旅をもっと楽しく! 大人女子のリゾートファッション《入門》ポイントは大胆さのさじ加減
FASHION

旅をもっと楽しく! 大人女子のリゾートファッション《入門》ポイントは大胆さのさじ加減

2020/05/11

待ちに待ったバカンス。キラキラの海に、海沿いの素敵なレストラン、ショッピングなど楽しみなことがいっぱい! 特別なひとときだからこそ、オシャレも気を抜きたくない! 今回は、リゾートファッションの基本から、シーン別のお手本コーデ、持っていくべきアイテムまで、MINEが徹底解説しちゃいます。普段とはちょっぴり違うコーデで、リゾート気分を盛り上げて♪

リゾートファッション《4つの基本》

心も身体も思いっきりリラックスしてリゾートを楽しむためにも、ファッションはとっても重要。たった4つの基本を押さえれば、現地でも快適&オシャレに過ごせること間違いナシ!

  1. 軽やかな素材の服で心身ともにリラックスして
  2. マキシ丈ワンピースは超便利
  3. ハット・ビーサン・サングラスは必需品
  4. ゴールドアクセサリーで華やかに

【1】軽やかな素材の服で心身ともにリラックスして

▼白のシャツワンピースで楽チン&品よく

白のシャツワンピースで楽チン&品よくしたコーデ画像

思いっきりリラックスしたいリゾート地では、ふわっと軽くて締めつけ感もゼロな服が理想的。白のシャツワンピ―スなら、ノンストレスなのに上品さも保てます。つば広のストローハットと合わせれば、まるで映画のワンシーンのようなドラマティックなコーデに。

【2】マキシ丈ワンピースは超便利

▼パープルのティアードワンピースで旅気分を盛り上げて

パープルのティアードワンピースで旅気分を盛り上げたコーデ画像

楽ちんで涼しく、一枚でサマになるマキシ丈ワンピースは、リゾートファッションに欠かせないアイテム。パッと目を引くパープルのティアードワンピースなら着映えも叶うはず。甘くなりすぎないように、小物は黒で引き締めるのがお約束。

【3】ハット・ビーサン・サングラスは必需品

▼リゾート地での三種の神器

リゾート地での三種の神器の画像

必ず持っておきたいのが、ハット、ビーチサンダル、サングラスの3点セット。ハットとサングラスは、リゾート地での強い日差しを防げるものを選んで。ビーチや街歩きで大活躍のビーチサンダルは、指の間が痛くなったりしないよう、自分に合ったものを。現地の方が種類が充実していることが多いので、着いてから買うのも◎。

【4】日焼け肌にも映えるゴールドアクセサリーで華やかに

▼シンプルコーデの味付けに

シンプルコーデの味付けにのイメージ画像

リゾートファッションに合うのはシルバーよりも、キラキラの太陽を思わせるようなゴールドのアクセサリー。日焼け肌にもよく似合い、ラフなリゾートファッションもエレガントに見せてくれます。

【ビーチ・プール】でのファッション

リゾートといえば海プール! 思いっきり楽しむためにも、服選びはとっても重要。機能性や日焼け対策を意識しつつ、オシャレにキメてたくさん写真を撮っちゃいましょう!

脱ぎ着しやすいワンピースorオールインワンがおすすめ

▼水着の上からもサッと着れる

水着の上からもサッと着れるコーデ画像

ビーチでは、水着の上からサッと着れて、着替えも簡単なワンピースやオールインワンが断然おすすめ。サラッとした薄い素材のものなら、水に濡れても乾きやすく、荷物にもならないのでGOOD。ホルターネックのマキシワンピースは、落ち着いたブラウンをチョイスして大人の余裕たっぷりのスタイルに。

▼ちょっぴりスポーティーに

ちょっぴりスポーティーにしたコーデ画像

肩のリボンや胸元のフリルがらしい柄物のオールインワンは、スポーツサンダルで外して甘さにブレーキをかけて。ビーチグッズもたっぷり入るパープルのバッグを差し色に、麦わらハットでリゾート感をプラス。

水着の上からサラッと着れる羽織りものは必須アイテム

▼技ありガウンでビーチでも一目置かれる存在に

技ありガウンでビーチでも一目置かれる存在にしたコーデ画像

日焼け対策はもちろん、水着だけではちょっと恥ずかしい……なんてときにも、水着の上から着られる羽織りものは大活躍。デイリーにも着られるベージュのガウンは、洗練されたリゾートルックにぴったり。全体の色数を抑えることで、大人っぽくまとまります。

▼リネンシャツでラフにキメて

リネンシャツでラフにキメたコーデ画像

大人っぽい黒のワンピース水着には、ベージュのリネンシャツを合わせてこなれ感たっぷりのスタイルに。小物もブラウンでそろえて、コーデに統一感をもたせることでオシャレ指数がグッと上がります。

さわやかさ満点! ホワイトのアイテムで涼しげに

▼薄手のニットで海辺のお散歩も心地よく

薄手のニットで海辺のお散歩も心地よくしたコーデ画像

青い海や草木の鮮やかなグリーンに映えるのは、やっぱり爽やかなホワイト。リラクシー感漂う気負わないオシャレが叶います。海辺でのお散歩で風が少し冷たいときは、透け感のあるニットがおすすめ。シンプルな着こなしから醸し出される余裕がかっこいい。

▼コットンワンピースで心ゆくまでリラックス

コットンワンピースで心ゆくまでリラックスしたコーデ画像

ボリューム袖がかわいらしいコットン素材のワンピースは、とことんリラックスしたい海辺のひとときにぴったりのアイテム。あえてアクセサリーはひかえめにして、つば広のストローハットとビーチサンダルでナチュラルに飾るのが正解。

【街歩き・ショッピング】でのファッション

リゾート地でも、街歩きやショッピングは欠かせないもの。気合いの入ったコーデだと、どうしても観光客感が否めないことも。街歩きやショッピングの際は、できるだけナチュラルな着こなしを意識して。

気負わないスタイルで街に馴染もう

▼ヘルシーな肌見せで大人っぽく

ヘルシーな肌見せで大人っぽくしたコーデ画像

色気たっぷりのサテン地のキャミソールは、ゆるっとしたシルエットのストレートデニムとビーチサンダルでヘルシーに着こなすのが◎。リゾート地だからこそできる大胆な肌見せは、下品にならないようにカジュアルなアイテムと組み合わせてバランスを取るのが大事。

▼シンプルなワンピースは小物で差をつけて

シンプルなワンピースは小物で差をつけたコーデ画像

シンプルなネイビーのノースリーブワンピースは一枚でサラッと着て、余裕たっぷりの着こなしに。つば広のストローハットや、ちょっぴり遊び心のあるロゴ入りのクリアバッグを合わせれば、地味見えも回避。

▼セットアップで簡単オシャレさん

セットアップで簡単オシャレさんのコーデ画像

落ち着いたブラウンのセットアップは、リネン素材なら重たく見えず、リゾートの雰囲気にもぴったりマッチ。小物は黒でてクールにキメて。

大きめバッグがあるとGOOD!

▼やっぱりカゴバッグが好相性

やっぱりカゴバッグが好相性なコーデ画像

旅先でのショッピングは欠かせないもの。海外の場合、お買い物袋が有料なことも多いので、たっぷり入る大きめのバッグつあると便利。大きめのカゴバッグなら、リゾートファッションにもマッチするので◎。

【レストラン】でのファッション

食事は、旅先での大きな楽しみのひとつ。家族や友人とワイワイ食事を楽しむ特別なひとときは、オシャレにもこだわりたいもの。普段よりちょっぴり大胆な着こなしで、旅気分をさらに盛り上げましょう!

羽織りものがあると安心

▼コンパクトなカーディガンを肩がけ

コンパクトなカーディガンを肩がけしたコーデ画像

リゾート地は外が暑い分、レストランなど室内は冷房でガンガン冷えていることが多いので、羽織りものが一枚あると安心かも。ネイビーのカーディガンなら、どんなコーデにも合わせやすいので便利。

ちょっぴり大胆な柄でバカンスムードを盛り上げて

▼リゾートムードたっぷりの柄ワンピース

リゾートムードたっぷりの柄ワンピースのコーデ画像

海沿いのレストランでも映えること間違いナシのオリエンタルな柄のワンピースは、一枚でサラッと着るのが正解。ワンピースの雰囲気に合わせて小物選びも抜かりなく。

▼グリーンなら爽やかな印象に

グリーンなら爽やかな印象なコーデ画像

個性的なエスニック柄ワンピースは、グリーンならとっても爽やか。ワンピースがかわいらしいシルエットな分、サンダルは金のバックルが大人っぽいものをチョイス。アクセサリーはひかえめにしてバランスを調整。

▼派手トップスもリゾートだからトライできる

派手トップスもリゾートだからトライできるコーデ画像

ボリューム袖がかわいらしい花柄トップスは、ワイドデニムと合わせてカジュアルに着こなして。トップスが派手な分、アクセサリーや靴はシンプルにまとめて引き算。リゾート地に来たら、普段は着るのをためらうような大胆な柄アイテムも、思いきってトライしちゃおう!

ディナーはカジュアルすぎず、キメすぎずが◎

▼パンツスタイルで自然な上品さを

パンツスタイルで自然な上品さを出したコーデ画像

ちょっぴりよいお店でのディナーは気合が入りがちだけれど、ビーチリゾートでやりすぎは禁物。ゆったりしたテーパードパンツはトロピカルなイエローで、リゾートっぽさをしっかり取り入れて。ブラウン系の小物で飾れば、上品かつがんばりすぎないディナーコーデに。

▼カラーワンピはシルエットしだいで落ち着いた印象に

カラーワンピはシルエットしだいで落ち着いた印象のコーデ画像

パッと目を引く鮮やかなグリーンのワンピースは、ストンとしたシャープなデザインのものを選べば、大人っぽく落ち着いた印象に。ワンピースの印象が強い分、小物はブラウンでそろえてバランスを取って。

【靴・バッグ】は何を選ベばいい?

かさばるバッグや靴は、あんまりたくさん持っていくと荷物になるので、できるだけ最小限に抑えたいところ。ここでは、リゾート地で大活躍すること間違いナシの靴やバッグをご紹介。リゾートでの過ごし方や旅行スタイルに合わせて、賢くチョイスしましょう。

サンダルで足元から涼しげに

▼ビーチサンダルなら砂浜だってへっちゃら!

ビーチサンダルなら砂浜だってへっちゃらなコーデ画像

毎日でも行きたいビーチでは、やっぱりビーチサンダルが活躍。汚れにくく、砂が入っても水で流しやすいので、砂浜に繰り出すときは必ず履いて行こう。

▼フラットサンダルなら楽チン&オシャレ

フラットサンダルなら楽チン&オシャレなコーデ画像

ビーチサンダルに加えて、お気に入りのフラットサンダルを一足持っておくとGOOD。ちょっとそこまで買い物に出かけるときはもちろん、ちょっぴりオシャレしてディナーに行くときも、フラットサンダルならカジュアルすぎず、気張りすぎないのでちょうどいい!

たくさん歩く日はフラットシューズが◎

▼エスパドリーユなら楽チン&涼しげ

エスパドリーユなら楽チン&涼しげなコーデ画像

街歩きやショッピングでたくさん歩く日は、やっぱり足元をすっぽり覆ってくれるフラットシューズが◎。エスパドリーユなら軽くて快適な上に、リゾート感もたっぷりなのでオススメ。

バッグはサイズと素材選びに注意して

▼小さくても貴重品がしっかり入るサイズをチョイス

小さくても貴重品がしっかり入るサイズをチョイスしたコーデ画像

リゾート地では、気持ちも開放的になって、貴重品管理がおろそかになってしまうことも。小さいバッグはオシャレだけれど、貴重品をしっかり隠せるくらいの大きさをチョイスすると安心。

▼海やプールに行く日はクリアバッグが使える!

海やプールに行く日はクリアバッグが使えるコーデ画像

水に濡れても大丈夫なクリアバッグは海やプールで大活躍。ただし、中身が丸見えになるので、盗難防止のためにもブランド物などの高価なものは入れないようにするのが正解。

《アイテム別》コーデ例

ここではアイテム別のコーデ例をご紹介。定番のワンピースコーデだけでなく、パンツ、スカートでもリゾートファッションを盛り上げて。

パンツコーデ

▼レース&ボタニカル柄でトレンド感満載

レース&ボタニカル柄でトレンド感満載のコーデ画像

胸元のレースが涼しげなベルスリーブブラウスを、大ぶりなボタニカル柄のワイドパンツにタックイン。動きやすさもエレガントさも叶える、よくばりスタイリング。

▼プチハイネックデザインで上品さアップ

プチハイネックデザインで上品さアップしたコーデ画像

小花柄が上品なプチハイネックのノースリーブトップスを7分丈のパンツと合わせて可憐なスタイルに。コルク素材のウエッジソールで大人かわいいリゾートスタイルの完成。

▼しっとり大人の夏コーデ

しっとり大人の夏コーデの画像

カーキとホワイトのシンプルな組み合わせに、カンカン帽やサンダルでしっかり夏らしさをON。黒のサッシュベルトできゅっとウエストマークすれば、すっきり仕上がります。

スカートコーデ

▼揺らめく裾とヘルシーな肌見せで注目の的間違いなし

揺らめく裾とヘルシーな肌見せで注目の的間違いなしのコーデ画像

すとんと落ちるようなデザインのオープンショルダートップスは、片方だけショルダーリボンの色が違うデザイン性の高い一着。ヘルシーな肌見せと軽快に揺れるフレアスカートでショッピングシーンの視線を独り占め。

▼カラフルボーダーとブルーでマリン気分を盛り上げて

カラフルボーダーとブルーでマリン気分を盛り上げたコーデ画像

マルチカラーのボーダーノースリーブに、鮮やかブルーのひざ丈スカートで海辺にピッタリのスタイリングに。サーモンピンクのクラッチバッグで差し色も忘れずに。

▼シンプルなスタイリングには大きめ柄をチョイス

シンプルなスタイリングには大きめ柄をチョイスしたコーデ画像

Tシャツ×マキシ丈スカートのシンプルな組み合わせも、お目立ち柄のスカートをチョイスすれば、たちまちリゾートコーデに。かごバッグやサンダルでリゾート感をさらにプラス。

ワンピースコーデ

▼「ロイヤルブルー」で落ち着いた大人の着こなしに

「ロイヤルブルー」で落ち着いた大人の着こなしにしたコーデ画像

今年のトレンドカラーとして発表された「ロイヤルブルー」のワンピースで、旬を盛り込んだリゾートファッションに。体型を拾わないゆったりしたワンピースなので、リラックスして着られるのも◎。

▼ヌーディーベージュでヘルシーな印象に

ヌーディーベージュでヘルシーな印象のコーデ画像

ストレートラインのシンプルなワンピースを、ウエストベルトでマークしてエレガントに着こなして。こんがり小麦肌にも似合うシンプルなベージュは、ディナーにも着ていけそう。

▼ブラウジングワンピースでスタイルアップ

ブラウジングワンピースでスタイルアップしたコーデ画像

さらっと着られるリラクシーなワンピースは、ストライプ柄とブラウジング仕様でスタイルアップ効果バッチリ。さわやかなブルーがリゾートシーンにピッタリ。

【年代別】コーデポイントをご紹介

【20代】は大胆な柄物セットアップに挑戦すると◎

【20代】は大胆な柄物セットアップに挑戦すると◎なコーデ画像

目の覚めるような赤色に鮮やかなハイビスカス柄がビーチに映えるノースリーブワンピース。リゾート地だからこそ、お目立ち柄も臆さず着られる。

【30代】は上品さも意識してみて

【30代】は上品さも意識したコーデ画像

大人女子のリゾートファッションは「上品さ」が鍵。細かいドットで繊細さを演出。カンカン帽とウエッジソールサンダルで元気さも盛り込んで、遊び心のあるスタイリングに。

【40代】は「遊び」も「落ち着き」も意のままに操って

【40代】は「遊び」も「落ち着き」も意のままに操ったコーデ画像

ボタニカルプリントを施したカシュクールワンピースは、落ち着いたグリーンが総柄をほどよく中和。長袖なので日焼け対策もバッチリ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW