冬のスカートコーデで【防寒&スタイルアップ】を叶える!丈別から年代別まで徹底解析

冬は3つの【防寒テク】で冷え対策!

寒くて思わず「重ねる」ことが多くなる冬。 シルエットに響かない3つの防寒テクを取り入れれば、着ぶくれを防止することが可能です。ぜひトライしてみて。

  1. タイツ・靴下・レギンスで足元を防寒
  2. パンツ・腹巻きを重ね着してお腹の冷えを防止
  3. カイロを使ってあたたかく

1.タイツ・靴下・レギンスで足元を防寒

▼タイツはデニール数高めがあたたかい

タイツはデニール数高めがあたたかいのイメージ画像

冬にスカートを着るときに欠かせないのがタイツ。防寒力をアップさせるために、デニール数の高いタイツをチョイスするのが鍵。他のアイテムも黒で統一すれば、シックな印象を強調できます。

2.パンツ・腹巻きを重ね着してお腹の冷えを防止

▼スカートの下に忍ばせて

スカートの下に忍ばせたコーデ画像

お腹の冷えは女性の大敵。スカートの中にスパッツや腹巻きを忍ばせて、温感をアップさせて。ホールド感のあるタイプなら、お腹まわりのすっきり見えも叶う。

3.カイロを使ってあたたかく

▼カイロが入る腹巻き

カイロが入る腹巻きの画像

寒い冬に重宝するカイロ。貼るタイプのカイロを背中にも貼れば、冬の日のスカートでも怖いものなし。

【丈別】コーデ例

ここではスカートの丈別にコーデをご紹介。裾が足首まである一番長いスカートをマキシ丈、裾がふくらはぎまであるものをミモレ丈、膝が隠れる程度のものをミディ丈といいます。丈によって与える印象が違うので、気分に合わせて選んでみて。

ロング(マキシ丈)スカート

▼ミントグリーンのプリーツスカート

ミントグリーンのプリーツスカートのコーデ画像

鮮やかなミントグリーンが目を引くプリーツスカートに、白のニット、ベージュのコートを合わせた装い。靴は黒のブーツを合わせて引き締めて。マキシ丈スカートがエレガントな雰囲気に仕上げます。

▼デニムスカート

デニムスカートのコーデ画像

マキシ丈のデニムスカートはスリットが入って歩きやすいデザイン。ライダースジャケットの上にシャギーのカーディガンを羽織って個性的に仕上げて。オーバーサイズなビッグシルエットが今っぽい。

ミモレ丈スカート

▼ドット柄フレアスカート

ドット柄フレアスカートのコーデ画像

キュートなドット柄スカートの色味に合わせて、モノトーンに仕上げたコーデ。スカート以外はすべて黒でそろえるのが正解。甘めスカートと辛めライダースのバランスがGOOD。

▼ピンクのタイトスカート

ピンクのタイトスカートのコーデ画像

ふくらはぎが見えるミモレ丈スカートは上品見えするのが魅力。タイトスカートからのぞく脚は、チャコールグレーのカラータイツで防寒しつつ品よく見せて。甘めピンクのスカートとライダースの甘辛コーデが大人っぽい。

ミディ(膝丈)スカート

▼白のプリーツスカート

白のプリーツスカートのコーデ画像

膝丈の白のプリーツスカートを使ったモノトーンコーデ。スカート以外は黒でそろえるのが吉。シンプルながらモードな装いに。

▼チャコールグレーのタイトスカート

チャコールグレーのタイトスカートのコーデ画像

トラッド感のあるチャコールグレーのタイトスカートに、白のボアコートを合わせた大人かわいいコーデ。ミディスカートできちんとまとめたコーデを、靴下&シューズでほどよくカジュアルダウンして。

【フレアスカート】で上品に

裾が朝顔の花のように広がった形のフレアスカートは、上品で優雅な印象を与えてくれます。定番の形でトップスを選ばないから、どんな服装にもマッチ。誰もが一枚は持っているフレアスカートのコーデをチェック。

黒スカート

▼形と素材にこだわって動きをつける

形と素材にこだわって動きをつけたコーデ画像

定番の黒スカートは、立体デザインとツヤ感のあるものをチョイスして動きをつけて。ドレッシーなラップフレアは、ロゴTとスニーカーでカジュアルダウン。

白スカート

▼重い素材と軽い素材で「白ON白」にメリハリを

重い素材と軽い素材で「白ON白」にメリハリをつけたコーデ画像

冬の定番、白ニットは、エアリーなレーススカート合わせで強弱をつけて。ロング丈のニットにスカートを組み合わせても、軽快な白のおかげでヤボったくならない。

▼ワンカラーは異素材を重ねて立体的に

ワンカラーは異素材を重ねて立体的にしたコーデ画像

ダウンに小花柄スカート、レザーブーツと異素材を重ねれば、白でも間延びせずメリハリのある印象に。ダークカラーを選びがちな冬こそ、気持ちが明るくなる白を取り入れてみて。

【タイトスカート】が気になる!

体のラインが出るタイトスカートは、縦のIラインで簡単にスタイルアップが叶うアイテム。そんなタイトスカートがこの冬も大人気。カジュアルにもきれいめにも仕上がるから、気分によってコーデを楽しんで。

デニムタイトスカート

▼白スカートがカジュアルにマッチ

白スカートがカジュアルにマッチしたコーデ画像

プリントTにブルゾンを合わせた定番のカジュアルスタイル。白のタイトデニムスカートは、カジュアルにマッチしながらも抜け感を叶えてくれる。

黒タイトスカート

▼大胆スリットをヘルシーに着こなす

大胆スリットをヘルシーに着こなしたコーデ画像

プレーンな黒アイテムは、どんなカラーにもマッチするところが優秀。大胆なフロントスリットも、黒×イエローの配色だからこそヘルシーに仕上がる。

ブラウンチェックのタイトスカート

▼スタイルアップ&こなれ感を叶える

スタイルアップ&こなれ感を叶えたコーデ画像

淡い色同士のふんわりとした組み合わせは、ショート丈ジャケットとタイトスカートでスタイルアップを叶えて。ジャケットに抜き襟テクを活用すれば、こなれ感も出せる。

【年代別】おすすめコーデ

ここからは年代別におすすめコーデをご紹介。20代はミニスカートで元気に、30代は人気のプリーツスカートで旬顔に、40代以上はマキシ丈ロングスカートで大人の余裕を見せるのがおすすめ。

【20代】はミニスカートで大人かわいく

▼インディゴデニムなら大人らしくまとまる

インディゴデニムなら大人らしくまとまるコーデ画像

ミニスカートなら、おのずとすっきりシルエットを作ることが可能。カジュアルに取り入れられるデニムスカートは、濃いめインディゴブルーで大人な印象に。タイツとブーツは黒をチョイスして引き締めたら、ノルディックニットを合わせて顔まわりに華やぎをプラス。

▼台形ミニスカートで脚のラインをすっきりと

台形ミニスカートで脚のラインをすっきりとしたコーデ画像

大人でもトライしやすい、モノトーンのミニスカートコーデ。裾が広がった台形ミニなら、脚の細見え効果が期待できる。レオパードバッグを差し込んで、甘くなりすぎるのを回避。

【30代】は旬なプリーツスカートで

▼ピュアコーデはいつものカジュアルアイテムで親しみやすく

ピュアコーデはいつものカジュアルアイテムで親しみやすくしたコーデ画像

モヘアカーディガンとプリーツスカートのピュアな装いは、カジュアルな白Tをのぞかせて親しみやすい印象に。コンパクトな黒小物を添えて、ほどよく引き締めて。

▼深いグリーンで大人らしく

深いグリーンで大人らしくしたコーデ画像

ロングニットの大胆なスリットから、グリーンのプリーツスカートをのぞかせたレイヤードスタイル。落ち着いた黒×グリーンの配色で個性的に。

【40代以上】はロングスカートで大人の余裕を

▼甘いチュールスカートはグレーで大人見え

甘いチュールスカートはグレーで大人見えしたコーデ画像

ボリュームたっぷりのチュールスカートは、ともすれば悪目立ちしてしまう可能性も。グレーと黒アイテムを組み合わせてシックに導けば、余裕のある大人らしい装いが叶う。

▼強い黒はパープルシフォンで抜け感を

強い黒はパープルシフォンで抜け感を出したコーデ画像

黒をメインにした冬スタイルは、どこかで力の抜けるポイントがほしい。パープルのシフォンスカートなら、大人らしさはそのままに抜け感を叶えてくれる。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW