HOROSCOPE

しし座の6月3日から6月16日の新月占い

2019/06/05

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。6月3日にふたご座で迎える新月、その時期のしし座の運勢はどうなる?

静かに緊張状態にある星空

太陽の陰に隠れてその姿を見せなくなる新月の夜でも、月は確かにそこに存在しているわ。見えないけれど、本当はある。だからこそ、月はミステリアスなパワーの象徴であり、実際に私たちの運気に影響を与えているの。満ちたり欠けたりとリズムを規則正しく刻みながら、運命の航路をたどっている。そのリズムに乗って、12の星座のどこで月が新月・満月になるかを正しく知れば、あなたは進むべき道に迷いがなくなっていくはずよ。行く先を照らす優しい月の光とともに、人生そのものをナビゲートしていきましょう。

6月3日の夜は、静かな暗闇が訪れる新月の夜。月はこの日、ふたご座でその姿を隠しているわ。太陽と月が重なった真逆の方向には、いて座に滞在中の木星が。星は180度逆の方向を向いた時、それぞれの方向へと引っ張ろうとする強い負荷がかかるもの。月の光が消えた一見静かな夜に、実は大きな緊張状態が起きているのよ。

素直な甘え上手になれる?

この星空の緊張の下で、あなたにやってくるチャレンジは、ひとりではとても成し遂げられないことね。ふたご座のスマートさとフットワークの軽さが最大限になっても追いつかないぐらいの、どんどん拡大する大きなスケールをいて座と木星が持ってくる。仕事でも、プライベートでも、想像もしなかったようなレベルの出来事がやってくるんじゃないかしら。

だから、このサイクルは、素直に人に甘えてちょうだい。やりたいことをやるのに、あなたひとりでは全てを叶えることは、とても無理なの。あなたが無力なわけでも、足らないわけでも決してないわ。自分ひとりでやれる範囲では、世界が小さくまとまるというだけのこと。ふたご座は誰よりネットワークづくりが得意な星座よ。そのギフトにあやかれる今、たくさんの人に甘えて、あなたの夢を叶えるチームをつくるチャンスでもあるはず。

「愛している」から、「助けてほしい」

上手に人に甘える。不思議なことに、大人になるにつれてこれができなくなっていくのよね。「どうやって甘え上手になるか」なんてマニュアル本まで出てしまうぐらい、子供の時は素直にできていたことができなくなる。でも、そんなに頑張らずに、「助けて」って言っても大丈夫なのよ。「これができない」と言っても、あなたを批判する人なんていないわ。


いちばん愛している人に、素直に「助けて」って言えるかしら。
差し伸べられた手を、「私、大丈夫です!」なんて突っぱねてはいないかしら。

気をつけて。このサイクルはひとりで頑張ろうとすればするほど、できる範囲が小さくなっていって、なのに渡されるチャレンジのスケールは大きくなるという悪循環になるの。

誰かに甘えることはその人を信頼している証。「助けてほしい」はときに、「I LOVE YOU」の代わりにもなるのよ。そしてもちろん、「助けにいくよ」も愛の言葉であるのは間違いなし。ストレートに「愛している」って言うより、簡単でしょう?

あなたの愛をたくさん表現して、たくさんの人に助けてもらって、大きなスケールを乗り越える。その先にまた、見たことのない景色が待っているわ。

6月3日〜6月16日の運勢

華やかな友人関係に恵まれているしし座さんに、このふたご座の新月のクールでやっていただきたいことは、今までとは違う人に頼る、ということよ。いつも相談したり頼っている人にはあえて何も聞かず、意外な人に声をかけてみる。それが、思わぬ化学反応を呼びそうなの。同じことの繰り返しは、人間をいちばんつまらなくさせてしまう。同じ人との信頼関係はもちろん大事だけれど、たまに変化の風を吹かせないと関係がカビてしまうわ。だから、仕事の悩みも恋の悩みも、いつもとは違うメンズにどうぞ。隣の部署の上司とか、友達の友達とか、まったく別の視点から解決策がやってくるはずだわ。恋人との相談事も、まずは違う男の人に聞いてみたらどうかしら。もしそこから新しい恋が生まれたら…それはそれ。人生に変化はつきものよ。トレンド感度の高い、PVC素材のクリアなバッグが新たな人間関係の見守り役。水星がかに座入りする5日以降、昔の友人とのご縁が再燃しそう。9日、金星がふたご座入りすると、リッチなメンズとの新規の出会いが。ラッキーデーは、7、8、16日。

【このサイクルの官能ムーンアクション】

素直に甘えることを忘れてしまったあなたに、このサイクルで思い出してもらいたいのはあなた自身の子供時代。生まれた頃の写真を見たり、家族に話を聞いたり、ビデオが残っている人はそれを見るのもいいわね。何が好きで、どんなことにはしゃいで、どれほど愛らしかったかしら? 誰もが手を差し伸べたいと思うぐらい小さいのに、無敵と思えるぐらい全力で生きていた。泣くのも、怒るのも、笑うのも、全力。ピュアさの塊のような子供のエネルギーに触れるだけで、あなたの中にもともとある子供のような素直さが、どんどん表に出てくるわ。もちろん実際の子供たちと触れ合ってみるのもいいし、人間に限らず、動物の赤ちゃんと戯れるのもいい。あまりにも無防備で愛らしい姿に、癒されること間違いなしね。
世界中の子供たちの面白動画も手軽に見れる時代。国や文化が違っても、その純粋な魂が変わることはないわ。そして、子供たちを助けるような活動があれば、ぜひそれにも携わってみて。彼らをサポートすることは、本当はあなた自身を癒し、救うこと。子供は無力な存在ではなくて、大人を助けてくれる愛そのものなのよ。

PROFILE:Venus Mai

魔女ユニットmailoveとしても活動する、ヒーラー&ビューティスピリチュアリスト。元ファッションエディター。数千年以上続く魔法学校モダンミステリースクールで学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロット、形而上学などを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる」、「人生が変わった」と口コミで話題。モットーは「愛と美と官能の人生」。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW