LIFE STYLE

惚れた弱みってどんな状態?意味を知って対処法をチェックしよう

2019/05/27

彼氏ができると尽くしすぎて、周囲から「惚れた弱みにつけこまれてる」と注意を受けたことはありませんか?そのようなつもりがない場合はそもそも惚れた弱みって何? と疑問に思うでしょう。今回は『惚れた弱み』について徹底的に解説します。

惚れた弱みの意味は?

惚れた弱みという言葉を使ったことはありますか? 最近ではあまり耳にしない言葉ですが、使ったことがあるとすれば、自分か周囲の人が恋愛にのめりこみ、相手に尽くした経験があるのでしょう。

しかし、そもそも惚れた弱みって何でしょうか? 惚れた弱みの意味は、恋愛感情を持つ相手に対して自分の意見や要望を言えなくなってしまうことです。

人間は誰でも、恋に落ちると相手に喜んでもらいたい、心地よいと思ってもらいたいという気持ちが働き、相手に合わせたり否定的な意見を言いづらくなることがあります。

ただし、度を過ぎると2人の力関係が浮き彫りとなり苦しい恋愛となるのです。

実際の使い方やことわざもチェック

惚れた弱み以外にも、こうした状況を表す言葉があります。類語やことわざをチェックしましょう。今から紹介する言葉が周囲の人から出る時は、惚れた弱みで状況が少し見えなくなっているのかもしれません。

『恋は盲目』・『惚れたら負け』などのことわざも、惚れた弱みと同じ意味合いで使われます。

実際の使い方としては、相手の嘘を許してしまう・自分より相手の都合を優先してしまうなどの様子を表すのに「惚れた弱みだ」と使うことがあるでしょう。

惚れた弱みがあるときの行動

それでは、恋の行方を心配する周囲に突っ込まれがちな惚れた弱みがある時の行動をみていきましょう。

いつでも好きな人を優先

「自分の希望より相手の要望をかなえてあげてばかり」な人は、かなり惚れた弱みを持つ人にありがちな行動をとっています。

ある程度は、恋愛関係を持続し2人の絆を強めるために必要ですが、彼を優先するあまり、時々強いフラストレーションを感じる、自分の都合や予定より相手の都合を優先してしまう場合はかなり危険といえます。

恋心ゆえにワガママも許してしまう

相手が好きだからこそ、ワガママを許してしまうことも、恋をしている時にはよくあることです。

しかし、自分が望んでしているのか、相手があなたの恋心、つまり惚れた弱みに付け込んでワガママをきかせるように仕向けているのかによって状況は変わってきます。

本当は、やってあげたくないこともやってしまう、ききたくないワガママも受け入れてしまうなどの場合は惚れた弱みに支配された行動でしょう。

本音を言えず相手に従ってしまう

本当の気持ちは別にあるのに、本音を言えず、相手の意見に従ってしまうのも惚れた弱みがある時の行動です。

彼の考え方や価値観に「そんな考えもあるのか」と素直に思った時は、それでもいいのですが「私は違う」と思っている時は何となく孤独を感じるものです。

本来であれば彼にそうした気持ちを打ち明けて、歩み寄ることがひつようなのですが、惚れた弱みがあるとなかなかそうはいきません。

なぜ惚れた弱みがある時はこうした行動になってしまうのでしょうか?

惚れた弱みがあるときの心理

片思いが発展してお付き合いが始まった時は、お互いに相手を思いやる気持ちがあったはずです。

しかしカップルのどちらかだけが常に我慢している、相手を優先していると感じる状況になっているのが惚れた弱みがある状態です。

続いては、こじらせた恋心ともいえる惚れた弱みが行動に表れる時の心理状況を紹介します。

嫌われる・振られることが怖い

惚れた弱みが行動に表れてしまうのは、相手に嫌われることや振られるのが怖いという心理です。

相手に感心してもらえるように相手の興味のあることを自発的に勉強したり、好きになった人を逃したくないとふさわしい魅力的な人間になろうと努力したりするのは素晴らしいことといえます。恋愛が人間的な成長に欠かせないといわれるゆえんでしょう。

しかし、この思いが行き過ぎてご機嫌伺いのようになってしまっては対等な恋愛関係にはなれません。そもそも惚れた弱みで相手の思いのままに動かないと嫌われたり、浮気をされたりするような相手なのかよく考えてみる必要があります。

もし、相手の言うようにしないと関係が破綻するのなら、それは惚れた弱みの上に成り立っている関係性でしょう。

惚れた弱みにつけこむ彼氏・彼女も

世の中には、相手の惚れた弱みにつけこむ彼氏や彼女も存在します。下記の内容に思い当たることがあれば、自分がつけこまれていると考えてよいでしょう。

浮気を平気でする

彼氏・彼女が浮気を平気でする、しかも後で発覚するようなお粗末な浮気の場合は、相手はあなたの惚れた弱みにつけこんでいます。

どんなに相手のことが好きだったとしても浮気を繰り返すたびに自分の心がすり減っていないか、相手の決定権が強くなっていないか良く考えてみるべきです。

お金にルーズになる

付き合っている相手が、お金を「貸して」と言ってきたり、あなたがごはん代を出すのが当たり前になったりする時は惚れた弱みにつけこまれているとみてよいでしょう。

何かとお金を出させるからと言って、相手に愛情がないとは言いきれませんが、お金にルーズでいてもあなたが何とかしてくれると高をくくっているとみて間違いありません。

惚れた弱みへの対処法

残念ですが、彼氏や彼女に惚れた弱みにつけこむような態度が見えてきた時はそれなりの対処をすべきです。さもなければ、2人のお付き合いは主従関係のようなものになりますし、何よりあなたの身や心が持ちません。

惚れた弱みにつけこまれていると感じた時はどのように対処したら良いのでしょうか。

愛情表現を控える

もし、あなたの愛情表現が豊か過ぎる場合は、相手はその愛情にあぐらをかいているのかもしれません。彼氏や彼女にそうした片鱗が見えたら、愛情表現を少し控えるようにしましょう。

豊かな愛情表現をする人は、それが自然だと考えているものです。さらに自分も同じくらいの愛情表現がほしいと思っている人がほとんどでしょう。しかし、このままでは相手から愛情を感じる出来事がますます遠のくか、なめられる一方です。

2人の関係を改善させるためにも、「あなたが好き!」という気持ちを少し抑えましょう。

優先順位を変える

彼氏や彼女が、あなたの「優先順位、不動の1位は自分であるべき」と考えているようなら、NOを突き付けましょう。

あなたはあなたのすべきことを、相手は相手のすべきことを優先しないと、いつか関係は破綻します。自分の用事や意見より大事にすべきものなどないのです。

もし、それでケンカが増えたり、相手が機嫌を悪くしたりした時には、本当に自分にふさわしい相手なのか、彼氏・彼女の便利ツールの1つになっていないかよく考えてみるべきです。

少し距離を置く

好き過ぎて一緒にいる時は相手の言いなりになってしまう、自分の全てを与えてしまう場合には、少し距離を置いた方が良いでしょう。苦しい期間になるかもしれませんが、一度冷静になってみるべきです。

距離を置くことで相手も反省をしたり、あなたの重要性に気づいたりするかもしれません。

あなたも相手のどこが良かったのか、どのような関係を望んでいたのか1度振り返ってみましょう。

まとめ

惚れた弱みとは、恋愛中の相手への思いが強すぎて、嫌われることや振られることが怖く、何でも相手の言いなりになってしまう様をいいます。少し古い響きのある言葉ですが、思い当たる人もいるでしょう。

彼氏や彼女に惚れた弱みにつけこまれていると、良い関係になるのはなかなかむずかしいものです。

少し距離をおいたり、愛情表現を変えたりして、恋が始まった時の対等な2人に戻れるよう心がけてみてください。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW