LIFE STYLE

図々しい人に悩んでいるなら。上手く付き合ってストレスをなくそう

2019/12/25

ママ友や友達の図々しいお願いにいつも振り回されている人はいませんか? 今回は図々しい人の行動や心理に迫ります。図々しい人の特徴や断り方などの対処法も解説しているので参考にしてください。図々しい人と思われないためのポイントも要チェックです。

相手によって感じ方が違う

こうしたタイプは相手によってお願いごとの種類やお願いする時の姿勢をうまく使い分けることができるため、受け手側の感じ方が違うのかもしれません。

女性であれば、目線や軽いスキンシップ、大げさと思えるほどの賛辞や感謝の言葉を駆使します。

男性では、年上の女性にのみ頼る、軽い調子でお願いするなど、女性が「しょうがないなあ」といってしまいがちな態度で図々しいお願いができるタイプが多いです。

図々しい人の心理や特徴は?

あからさまな図々しい行動や相手によって方法を変えるお願いの仕方など、図々しい人に驚かされた経験のある人も多いでしょう。

図々しい人の心理とはいったいどのようなものでしょうか。特徴と合わせて解説します。

自己中心な性格

図々しい人は、基本的に自己中心的な性格をしています。他の人の負担や気持ちなど考えることがないため図々しいお願いも罪悪感なくできるのです。

そのため、周りからは図々しいと思える行動も、正当化させます。何か気に入らないことがあった時には被害者のようにふるまうので、周りが面倒臭くなって合わせてあげることが多いでしょう。そのため自己中心的な考え方を改めることができません。

こうした自己中心的なタイプは幼少期から同じようなタイプであったか、反対に何かトラウマがあって自分の思い通りにいかないことにフラストレーションを抱えているタイプです。

損得勘定で動く

図々しい人の行動をつかさどる深層心理にはいつでも損得勘定があります。ある意味寂しい人といえますが、本人は自分が物質的、立場的に得をすることだけを良しとしているため本人には迷いがありません。

人がご馳走してくれるらしいと聞けば強引にでも便乗し、楽しそうなイベントには顔を出さずにはいられません。そこで少しでも気に入らないことがあれば簡単に「損をした」と考えます。

また、人へのお礼やお詫びを述べる場面であっても、損得勘定でやっているので本心ではどんな見返りがあるのかと考えていることでしょう。

自分を客観視できない

図々しい人は自分を客観視できていない場合が多く、人に嫌悪感を示されると被害者のように立ちふるまいます。というよりも、自分の行動が人に迷惑をかけていると自覚できないのでしょう。

自分を中心に世界は回っていて、自分が優先されたり得をしたりするのが当たり前のカリスマ性ある人間だと過信している場合があります。

客観視できないため、図々しい人と思われていることにも気づけません。お灸を据えるつもりで冷たくしても仲が戻ればまた元通りの図々しい態度をとるでしょう。

相手に断らせない

図々しい人は人に断らせないお願いの仕方やNOと言われても気づかないふりが得意です。何度断ってもなぜか自分の意見が通ると信じていて、根負けしてしまうこともあるでしょう。

相手の隙をついて昔売った恩を持ちだしたり、断りにくくなるだろう理由を次々と並べるなど会話術に長けているのが図々しい人の長所といえます。

しかし、自分は平気で断ったりドタキャンしたりできるのも図々しい人の特徴です。

図々しいと思われるママ友達の行動例

ママ友達の図々しいお願いや行動に悩まされる話は、実生活の中はもちろん、テレビやドラマ、インターネットのなかでも見聞きします。

しかし、ママ友達は子育てを共にする戦友のように思っているママは多く、ママ同士の助け合いのおかげで無事子育てができるという人も少なくありません。

ママ友達に、図々しい人と思われれば、距離を置かれて寂しい思いをしたり1人ぼっちで育児をしたりすることにもなりかねません。

また、図々しいママ友に目をつけられれば、頻繁に困ったお願いをされるなんてことにもつながります。

どのような行動をすると図々しいママと思われるのか、そして、どのような行動が多いママ友が本性は図々しい人のなのか具体的な行動例を見ていきましょう。

頻繁に子どもを預ける

「お互い様」と言い合えているうちはよいのですが、頻繁に子どもを預けるママ友には要注意です。

自分ばかり子どもを預けたり、遊ぶのはいつも相手の家だったりするママは図々しい人だと思って間違いありません。子ども同士が特に仲良しではない場合などはかなり危険な関係性といえます。

子どもを盾に断れない雰囲気を出したり、他のママ友達を引き合いに出したりする様子が見えたら早めに関係を断ち切りましょう。

送り迎えをよく頼む

子どもを預かることも荷が重いものですが、複数の子どもをつれての移動は神経を使いますよね。それなのに、平気で送り迎えを何度も頼んでくるママ友は図々しい人と思って間違いありません。

他にも車持ちのママに平気で乗せてもらうママも危険です。好意につけこまれて専用ハイヤー化しないように注意しましょう。

どういった理由があるにしろ、他の子供の送り迎えは骨が折れる行為です。早い段階で断る習慣をつけましょう。

頼りすぎると図々しい人に…

自分も同じようなお願いをママ友にしていると思い当たった人もいるでしょう。 ママ友達の中には本当に心から他人の子どもを預かりたい人、他の子どもに責任が持てる人などいません。

そこには、お互い様である、そして今後自分も困った時に助けてほしい気持ちが隠れていることを忘れないようにしましょう。そうであれば、ママ友に頼りすぎることはできません。

こうしたママ友との関係性は自分だけでなく、子どもも巻き込むので図々しい人と思われないように一方的に頼らないよう慎みましょう。

図々しい人への対処法

次ページ> 図々しい人と思われないためには
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW