です。まるでストーカーのような印象を持ちます。

さらには最初から嫌がらせのような下ネタを交える人もいます。恋人の有無から踏み込んで、下着の色や性生活など、明らかに相手が避けたいような話題を投げてくる人は気持ち悪い女でしょう。

気持ち悪い女と思われる判断基準

気持ち悪い女、と一言でいっても、判断基準は人それぞれです。個人で不快に思うポイントは異なり、許容範囲の大小もあります。

さらに、男女でも気持ち悪い女だと感じるポイントは異なるため、男性からは何とも思われていないのに、女性陣からはすこぶる評判が悪く、気持ち悪がられている…そんなケースもあるでしょう。

男女で異なる感覚の差についてみてみましょう。

男女で感覚が異なる

男女で「気持ち悪い」の定義は異なります。

男性は外見からくる気持ち悪さに敏感です。とくに、男性の持つ女性イメージ像から離れていると、気持ち悪さを感じられてしまいます。「女性なのに、こんなことをするなんて気持ち悪い」といった具合です。不潔感や過剰な若作りが当てはまります。

女性は、内面で判断することが多いです。プライベートにずかずか踏み込んできたり、思い込みの強い言動を繰り返したりしている人は、気持ち悪い女となります。

気持ち悪い女に好かれるときは

気持ち悪い女に好かれてしまった時には、どのように対処したらいいのでしょうか。特に職場など、簡単に距離を置くという判断ができない場合は、非常に厄介です。

なるべく自分がストレスを抱え込まないようにしながら、円滑な人間関係を築くためのポイントをまとめました。

接し方に失敗すると、無用なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。上手に対応しましょう。

さりげなく指摘を

気持ち悪い箇所を、相手が傷つかないようにさりげなく指摘するのも一つの方法です。特に見た目や清潔感など、本人の心がけ次第で明日にでも変えられる場所については効果的でしょう。

人気のないところで「様子がおかしいけれど、何か困っていることはあるの?」と聞き、具体的な個所を指摘しましょう。

もしかしたら、心の病などで見た目を気にかけられない状況に陥っている可能性もあるのです。とはいえ、中途半端な指摘は相手を傷つけるだけに終わったり、改善が見られなかったりと効果が期待できません。

自分だけで解決が難しいと思う場合は、むやみに口を出さないことが正解という場合もあります。

誰かに相談することも必要

言動や性格面で問題がある相手の場合は、放っておくとエスカレートしてしまうことがあります。自分のストレスはたまる一方であり、いつかトラブルに発展することになりかねません。

嫌な性格の相手である場合は、前述のようにさりげない指摘はおすすめできない方法です。逆上されたり、周囲にあることないことを吹聴されて孤立させられたり、ますますトラブルの火種が大きくなってしまうかもしれません。

自分だけで相手をしようとせず、誰かに相談するようにしましょう。職場であれば上司に相談すればよいですが、万が一犯罪レベルのトラブルの兆しがあるのであれば、専門の機関に相談しましょう。

気持ち悪い女と思われないための対処法

自分自身が気持ち悪い女だと思われないためには、周囲にどう思われているかを意識することから始めましょう。 気を付けたいポイントを3つ紹介します。

身なりに気を使う

すぐに改善できるのは、見た目からくる気持ち悪さです。髪型や服装を清潔で好印象なものに変えましょう。

口臭や体臭などもチェックし、不快なニオイがしていないか気を配りましょう。

自分ではわからないという場合は、信頼できる人から思い切って指摘を受けるのも効果的です。

ポジティブ思考を心がける

もし、気持ち悪い女だといわれてしまった、あるいは陰で言われている気がするという場合は、気にしすぎてネガティブ思考に陥っている可能性があります。

ウジウジとした暗い雰囲気は、ますます周囲に不快感を与えるでしょう。なるべくポジティブ思考を心がけ、性格を明るく保つようにするのがおすすめです。

明るい人は周囲から好かれるため、気持ち悪いという印象からは程遠い人物になれるでしょう。

相手の気持ちを考える

最も大切なのは、相手の気持ちを考えることです。

自分の見た目や言動が相手にどんな印象を与えるのかを想像することができれば、気持ち悪い女というイメージを遠ざけることができます。

相手が今自分にどんな気持ちを抱いているか、察することに努めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。気持ち悪い女という言葉は、かなり強烈です。どんな人が気持ち悪いと思われがちなのか、どうすれば気持ち悪い女性にならずに済むかを把握し、良好な人間関係を目指しましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW