ファーコートコーデ【21選】
FASHION

ファーコートコーデ【21選】丈・色別に大人スタイルを作る!

2019/11/14

寒い季節になるにつれて目にすることの多いファーコート。着てみたい気持ちもあるけど、派手になりすぎないか、どういうコーデにすればいいのか悩む方も多いはず。ここではショート・ロングの丈別、どの色を買えばいいのか分かりやすいように、人気の色別にコーデをご紹介! これを機にファーコートデビューをしよう!

エコファーとフェイクファーの違いとは?

ファーコートを選ぶ際によく聞くのがエコファーとフェイクファー。何が違うの? と疑問に思う人も多いはず。実はエコファーもフェイクファーも素材は一緒! ではなぜ呼び方がちがうのか? ファーコートを選ぶ前にまずはこの2つの名前の違いを知っておこう!

フェイクファー

フェイクファーは、作られている繊維はエコファーと同じ合成繊維。だけど最近は、フェイクという言葉にネガティブな印象を受けることもあるため、エコファーと呼ぶ人が増えています。

エコファー

エコファーのエコは英語のecologyから来ていて、環境に良いということ。動物の毛皮を使わず、合成繊維を使って自然な毛皮に似せて作っているので、動物にも環境にも優しいファーということになります。

リアルファーとの違い

リアルファーとはその名の通り、本物の動物の毛を使ったもの。保温感に優れているためとても暖かく、肌触りの良さも特徴。しかし近年動物愛護の視点から、代わりに質の良いエコファーを取り入れるようになった。

黒ファーコートコーデ

普通になりがちな黒のコートはファーコートにすることで一段とおしゃれに! ショートとロングで見え方も全く違うので、いろいろなスタイルに挑戦できる一枚。

ショートファーコートコーデ

▼ダメージデニムと相性抜群

ダメージデニムと相性抜群なファーコートのコーデ画像

モノトーンコーデに一味つけたいときは、ファーコートを着ると一気におしゃれ! 全体に重くなりすぎないように、ダメージデニムを選んで。

▼カラーシャツと合わせて

カラーシャツと合わせたコーデ画像

黒とカラーシャツを合わせて、主役をインナーにシフトチェンジするのもアリ。ショートの黒ファーコートは足長効果にもなるので、スニーカーでもコーデしやすいから覚えておくように!

ロングファーコートコーデ

▼裾から見えるビビッドが映える

裾から見えるビビッドが映えたコーデ画像

ロングのファーコートにビビッドカラーの緑のロングスカートを合わせて、カジュアルフェミニンに。ビッグシルエットでもコートの裾から見えるビビッドグリーンで、引き締まって見えるのがポイント。ファーを選ぶとより膨張して見えるから、ビッグシルエット好きにはおすすめ。

ピンクファーコートコーデ

ピンクのファーコートは、合わせやすさも可愛さも暖かさも、全てがそろっている優れもの。ピンクの色味によってスタイルも様々になるので、好きな色に挑戦してみて。

ショートファーコートコーデ

▼プードルファーで可愛く

プードルファーで可愛くしたコーデ画像

スウェットとデニムのシンプルコーデは、ピンクのプードルファーを合わせると、シルエットも色もキュートでシンプル可愛いコーデになる。ピンクも、淡いピンクはコーデしやすいから、ピンク初心者にはもってこい!

▼ピンクとブラックで甘辛コーデ

ピンクとブラックで甘辛コーデの画像

薄いピンクは可愛く見えがちだけど、オールブラックコーデと合わせたら甘辛コーデになって、普段のお出かけにもお呼ばれのときも、行事ごとにも使えて便利なアイテムに。

ロングファーコートコーデ

▼濃いめピンクで上級者に

濃いめピンクで上級者にしたコーデ画像

プリーツスカートにピンクを合わせるときは、濃いめのピンクを合わせると一気におしゃれ上級者に。ロングファーコートをなびかせて街中を歩けば、目立つこと間違いなし!

▼ノーカラーでこなれ感を

ノーカラーでこなれ感を出したコーデ画像

ボリュームがあるピンクのロングファーコートでもノーカラー(襟なし)にすればすっきり見えて、かつこなれ感抜群に! カジュアルスタイルにうってつけの一枚。

▼地球にもやさしく

ピンクベージュのエコファーのコーデ画像

ピンクベージュのエコファーを選ぶことにより、優しい印象に。バッグも靴もベージュ系で揃えて統一感を。地球へのエコはファッションから取り入れてみて。

ベージュファーコートコーデ

一番取り入れやすいベージュのファーコート。みんなと「同じ」ファーコートでも、コーデの仕方で差をつけられるから要チェック!

ショートファーコートコーデ

▼メンズライクに一味

メンズライクに一味加えたコーデ画像

メンズライクな大きめのオーバーオールも、中にフリルを着て上からファーコートを羽織ればレディ感をプラス出来る。全体的にモノトーン風なので、ベージュのファーが強調されていい感じ。

▼ボーダーで今っぽさを

ボーダーで今っぽさを出したコーデ画像

ベージュのプードルファーに、ハイウエストデニム×ボーダーで今っぽさを演出。カジュアルながらも、プードルファーで可愛く見せてくれるので、ちょっとしたお出かけにも使えるコーデ。

ロングファーコートコーデ

▼THE 大人の女性

エコファー素材のチェスターコートのコーデ画像

エコファー素材のチェスターコートはフォーマルにも使えるから、通勤でもお出かけでも両方着こなせて、羽織るだけでもシーズンライクになる優れもの。黒タートルとスカートで合わせて、大人フェミニンコーデの完成。

▼ご近所コーデがゴージャスに

襟の付いた大きめロングファーのコーデ画像

キャップとデニム、スニーカーに、襟の付いた大きめロングファーを合わせたら、ご近所コーデが一気にゴージャスに! キャップとスニーカーをコートと同じベージュに合わせて、ゴージャスの中にも落ち着きを。

▼ファー×ファー

ファー×ファーのコーデ画像

どんなコーデにも似合う薄いベージュのファーコート。デニムとスニーカーと合わせてカジュアルコーデに。プラスで同じファー素材のバッグを合わせるときは同系色で。

ブラウンファーコートコーデ

程よい明るさと落ち着き感を出してくれる茶色のファーコートは、大人女子が一番取り入れたい色。普段のコーデの着回しにも使えるからしっかりチェックしておいて。

ショートファーコートコーデ

▼ガーリーすぎない可愛さに

ショート丈のファーコートのコーデ画像

可愛いの定番、白×スカート×タイツも色を選んでコーディネートすれば大人でも着られるコーデに。茶色のファーコートがより大人っぽく見せてくれる。足を出すときは思い切ってショート丈のコートを選ぶと足長効果になるので◎。

▼アンニュイさを演出

アンニュイさを演出したコーデ画像

上と下を茶色で合わせた中に、暗めの花柄ワンピースを合わせて秋のアンニュイコーデに仕上げる。しっかりした形のファーコートを選び、さらに秋らしく茶色を選択することで、より一層アンニュイさを引き出して。

▼冬のあったかコーデ

冬のあったかコーデ画像

冬の代名詞の白ニットに、ファーコートを合わせた、冬のあったかコーデ。同じ茶色でも暗めの茶色を選べばさらに大人っぽく、シックなコーデに仕上げてくれる。

ロングファーコートコーデ

▼気分は女優

気分は女優なコーデ画像

一枚で主役になるファーコートには、邪魔にならないようにすべてブラックで統一。毛並みも華やかでゴージャスなので、髪の毛もまとめてアップに。サングラスをかければ気分は女優。

▼大きめシルエットで守りたくなる女子感を

大きめシルエットで守りたくなる女子感を出したコーデ画像

ロングにプラスで大きめのファーコートを着れば、守ってあげたくなる感が出てモテ女子風に。大きめを選ぶときは、肩のラインと萌え袖を意識。ファーでさらに可愛さが倍増されてモテ度もアップ!

その他の色のファーコートコーデ

せっかくファーを着るなら定番じゃなくて色物に挑戦したい人も多いはず。ここでは、特に人気のグリーンとブルーのファーコートコーデをご紹介!

グリーンファーコートコーデ

▼初心者には深めのオリーブグリーンがいい

深めのオリーブグリーンのコーデ画像

何色がいいか迷ったときは、まずはオリーブグリーンから挑戦してみるのがベスト! 暗めだけど、光の当たり方でグリーンもちゃんと見えるから、一味違う感を演出できる。メンズライクなコーデとも相性抜群。

▼ショート丈で更に差をつける

ショート丈で更に差をつけたコーデ画像

太めの袖でも、ノーカラーデザインと引き締まった深緑できれいなシルエットに。グリーンのファーコートは高級感を出してくれるから、デニムと合わせてもおしゃれに仕上げてくれる!

ブルーファーコートコーデ

▼主役は私!

ブルーのファーコートのコーデ画像

目立つブルーのファーコートは被る人がそこまでいない、おしゃれ上級者コーデ。でもカジュアルにデニムとも合うから、意外と挑戦しやすい色かも? ブルーを引き立てるためにも、中はシンプルにキメて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW