FASHION

羽織るだけでサマになる!スーパーロングコートの色別コーデ集【31選】

2019/12/25

大人カッコいいイメージのスーパーロングコート。丈が長いため着こなし方が難しそう…と感じる人も多いはず。でも、実は全身をすっぽり包んでくれるので、コートの中がたとえジャージ姿でもサマになっちゃう優秀アイテムなのです。ここでは、スーパーロングコートの色別におしゃれコーデをご紹介。ぜひ、お気に入りのカラーやコーデ方法を見つけてみて。

スパーロングコートを着こなすポイント

初めに、 スーパーロングコートを着こなすための3つのポイントをご紹介。スーパーロングコート初心者さんは、まずこの3つを押さえたシンプルコーデからトライしてみるのがおすすめ。

1.トップスはシンプルデザインでコートを主役に

スーパーロングコートはそれだけで存在感が十分あるので、インナーのトップスはシンプルに徹してコートを主役に。トップスはシンプルながらも、デコルテが綺麗に見えるネックラインやボディラインを程よく拾うシルエットなど、こだわりの1枚をチョイスして。

2.手首・足首を出すと野暮ったくならない

全身をカバーするスーパーロングコートは、どこかに”抜け”を作るのが野暮見えしないための鉄則。一番簡単な”抜け”テクニックが手首か足首を出すこと。コートの袖をロールアップして手首見せ。そして、ミモレ・ロング丈スカートやアンクル丈パンツで足首見せ。このどちらかを取り入れることで、こなれたコートスタイルになります。

3.靴はヒールもフラットも◎

スマートな縦長シルエットを強調してくれるスーパーロングコート。なので、靴はヒールでもフラットでもOK。ヒールパンプスで大人フェミニンコーデにしたり、スニーカー合わせでデイリーカジュアルにしたり、様々なシーンでスーパーロングコートとのコーデを楽しんでみて。

「黒」で女性が惚れる女性へ

”強さ”や”カッコよさ”、そして大人の”優雅さ”を表す黒。黒のスーパーロングコートは、女性が惚れる女性へと導いてくれるコート。ただ、コーデに黒が多すぎると重く感じてしまうので、インナーでは白や明るいカラーを意識的に取り入れて 軽さを出すのが、バランスのいいコーデになるコツ。

パンツスタイル「黒」

▼デニムコーデにラフに羽織る

モードな黒のスーパーロングチェスターコートを、あえて真逆のカジュアルコーデに羽織ってみるのも、こなれて見えるテクニックの1つ。ボーダーT×色落ちデニムのラフなカジュアルコーデが、品格漂う大人のカジュアルスタイルへとシフト!

▼ホワイトパンツで洗練度を高めて

黒スーパーロングコートのインナーコーデを、白系にすることで洗練度が急上昇。足首が見えるアンクル丈のホワイトパンツで抜け感を作っているのもポイント。黒×白のハイコントラストなコーデは、ベージュ小物で中和して柔らかい印象に仕上げて。

スカートスタイル「黒」

▼白Tで抜け感をメイク

黒のスーパーロングコート&ラップスカートのブラックコーデは、白Tを投入して抜け感をメイク。これだけでも、グッと軽い印象に。Tシャツ以外を黒で固めたモードなコーデは、赤いリップで女っぽさをひとさじ加えて。

ワンピーススタイル「黒」

▼ヴィンテージ風ワンピースをモダンに仕上げて

リーフ柄と襟元のシャーリングが印象的なヴィンテージ風ロングワンピース。黒のスーパーロングチェスターコートを羽織れば、モダンで都会的な装いへとシフト。ロング丈同士の重めのコーデは、ベージュバッグで軽さを出して。

「グレー」で大人カジュアル

どんな色とも馴染み、着回しの効くグレーのスーパーロングコート。一見、地味なカラーですが、実は大人っぽく都会的な印象を与えるカラー。いつものカジュアルコーデを、大人顔へと引き上げてくれます

パンツスタイル「グレー」

▼デニム・オン・デニムを大人顔に

カジュアル度高めなデニム・オン・デニムコーデは、合わせるコートに迷うもの。そんな時は、対象的な都会派グレーのスーパーロングチェスターコートを合わせてみて。大人顔のこなれたカジュアルコーデへとアップデート。手首&足首見せが寒い真冬は、白ソックス&白バッグで抜け感を作って。

▼グレー×白で作る春の洗練コートスタイル

春にマストなグレーのチュールトレンチコート。グレートップス×白ワイドパンツに羽織ると、チュールの甘さが軽減され洗練されたコートスタイルに。ベルト・バッグ・靴で黒をポイントで取り入れることで、淡い配色がピリッと引き締まります。

スカートスタイル「グレー」

▼パープルスカートをアクセントに

鮮やかカラーを程よく中和してくれるのもグレーの魅力。グレーのスーパーロングコートを着る時は、ぜひ大胆カラーのアイテムとのコーデも楽しみたい。黒×グレーの地味色コーデに1点パープルのスカートがあるだけで、スタイリッシュかつ華やかな印象に。

ワンピーススタイル「グレー」

▼黒×グレーのモードなワンピースコーデ

黒のIラインワンピースにグレーのスーパーロングフーデッドコート羽織ると、即モードなコーデの完成。単純なワンツーだからこそ、チェーンバッグやスニーカー、赤いリップの存在感が際立ちます。

「ベージュ」はどんなテイストとも◎

ビジネスライクなコーデから甘いガーリーコーデまで、 どんなテイストにも変幻自在に馴染んでくれるのがベージュのスーパーロングコートのいいところ。オン・オフ問わず着回ししたい人におすすめのカラーです。

パンツスタイル「ベージュ」

▼コートで”品格”をプラス

通勤やお出かけにマストな美しいシルエットのベージュスーパーロングコート。白ブラウス×黒ワイドパンツのきれいめコーデに羽織って、大人の品格をプラス。ブラウン系小物を添えることで、より深みのあるスタイリングに。

スカートスタイル「ベージュ」

▼ノーカラーならカーデ感覚で羽織れる

ノーカラーのベージュスーパーロングコートは、ロングカーデ感覚でどんなコーデにも気軽に羽織れる。淡いベージュのトップス×柄スカートに羽織って、旬なベージュトーンコーデに。繊細な柄とベージュのグラデーションでニュアンスたっぷり。

▼スーパーロングトレンチコートで作るフレンチカジュアル

マスタードイエローのフレアスカートをベースとして、スーパーロングトレンチコートとカンカン帽でフレンチカジュアルに仕上げて。下半身にボリュームが出たコーデは、帽子・眼鏡・フープピアスと顔周りを盛ることで目線を上げバランスを取って。

ワンピーススタイル「ベージュ」

▼春らしいミックスレイヤード

ロマンティックで甘いシフォンの花柄ワンピース。スーパーロングトレンチコートを肩掛けして、大人のこなれ感を演出。ナチュラル小物をアクセントにして、春らしいミックススタイルの完成。

「ブラウン」でクールとかわいいの両立

力強いクールさもあるのに、どこか温かみがあってかわいらしさも感じるブラウン。ここ最近のトレンドカラーでもあるので、ブラウンのスーパーロングコートをさらっと羽織るだけで、旬なスタイリングに決まる。

パンツスタイル「ブラウン」

▼ブラウン×白の垢抜けコーデ

白ニット×白パンツのクリアなホワイトコーデに、ブラウンのスーパーロングコートをラフに羽織った垢抜けスタイリング。スニーカーやフラットシューズの時は、7分丈パンツで足首をしっかり見せると、よりこなれたスタイリングに。

▼ブラウンのスーパーロングコートで今年顔のデニムコーデ

大人女子にとって定番な黒トップス×フレアデニムの組み合わせ。トレンドカラーなブラウンのスーパーロングチェスターコートをサッと羽織るだけで、今年顔のデニムスタイルに変身。ハンサムなスタイリングは、ビッグイヤリングとチェーンショルダーで女っぽさをさりげなく添えて。

スカートスタイル「ブラウン」

▼ピンク×ブラウンのほろ甘コーデ

ブラウン×ピンクは程よい甘さになる相性◎な組み合わせ。インパクトあるジャガード織スカートも、ピンクニットとブラウンのチェスターコートで中和され、ほろ甘フェミニンコーデへとシフト。ブラウン系の優しい配色は黒小物で引き締めて。

ワンピーススタイル「ブラウン」

▼ブラウンコートと柄ワンピースのビターなレイヤード

レトロなプリントワンピースにキャメルブラウンのスーパーロングコートを肩掛けして、大人女子にちょうどいいビターなレイヤードに。ブラウン系小物で上品に仕上げつつ、白キャップではずした絶妙なバランスにも注目。

「白」はメリハリをつけて視線を奪う

ダークカラーコーデが増える秋冬、白スーパーロングコートを颯爽と羽織っている女性には目を奪われずにはいられません。ぼやけがちな白は、シルエットや色合わせでメリハリをつけて

パンツスタイル「白」

▼オールホワイトコーデはシルエットでメリハリを

コートからパンツまでオールホワイトでまとめた、洗練ムードのスタイリング。着膨れして見えないように、トップスをタックインしてメリハリをつけて。ベージュのレザートートとスニーカーで上品に仕上げて。

スカートスタイル「白」

▼黒のバッグ&スニーカーで引き締めて

こちらも、スカートとのオールホワイトコーデ。タイトシルエットのスカートだから、白スーパーロングコートとのレイヤードもスマートに決まる。ミニショルダー&スニーカーの黒のアクセントで膨張間ゼロに。

ワンピーススタイル「白」

▼パーカーワンピースでスポーティーに

カーデ感覚で羽織れるノーカラーのガウンコート。フェミニンだったりスペシャル感のある白のコートも、パーカーワンピースとならカジュアルに仕上がる。ボディバッグ&スニーカーで全力にスポーティーに振り切るのがコーデ成功のポイント。

「カーキ」は程よく甘さ・抜け感を

男前なカーキのスーパーロングコート。カッコいいだけでは、ちょっと近寄りがたい雰囲気になるので、コーデの中に程よい甘さや、女っぽく見える”抜け感”を作るのが好バランスコーデになるポイントです

パンツスタイル「カーキ」

▼白アイテムで抜け感をメイク

本格派なミリタリーコートは、白アイテムを差し込むことで抜け感が出て明るい印象に。ここでは、トレンドのプリントTシャツで抜け感をメイク。仕上げに、シルバーのクラッチバッグで、コーデの洗練度を高めて。

スカートスタイル「カーキ」

▼白ストールとスカートでフェミニンに味付け

ダボっと羽織れるオーバーサイズなスーパーロングコート。メンズライクなコートは、スカートや白ストールでフェミニンに味付けして甘辛コーデに。フレアロングスカートとのゆるいレイヤードは、ソックス&パンプスのコンパクトな足元でバランスを調整。

ワンピーススタイル「カーキ」

▼リネンワンピースとのテイストMIX

メンズライクなミリタリーコートとナチュラルなリネンワンピースとの、異なるテイストとのミックスコーデ。ロング丈同士のルーズなレイヤードは、VAN’Sスニーカーをポイントに切れ味よく仕上げて。

「ネイビー」は地味見え防止対策を

落ち着いた印象を与えるネイビー。スーパーロングコートで上から下までネイビーになってしまうと地味に見えてしまうことも…。 コーデのどこかに差し色を入れたり、インナーを白系コーデで明るく見せたりと、地味見え防止対策は必須

パンツスタイル「ネイビー」

▼赤を差し色で投入!

ネイビーのスーパーロングトレンチコートにフレアデニムと、全身をブルー系にするとかなり落ち着いて地味な印象に。赤いリップ&赤いブーツで、コーデに動きと女っぽさをプラスして。

スカートスタイル「ネイビー」

▼インナーを白系コーデで明るく

ネイビーコートのインナーを白系でまとめて明るく見せるのも、地味見えしないテクニックの1つ。白×青のボーダートップスが、フェミニンな白プリーツスカートとコートのつなぎ役を果たし、マリンな気分を盛り上げます。

ワンピーススタイル「ネイビー」

▼ストライプシャツワンピースとのクリーンなレイヤード

ネイビースーパーロングコートとストライプシャツワンピースとのクリーンなアイテム同士の組み合わせ。綺麗にまとまりすぎると少し物足りないので、キャップとスキニーデニムでカジュアルダウンしてもうひとひねり加えて。

「その他カラー」で印象に残る女性に

スーパーロングコートをベーシックカラー以外のカラーにすると、とても印象的な装いに。コートが派手な分、インナーは白や黒といった無彩色カラーにしてコートの存在感を引き立てて

パンツスタイル

▼ラグジュアリーかつ差別化できる青のファーコート

ラグジュアリーなファー素材のスーパーロングコート。定番の白系やブラウンではなく、青なら周りと差別化でき、デニムとも統一感が出て落ち着いた印象に。コートのインナーには白ロンTをチョイスして、媚びないカジュアルコーデに振るのが好印象なスタイリングになるポイント。

スカートスタイル

▼温かみがあって上品なキャメル

ベージュよりも温かみがあってブラウンほど色が強くないキャメル。キャメルのスーパーロングコートを黒ニット×黒ベースの花柄スカートコーデに羽織ると、明るい華やかさを演出しつつ上品に仕上げてくれます。

ワンピーススタイル

▼おしゃれ度がグッと上がるダークグリーン

ダークグリーンのスーパーロングコートは、羽織るだけでおしゃれ度が急上昇。色自体に存在感があるので、オールブラックコーデにサラっと羽織ってシンプル&モードに着こなしたい。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW