黒に合う色は?【レディースコーデ34選】
FASHION

黒に合う色は【8パターン】でわけるべき!コーデ写真を検証してみた。

2019/10/10

黒に合う色を探るべく【35枚のおしゃれコーデ写真を検証】しました。カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで使える黒アイテム。定番だけれど、コーデの軸だからこそ知っておきたい黒に合う色。おしゃれな見本コーデを参考にしてみて。

【白・グレー】ならモノトーン配色で合わせやすい!

無彩色でお仲間同士の 「白・グレー」は、黒と合わせやすさNo.1なカラー。難しく考えず、この配色でまとめることでスマートなモノトーンコーデが完成!

メリハリのある着こなしなら“白”、なじませコーデなら”グレー”となりたいイメージに合わせて選んでみて。

黒×白

▼白ニット×黒フレアスカート

白ニット×黒フレアスカートのコーデ画像

シャギーニットにレディなフレアスカートを合わせた甘めコーデは、黒×白で全体をまとめるとスパイシーな雰囲気にシフト。モノトーンでまとめることで可愛いから大人っぽいへ変化します。

▼黒ブラウス×白ワイドパンツ

黒ブラウス×白ワイドパンツのコーデ画像

ぺプラムやルーズな袖がモードな黒ブラウスに、白ワイドパンツでヌケ感を加えて軽やかに。ゆるっとしたコーデも、黒×白のコントラストでメリハリがついてバランスアップ! 程よく開いたデコルテが、黒トップスの重さも解消。

▼白ノースリーブカットソー×黒リブワイドパンツ

白ノースリーブカットソー×黒リブワイドパンツのコーデ画像

モノトーン配色は、スニーカーを使ったカジュアルコーデを大人っぽく仕上げてくれる効果もアリ。白ノースリ×黒リブワイドパンツのシンプルな装いもスタイリッシュに決まる! パンツとスニーカーの色を揃えて脚長見えも狙って。

黒×グレー

▼黒スウェット×グレータイトスカート

黒スウェット×グレータイトスカートのコーデ画像

黒×グレーは白ほどコントラストが強くないので、より落ち着いた印象に。その分、アイテムの形でメリハリをつけると◎。オーバーサイズの黒スウェット×グレータイトスカートでゆる×ピタのメリハリを作っておしゃれなバランスに。

▼グレーパーカー×黒レギンス

グレーパーカー×黒レギンスのコーデ画像

こちらは、ロングパーカー×レギンスのゆる×ピタコーデ。グレーの面積を広くすると、モノトーンコーデが軽く仕上がります。カジュアルな着こなしがジェンダーレスに仕上がってとってもクール!

▼グレーチェスターコート×黒ニット×黒スキニー

グレーチェスターコート×黒ニット×黒スキニーのコーデ画像

こちらは、ハンサムなグレーチェスターコートのインナーを黒でまとめたコーデ。インナーを黒で統一することで、縦長ラインができる上に引き締め効果が抜群。トラディショナルなチェック柄で奥行きも◎。

グレーに合う色は「濃淡」がコツ

【黒×黒】なら素材やポイントでこなれた着こなしに

黒×黒のオールブラックコーデは、実は目や髪の色が黒い日本人にとっても似合うカラーコーデ。異なる素材を組み合わせて立体感を意識したり、小物でアクセントカラーを加えるとこなれた着こなしが実現!

黒で統一する

▼黒レザーライダース×黒コットンワンピース

オールブラックコーデは、アイテムの素材感でメリハリをつけるのが成功の秘訣。重厚感のあるレザーライダースと軽い印象のボイルコットンワンピースをMIXして、奥行きを意識して。足元はヌーディーなサンダルでヌケ感を。

▼黒ロングスウェット×レギンス×黒トートバッグ

フラットなロングスウェット×レギンスのミニマルコーデには、立体感たっぷりなトートバッグでアクセントをON。同じ色でも異なる表面感のアイテムを混ぜることでメリハリアップ! ダッドスニーカーで足元をボリューミーに仕上げるのが今どき。

小物で色を加える

▼オールブラックコーデ×赤ミニバッグ

オールブラックコーデに、アクセントカラーの小物を加えるのもおすすめテクニック。赤のミニバッグを添えれば、ほんのり女性らしさが加わってレディな雰囲気。首や足元まで黒で覆ったら、手首見せでヌケ感をつくって。

オールブラックコーデの差し色はこうすべき!

▼オールブラックコーデ×ターコイズブルーハンドバッグ

ジャケット×スキニーパンツのスパイシーな着こなしには、甘くならないターコイズブルーのバッグをプラス。黒は合わせる色を引き立てる効果もあるので、バッグのきれいな色合いが引き立ち、おしゃれ見えは確実。

海外セレブから学ぶ、きれいめオールブラックコーデ

【パープル】なら女性らしく大人見えが叶う

高貴な女性らしさを演出してくれるパープルを黒で引き締めると、上品な大人見えコーデに。薄めパープルは柔らかさが加わってより女性らしく、濃いパープルはカジュアルシーンにも使いやすい色なので、お好みに合わせて使い分けを。

黒×薄めパープル

▼薄めパープルアンサンブル×黒スキニー

ロングカーデのアンサンブルニットを、黒スキニーで引き締めたスタイリング。薄い色を合わせるときは、印象の強い黒の分量を少なくまとめるのがバランスよく仕上げるコツ。ロングカーデなら黒の強さを抑えつつ、Iラインも作れて一石二鳥。

▼黒ニット×薄めパープルチュールスカート

薄めパープルのチュールスカートは、可憐な透け感がロマンティックなアイテム。トップスに黒を投入して顔映えを引き締めれば、甘さ控えめな大人バランスに昇華! あえて足元はスニーカーでカジュアルダウンして旬な着こなしにブラッシュアップを。

黒×濃いめパープル

▼黒タートルニット×濃いめパープルタイトスカート

黒×濃いめパープルの組み合わせは、カジュアルに着こなしやすい色合わせ。シンプルなタートルニット×タイトスカートですっきりまとめたら、スニーカーを合わせて大人カジュアルに。

▼濃いめパープルニット×黒プリーツスカート

トップスに濃いめパープルを持ってくると、エレガントな雰囲気に。プリーツスカートで立体感を添えてクラス感を高めて。スカート・タイツ・ブーツで下半身を黒で繋げると脚長効果も抜群。

正しい紫色の使い方を知る

【グリーン・カーキ】なら程よくかっちり感がでる

知的なグリーン、大人のこなれ感を演出するカーキは、黒合わせだとかっちりとクラス感漂う着こなしに。ちょっと渋めなカラーリングなので、小物やシルエットで遊び心を取り入れるのもGOOD。落ち着いた雰囲気が大人コーデを格上げしてくれる!

黒×グリーン

▼黒ロングカーディガン×グリーンベイカーパンツ

くすみグリーンのカジュアルなベイカーパンツを、黒ロングカーデでキレイめにアレンジしたコーデ。スパイシーなチェーンバッグやサングラスでとことんクールに決めたら、足元はヒールパンプスでほんのり女っぽさを薫らせて。

▼黒ライダース×グリーンフレアスカート

コンパクトなライダースにフレアスカート、スニーカーとさまざまな要素をMIXしたスタイリングは、深みグリーンと黒で引き締めて大人顔に。ダークトーンのお洋服にアイボリーのファーバッグで遊び心をON。

黒×カーキ

▼カーキオフタートルニット×黒プリーツスカート

カーキ×黒の渋め配色は、オフタートルニットで女性らしい柔らかなシルエットをメイク。のっぺりしがちな黒ボトムスも、プリーツスカートなら立体感が生まれて奥行きたっぷりな着こなしに。パイソン柄でトレンド感をプラスすればパーフェクト!

▼黒シャツブラウス×カーキワイドパンツ

シャツブラウス×ワイドパンツのキレイめな組み合わせに、黒×カーキのこなれ配色で大人の余裕を感じさせて。深いVネックのデコルテ見せやナチュラルカラーの小物でヌケ感を加えて、さらにこなれ感たっぷりに。

カーキ色を解剖した結果

【黄色・カラシ】なら落ち着いた印象ながら華やかに

明るくフレッシュなイエロー、少しトーンを抑えたカラシを黒に合わせると、落ち着いた印象に仕上がりつつ、黒の重さを排除して華やかさも実現。春夏はライトなトーンで爽やかに、秋冬は深みのあるイエロー・カラシでこっくり仕上げると季節感に合うコーデが叶う!

黒×イエロー

▼黒カットソー×イエローフレアスカート

タイトなボートネックカットソー×フレアスカートの定番コーデは、黒×レモンイエローで爽やかに。小物も黒でまとめて統一感を意識して。シックな黒で引き締めると、イエローのフレッシュな色合いが引き立って華やか。

▼イエローコート×黒ロングブーツ

主役級のイエローコートは、オールブラックコーデに羽織ると大人っぽさと華やかさの両立が可能。黒ロングブーツで足元にエッジを効かせれば、プレイフルな秋冬コーデの完成!

黒×カラシ

▼黒ノースリープカットソー×カラシ色タイトスカート

ノースリーブ×タイトスカートでIラインに仕上げたキレイめコーデ。黒に鮮やかなカラシを合わせると大人っぽい春夏コーデに。細ベルトやストラップサンダルで、さりげなく全身に黒を散りばめればまとまり感アップ!

▼黒ジャンパースカート×カラシ色ニット

落ち着いたトーンのカラシ×黒の組み合わせは、秋冬コーデにおすすめ。ジャンスカのインナーにカラシ色ニットを入れてアクセントに。黒の面積を広くすると、クラシックな印象にシフトします。

黄色に合う色を知る

【ベージュ・ブラウン】なら柔らかい雰囲気でナチュラルに

優しげなベージュ・ブラウンは、黒をナチュラルに着たい日に合わせたい色。暖色系の柔らかさとウォーム感が加わるので、黒コーデの女性らしさがぐっと上がります。ベーシックカラー同士なので、派手にならず地味見えも回避できる頼れる組み合わせ!

黒×ベージュ

▼黒ハイネックニット×ベージュキャミワンピース

黒ハイネックニットに、リブニット素材のベージュキャミワンピを重ねたレイヤードコーデ。ビット付きのショートブーツやチェーンバッグでハードなエッセンスを加えているのに、ベージュの優しげな色合いで女っぽい仕上がり。

▼ベージュロングシャツ×黒スキニー

こちらは、オールブラックコーデをベージュロングシャツで包み込んだスタイリング。肌なじみの良いベージュを加えることで、オールブラックの辛さを軽減。ルーズに羽緒って今どきなリラックス感を漂わせて。

黒×ブラウン

▼黒ニット×ブラウンフレアスカート

タイトなニット×フレアスカートのフィット&フレアコーデは、黒×ブラウンのまろやか配色でまとめるとクラシックな雰囲気。甘くないけれど女っぽい、そんな大人バランスが叶います。

▼黒ボートネックカットソー×ブラウンワイドパンツ

ボトムスをワイドパンツにチェンジすると、ハンサムな着こなしにシフト。赤みブラウンとコーデュロイ素材でコーデの温感を上げると、秋冬らしい仕上がり。落ち着いたカラーコーデだから、キャッチーなファーバッグでリッチに飾って。

ベージュに合う色を知る

【ピンク・赤】なら甘さ控えめで大人かわいい

フェミニンコーデの代表カラーであるピンク・赤は、シックな黒合わせなら甘さを抑えて大人可愛いコーデが作れる! 沈みがちな黒コーデの血色感をアップしてくれる効果もアリ。肌ツヤをきれいに見せてくれるので、大人女子にとって嬉しい色合わせ。

黒×ピンク

▼黒リブニット×ピンクワイドパンツ

単品で見ると、スウィートな印象のパステルピンクワイドパンツ。黒アイテムを使ってスパイスを加えれば、瞬時に大人可愛いバランスにアップデート! シンプルなワンツーコーデでまとめるのが大人っぽく決めるポイントです。

▼黒ノースリーブ×ピンクトレンチスカート

ビビッドなピンクと黒の組み合わせは、女性らしく華やかな印象に。色でインパクトのあるメリハリを表現できるので、トレンチスカートで奥行きを作ったらトップスはとことんシンプルにまとめて。

黒×赤(ワインレッド)

▼黒フレンチスリーブTシャツ×赤コクーンスカート

黒に赤を合わせるときは、落ち着いたトーンのワインレッドがイチオシ。鮮やか過ぎない色を選ぶことで、黒となじみやすく大人っぽく決まります。フレンチスリーブとコクーンスカートでレディに仕上げて。

▼黒ノースリーブ×赤ワイドパンツ

こちらは、黒ノースリーブ×赤ワイドパンツのシンプルコーデ。ベーシックデザインのワンツーコーデも、黒×赤の程よい華やかさで地味見えしないのが嬉しい! 血色感とウォーム感をアップしてくれるので、パンツコーデが女っぽく仕上がります。

ピンクに合う色を知る

【ブルー】なら組み合わせでハンサムにも女性らしくも

黒×ブルーは、テイストを選ばない万能な組み合わせ。ハンサムにも、レディにも、そしてカジュアルにもはまるカラーリングなので、マスターしておくと毎日コーデに役立つはず。ブルーの爽やかさで黒コーデが軽く仕上がるから好感度もアップ!

黒ブラウス×ブルーワイドパンツ

肩にギャザーを寄せた黒ブラウスは、スカイブルーのワイドパンツでキレイめにスタイリング。ストローハットやクリアバッグでさらに清涼感を加えれば、夏でも黒を爽やかに着こなせる!

ブルーストライプシャツ×黒スキニー

ピリッとハンサムに決まるブルーのストライプシャツは、黒スキニーで引き締めて大人コーデに。足元もドレスシューズでメンズっぽく仕上げたら、抜き衿や手首見せで女っぽさを加えて。

ブルータートルニット×黒レザースカート

パッと目を惹くロイヤルブルーは、レザースカートとスニーカーで大人カジュアルに。メリハリ配色とモードな素材感でスニーカーコーデがクラスアップ! スカートとスニーカーを黒で統一してまとまりも意識。

ブルーファーコート×黒スキニー

こちらは、ロンT×黒スキニーのミニマルコーデに、ブルーのファーコートを羽緒ってリッチにスタイリング。冬のロング丈ファーコートも、くすみブルー×黒の爽やか配色なら、エレガントになり過ぎずデイリーに着れる!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW