FASHION

スポーツサンダルに靴下で絶対ダサ見えしない!コーデ22選

2019/05/22

いまとなっては違和感なしの「スポーツサンダルに靴下」コーデは、ダサ見えしないコツがあるんです。シンプルで機能性の高いスポーツサンダルが人気で多く出回っているいま、「スポーツサンダルに靴下」はファッションコーデとしてポジション高め。素足にサンダルよりも汗を吸って清潔、冷え性大人女子の味方、という快適メリットもたくさん。ダサ見えしないコツが満載の快適コーデ22選をご紹介。

基本コーデ『スポーツサンダルに靴下でダサくならないコツ』

「スポーツサンダルに靴下」がダサ見えしちゃう原因て、子供っぽく見えてしまう場合に多い。大人女子を意識した、色・柄・素材別での靴下の基本コーデを参考にしてみたら、たちまちオシャレ快適コーデに。

白or黒の靴下を合わせる

▼白×黒のメリハリのあるカラーコーデ

白スポーツサンダルは、黒の靴下とのコントラストが映えてコーデにメリハリを生み出す。トレンドのスポーツサンダルは、機能性だけではなくレザー仕様であったりファッション性に富んでいるので、適度な存在感があるサンダルで靴下とのコーデを楽しんでみるのも◎。

▼ブランドロゴ入りワンポイント靴下

クッション性があって高さのあるスポーツサンダルは、デザイン性もさることながら、脚が疲れない&脚長効果の期待性大。白の靴下はスクール靴下を連想させて幼くなってしまうリスクがあるので、可愛い系NGのワンポイント靴下を選んでみて。ブランドロゴのイメージ効果でトレンド感ある大人女子をキープ。

▼薄手シアー素材の靴下で大人ガーリー

大人ガーリー気分をちょっぴり味わいたいときに使える薄手のシアーな靴下は、根強いトレンド人気アイテム。爪先のシアー度が高めの靴下だったら、お気に入りのフットネイルがほんのり浮き出て、美ビジュアルな足元に。

カラー靴下を合わせる

▼ネイビーの靴下で好感度◎

黒、白と続いてネイビーの靴下は、色合わせしやすいカラー靴下。凛として清廉なイメージがあるネイビーの靴下は、黒スポーツサンダルと合わせたときはスポーティな中にも上品さが感じられ、白サンダルと合わせたときはマリンスタイルのニュアンスが出て爽やか。

▼イエローの靴下で差し色コーデ

全体の色味がさみしい感じがしたら、ビタミンカラーのイエローの靴下でコーデに差し色スパイスをひとふり。カラー靴下がさりげなく主役アイテム級に変わり、一気にトータルおしゃれ見えコーデに。

▼レッドの靴下は黒サンダルで引き締めて

薄手のレッドの靴下と黒のスポーツサンダルのコーデは、薄手素材の質感と赤×黒のメリハリのある配色とで子どもっぽさは回避。ビタミンカラーのパワーを借りてホットでアクティブな自分にシフトしたい気分のときに。春先や夏の終わりでも、冷え性大人女子はこれなら安心。

柄物靴下を合わせる

▼プリント柄の靴下で、気分も華やぐ

全身が無地の分量の多いコーデは、素足でスポーツサンダルとのコーデだと、のっぺりとした平坦なイメージのコーデになりがち。鮮やかな色で大胆なプリント柄の『marimekko(マリメッコ)』の靴下で足元に花(華)を咲かせて。

▼ポップ柄の靴下で遊び心を昇華

コーデの主役はプリントTシャツと足元のポップ柄の靴下。お気に入りの柄が入った靴下で遊び心を昇華させて。ポップな柄物靴下を選んだときのボトムスは、大人シルエットのデニムタイトスカートで子供っぽくさせない。

▼網靴下でちょっぴりモード感を

モードに決める大人カジュアルコーデに取り入れたいのは、網靴下。セクシーすぎないようにスポーツサンダルに合わせて見せる網部分の面積は小さく。セクシーとモード感を絶妙に保ちつつもカジュアルによせてくれるので、スポーツサンダルとのコーデはおすすめ。コットンメッシュ素材で、履き心地も快適。

スポーツサンダル×靴下『パンツとのコーデ』は失敗しらず

パンツとスポーツサンダルのコーデは、スポーティースタイルという同じカテゴリーなので文句なしの好相性コーデ。クローゼットのパンツの種類に合わせて、「スポーツサンダルに靴下」コーデをぜひ参考にしてみて。

チノパンツ

ストレッチ素材のチノパンと「スポーツサンダルに靴下」コーデは、大人女子カジュアルそのもの。生成り感のあるエクリュカラーのチノパンとレッドの靴下は好相性カラーコーデなので、こなれ感が溢れてスポーツサンダルでもダサ見えしない。

デニムパンツ

ストレートのデニムパンツはロールアップしてシルエットも綺麗め。アクセントの白ベルトはフロントに垂らすのが着こなしのポイント。縦線を強調してスッキリとした印象にしつつ巧妙なゆるさを演出するのがベルトコーデのトレンド。足元の「スポーツサンダルに靴下」コーデもゆるさに貢献してくれる。

ワイドクロップドパンツ

クロップド丈なので、ワイドパンツでも重たい感じがしない。ハイウエストタイプはトップスをインするとお腹周りもすっきり。首回りスカーフとスポーツサンダルの、上下にあるバランスの良いアクセントのおかげでベストバランスなコーデに。

スウェットパンツ

履き心地が最高クラスのスウェットパンツと「スポーツサンダルに靴下」とのコーデは、ゆるくなりすぎないように小物でしっかりおしゃれ見えにシフトしたい。きちんと感のある白シャツとサマーニット帽子&ウォッチでトレンド感を出せば、ダサ見えしない。

スポーツサンダル×靴下『スカートとのコーデ』で女子力ありのスポーティースタイル

スポーティーにアクティブ全開で過ごしたい日もあれば、ほんのり女子力をコーデに添えたい日もある。スカートと「スポーツサンダルに靴下」コーデで、甘すぎない女子力ありのスポーティースタイルの出来上がり。

チノスカート

マキシ丈のチノスカートで子供っぽさは回避して、大人女子力は健在。ボトムスの分量が多い分、頭は小さくまとめるのが全体のバランスUPにつながる。シンプルすぎるコーデに物足りなさを感じたら、「スポーツサンダルに靴下」コーデと小物使いで女子力ありのスポーティースタイルに導いて。

チュールスカート

ボリューム感あるチュールスカートは女子力が強めなので、そのほかはスポーティーテイストにすることで甘辛バランスを調整できる。フード付きパーカーと「スポーツサンダルに靴下」コーデで極上レディなスポーティースタイルの完成。

チェックスカート

まるでヨーグルトのようなまろやかなカラーのチェックスカートは、爽やかさ満点。ただ可愛いだけにはしたくない大人女子は、「スポーツサンダルに靴下」で違ったテイストを加えてコーデに変化を。黒などの濃いめの色で締めて幼さはオフ。

デニムロングスカート

着回ししやすいデニムスカートは、裾のフリンジカットとスリットがポイント。ありきたりなデニムスカートにはないアクセントでコーデが光る。「スポーツサンダルに靴下」コーデでスポーティー要素をプラスしたことで、スリットのセクシー度はほどよくセーブ。

タイトスカート

幼くならない膝下丈のタイトスカートは、スポーツサンダルとの相性も抜群。こなれ感を出すトップスのフロントインがすっかり定着していますが、このゆるさと「スポーツサンダルに靴下」コーデがマッチング。

次ページ> スポーツサンダル×靴下『簡単おしゃれモノトーントータル』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW